全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神を知ることでのみ人は神を愛するようになる

神を知ることは、神の働きの結末において達成される最後の成果である。それは神の人類への最後の要求である。神がこれを行なう理由は、神の最終的な証のためである。神がこの働きを行なうのは、人がついに完全に神に向かうようにである。神を知ることによってのみ、人は神を愛するようになることができ、神を愛するためには人は神を知らなければならない。人がどのように求めようと、何を得ようと求めようと、人は神についての認識を達成できなければならない。こうしてのみ、人は神の心を満足させることができる。神を知ることによってのみ、人は神への真の信仰をもつことができ、そして神を知ることによってのみ、神を真に畏れ神に従うことができる。神を知らない人々は、神への真の服従と畏敬に決して到達することはない。

神を知ることには、神の性質を知り、神の心を理解し、神であるものを理解することが含まれる。しかし、どの側面を知るようになるにせよ、それぞれが人に代価を払うこと、従う意思を要求する。それなしには誰も最後まで従い続けることはできないであろう。神の働きは、人の観念とはあまりにも相容れないものであり、神の性質と神であるものは、人が知るには難解過ぎ、神が言い行うこともすべて、人には理解不可能である。もし人が神に従いたいと思いながらも、神に服従しようとしないならば、人は何も得ることはない。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ:心から神に付き随う者は試練の中で堅く立てる

次へ:神についての真の認識を持つ人を神は獲得する