全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

受肉した神は救いの働きによりふさわしい

今日の受肉した神は、

終わりの日に全人類を裁く神である。

直接裁かれるのは、サタンの霊ではなく

堕落した肉を持つ人間なので、

裁きの働きは霊の世界ではなく

人間の中で行われる。人間の中で行われる。

もし神の霊がこの働きをしていたら、

裁きはそれほど完全にはならないし、

人間が受け入れるのも難しいだろう。

人間は霊を直接見ることができないからだ。

だから、効果はそれほど早くは見られず、

神の侵しがたい性質をより明瞭に見ることは、

より難しいだろう。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神が人間を裁いてこそ

サタンを打ち負かすことができる。

彼は普通の人間性をもっているが、

人間の不義を裁くことができる。

このことは、彼が聖く、人と異なることを示している。

神だけが人間を裁くことができる。

神が真理と義を持っているからだ。

真理と義がない者は、他人を裁くにはふさわしくない。

人間の観念と反抗を裁く上で

神は人間の不従順をあらわにする。

肉における彼の働きの成果は、

霊の働きよりも明らかである。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神は、人の目に見え、人間を征服することができる。

人間は、敵対から従順、迫害から受容、

観念から認識、

拒否から愛へと変わる。

これらが肉となった神の働きの成果である。

人間は彼の裁きを受け入れることによって救われ、

その言葉によって徐々に彼を知り、

彼に敵対しているうちに征服される。

そして人間は、彼の刑罰を受け入れながら、

彼が与えるいのちの糧を得る。

このすべての働きは、肉となった神が行うことであり、

霊としての神の働きではない。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

全人類の裁きを実行するのは、

神の霊ではなく、受肉した神だ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ:その業を為すために神は肉とならなければならない

次へ:受肉した神のみが人類を救うことができる