神の性質は憐み、愛、義、威厳

ソドムの町を滅ぼす時に神が用いた火は、神が人類や物を滅ぼす最も迅速な方法である。ソドムの人々を焼き尽くしたことは、人々の身体だけでなく、人々の霊魂全体を滅ぼすものであり、それにより、物質的世界と人間が見ることの出来ない世界の両方において、町の中に居た人々の存在の消滅が確実なものとされた。それは、神が怒りを明示し、表現する方法のひとつである。こうした態様の明示や表現は、神の怒りの本質の一面であり、したがって、当然ながら神の義なる性質の本質の明示でもある。


神が怒りを伝える時、神は憐れみと慈愛の明示を一切停止し、寛容と忍耐を明示することは無くなる。忍耐を継続し、今一度憐れみと寛容を与えるよう神を説得できる人間、物、理由は一切存在しない。そうした神の持っているものに代えて、神は一瞬の迷いもなく、神の怒りと威厳を伝え、神の望むところに従って、神が望む業を迅速かつ円滑に行う。人間が反してはならない神の怒りと威厳は、こうして伝えられ、それは神の義なる性質のある側面を表すものでもある。


神が人間に対する懸念と愛の証を得るとき、人間は神の怒りを感じることも、神の威厳を理解することも、反抗に対する神の不寛容さを感じることも出来ない。それが原因で、常に人間は、神の義なる性質が単に憐れみと寛容さと愛のみであると考えるようになった。しかし、神が町を滅ぼしたり、人類を憎悪したりということを知ると、人間は神が人間を滅ぼす時の怒りと威厳により、神の義なる性質の別の側面を見ることができる。これが、反抗に対する神の不寛容さである。


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 神の義なる性質は真実で鮮明

次へ: 神はあらゆる人に対して義である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

私たちは神に賛美を捧げて歌います

私たちは神の声を聞き 神に立ち返り 子羊の足跡を追う キリストの婚宴で 日々神の言葉を食べて飲み その水と糧で 私たちの霊は新たないのちを得る 聖霊により真理を理解し 私たちは実践の神を知る 神の国の生活は非常に豊か 神自身に導かれ、牧される 私たちは真理を実践し本分を尽くし 心…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索