真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

目次

あとがき

これらの言葉は、神が表出した物事の全てでは無いが、人間が神を知ること、そして性情の変化という目的を果たす上で十分である。中国本土における神の業は既に終わっていると考える者も居るであろうが、それは、神が語るべき言葉を全て語ったこと、そして神は一切新たな言葉を述べる可能性が有り得ないことを証明するものである。なぜなら、これらが神が述べることの出来る全ての言葉だからである。さらに、『言葉が肉体で現れる』には、御国の時代に神が表出した物事の全てが含まれ、それを受け取ることは、神の全てを受け取ることに等しい、あるいは嘗ての聖書と同様に、今後その書が人類を導くであろうと考える者も居る。こうした考えの者は少数派ではないと確信している。なぜなら、人々は常に神に対して制限を加えたがるからである。そうした者は全員、神が全能であり、全てを包含していると主張するが、人間の本性のため、人間は神を特定の範囲に制限しがちになる。人間は、神の知識を増やしてゆくのと同時に、神を拒否し、制限する。

御国の時代における神の業は、始まったばかりである。本書中にある神の言葉の全ては、その時点で神に付き従っていた者を対象としていた。またそうした言葉は現在肉にある神の表出した内容の一部でしか無く、神の全てに相当するものでは無い。さらに、そうした言葉は肉にある神が、今回行う業の全てであるとは言えない。神は、様々な民族や起源の人々を自らの言葉の対象とし、神は全人類を征服し、旧来の時代を完了する。それならば、神が自らの言葉のうち、それほど僅かな部分を表した後に、どうして神は旧来の時代を完了出来ようか。それは単に、神の業は様々な期間と段階に分割されている、ということである。神は神の計画に従って業を行い、神の段階に従って神の言葉を表している。神の全能性と知恵を、どうして人間が想像出来ようか。現在私が説明している事実は、神の総体は永遠に無尽蔵であり、無限である、ということである。神は生命と万物の源である。神は、創造物が想像し得ないものである。最後に、各人に再確認するが、神を、書籍や言葉、従来の言葉に制限してはならない。神の業の性質は、「新しい」という一語に尽きる。神は旧来の道を辿ったり、業を反復するのを好まない。さらに、神は人間が神を一定範囲に制限した上で礼拝することを望まない。それが、神の性情である。