神を知ることによってのみ人は神を愛するようになる

神を知ることは

神の働きの最後に達成すべき成果

神が人に課す最後の要求

それは最後の証を立て

人が最後に神に立ち返るようにするため

神を知ることでのみ

人は真の信仰を持ち

神を畏れ従える

神を知らぬ者は

神への従順と畏敬にたどり着けない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる


神を知るとは

神の性質と心 神そのものを知ること

人はどの側面を知ろうと代価を払い

従順でなければ最後まで従えない

神の働きと人の観念は相容れず

人は神の言動や神が何かわからない

神について行くことを願いながら

従わない者は何も得られない

神を知ることでのみ神を愛せる

何をどう追求するかに関わらず

人は神についての認識にたどり着くことで

神の心を満足させられる


『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

次へ: 神を知る者だけが神を得ることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索