受肉した神は救いの働きによりふさわしい


今日の受肉した神は、

終わりの日に全人類を裁く神である。


直接裁かれるのは、サタンの霊ではなく

堕落した肉を持つ人間なので、

裁きの働きは霊の世界ではなく

人間の中で行われる。人間の中で行われる。

もし神の霊がこの働きをしていたら、

裁きはそれほど完全にはならないし、

人間が受け入れるのも難しいだろう。

人間は霊を直接見ることができないからだ。


だから、効果はそれほど早くは見られず、

神の侵しがたい性質をより明瞭に見ることは、

より難しいだろう。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。


受肉した神が人間を裁いてこそ

サタンを打ち負かすことができる。

彼は普通の人間性をもっているが、

人間の不義を裁くことができる。

このことは、彼が聖く、人と異なることを示している。

神だけが人間を裁くことができる。

神が真理と義を持っているからだ。

真理と義がない者は、他人を裁くにはふさわしくない。


人間の観念と反抗を裁く上で

神は人間の不従順をあらわにする。

肉における彼の働きの成果は、

霊の働きよりも明らかである。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。

受肉した神は、人の目に見え、人間を征服することができる。

人間は、敵対から従順、迫害から受容、

観念から認識、

拒否から愛へと変わる。

これらが肉となった神の働きの成果である。

人間は彼の裁きを受け入れることによって救われ、

その言葉によって徐々に彼を知り、

彼に敵対しているうちに征服される。


そして人間は、彼の刑罰を受け入れながら、

彼が与えるいのちの糧を得る。

このすべての働きは、肉となった神が行うことであり、

霊としての神の働きではない。

繰り返し

人間の肉の堕落を裁く働きを

行うには、

受肉した神よりも

相応しく資格のある方はいない。


全人類の裁きを実行するのは、

神の霊ではなく、受肉した神だ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 人類には神の二度の受肉が必要だ

次へ: その業を為すために神は肉とならなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

最高の幸福とは神を真に愛すること

私たちはやっと神の御声を聞き、御座の前にあげられました。私たちは御言葉を飲み食いし楽しみ、神の光の中で生きます。真理について交わり、経験を分かち合い、私たちの心は喜びで満たされます。神の言葉を経験し、真理を理解し、私たちの霊は解き放たれ、晴れやかな気持ちになります。神の言葉の裁き…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索