言葉は肉において現れる(続編)朗読

Recital-latest-expression
言葉は肉において現れる(続編)朗読

カテゴリ

Recital-utterances-of-christ-of-the-last-days
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

創造主の権威は、時間、場所、地理の制限を受けず、創造主の権威は計り知れない

創世記22:17~18を検討する。この聖句は、ヤーウェ神がアブラハムに対して述べた言葉で「わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである。」とある。ヤーウェ神はアブラハムを何度も祝福し、子孫が増えるとあるが、どの程度増えるのであろうか。それは、聖句に述べられている通り、「天の星のように、浜べの砂のように」であった。つまり、神はアブラハムに対して、天の星や海辺の砂のように多数の子供達を授けることを望んだ。神はイメージを用いて話し、そのイメージから、アブラハムに対して1人でも2人でも、1000人でもなく、神は多数の国の父となると約束しているので、多数の国ができるほど無数の子孫を授けられることは、容易に理解できる。それでは、その数を定めたのは、人間であろうか、神であろうか。人間がアブラハムの子孫の人数を支配できるであろうか。それは、人間次第だろうか。人間が数名の子孫を得るかどうかですら自分が決めることではないから、ましてや「天の星のように、浜べの砂のようにする」というのは、その人数を人間が決めることではない。子孫が星の数ほどになることを望まない者はいない。残念ながら、物事は常に自分の望み通りになるとは限らない。人間がいかに技能に優れていても、能力があっても、人間次第で決まることではなく、誰も神が定めた範囲から出ることはできない。神があなたに与えた数が、あなたが得る数である。神が少数を与えたのであれば、多数を得ることはできず、神が多数を与えたのであれば、多すぎて憤慨しても無駄である。そうではないだろうか。こうしたことは、すべて人間ではなく、神次第である。人間は神に支配され、そのことに例外は無い。

神が「大いにあなたの子孫をふやして」と述べた場合、それは神がアブラハムと立てた契約であり、「虹の契約」と同様に、それは永遠に実現されるだけでなく、神のアブラハムとの約束でもある。この約束を実現させる資格があり、実現させることが可能なのは、神のみである。人間が信じるかどうか、受け容れるかどうか、どのように考えるかを問わず、これらの約束はすべて神の言葉通りに履行される。神の言葉は、人間の意志や考えの変化によって変わることが無く、人間や物事の変化によっても変わることが無い。万物は消え去るであろうが、神の言葉は永遠に存在する。これに対し、万物が消滅する日は、まさに神の言葉が完全に履行される日である。なぜなら、神は創造主であり、神には創造主の権威と力があり、万物とあらゆる生命力を支配しているからである。神は、無から何かを出現させることも、何かを無とすることも可能であり、神は万物の生から死への推移も支配しているので、神にとって誰かの種を増やすことは何よりも容易なことであった。これは人間にとっておとぎ話のように空想的なことに思えるが、神にとって、神が行うと決定したこと、約束したことは、空想でもおとぎ話でもない。それは、神が既に見た事実であり、確実に実現されるものである。このことが理解できるであろうか。アブラハムの子孫が無数にいたことは事実により証明されているだろうか。またそれは、どの程度多数なのであろうか。神が述べたように「天の星のように、浜べの砂のように」というほどに多数であっただろうか。その子孫は、あらゆる国々と地域、世界のいたるところに広まったであろうか。また、この事実は何によって実現されたであろうか。それは、神の言葉の権威により実現されたであろうか。神の言葉が述べられてから数百年あるいは数千年の間、神の言葉は継続的に実現され続け、事実となり続けてきた。これが神の言葉の力であり、神の権威の証である。最初に神が万物を創造した時、神は「光あれ」と述べ、それに続いて光が現れた。これは極めて迅速に起こった事で、極めて短時間のうちに実現され、その実現には全く遅延が無かった。神の言葉の効力は即時的なものである。これらは両方とも神の権威を示すものだが、神がアブラハムを祝福した時、神は神の権威の別の本質を、人間が理解できるようにし、創造主の権威が計り知れないことを理解させ、さらに神は創造主の権威のうち、一層現実的であり、絶妙な側面を理解させた。

神の言葉が述べられた後、神の権威がこの業を支配し、神の言葉により約束された事実が次第に現実となっていった。その結果、春の到来とともに草が緑色に変わり、花々が咲き、木から芽が出て、鳥たちが歌い始め、ガチョウが舞い戻り、野原に人間が集うように、万物に変化が起こり始める。春の到来とともに万物が活気を取り戻すが、それは創造主の奇跡の業である。神が約束を果たした時、天と地の万物が、神の心に従って復活し、変化し、それに例外はなかった。神が約束を述べた時、万物がその実現に寄与し、その実現のために操作され、全ての被造物が創造主の支配により指揮され、準備されて、それぞれの役割を担い、それぞれの機能を果たした。これは創造主の権威の顕現である。このことから何が分かるであろうか。神の権威は、どのように理解できるだろうか。創造主の権威には、範囲が存在するだろうか。時間的制限はあるだろうか。神の権威には、特定の高さや長さがあると言えるだろうか。神の権威は、特定の大きさや強さがあると言えるだろうか。神の権威は、人間の寸法で計測できるだろうか。神の権威は点滅したりするものでも、行ったり来たりするものでもなく、神の権威がどの程度偉大であるかを計測出来る者はいない。どの程度時間が経過したかを問わず、神がある者を祝福した場合、その祝福は継続し、その継続は神の権威が計り知れないことの証拠となり、創造主の尽きることの無い生命力の再来を、人間が幾度となく目の当たりにすることが可能となる。神の権威の表示は、それぞれ神の言葉の完全な証明であり、言葉は万物と人間に対して証明された。さらに、神の権威により実現された全ての物事が比類無く優れており、完璧であった。神の心、神の言葉、神の権威、そして神が実現したあらゆる業は比類の無い美しい光景であり、被造物にとって、人間の言葉では、その重要性と価値を表現できなかった。神がある者と約束した場合、その者の住む場所、その者の行動、約束を受ける前または後のその者の背景、その者の経歴、あるいは生活環境での変動は全て、神自身の手の甲のように熟知されている。神の言葉が述べられてから経過した時間を問わず、その言葉は、神にとってたった今述べられたかのようである。つまり、神には、神が人間と約束したこと全てについて、その約束が何であるか、完全に実現するまでにどの程度時間を要するかを問わず、その約束を追跡し、支配し、実現する力と権威がある。また、その約束の実現が影響を与える時間、地理、人種などの範囲がどの程度であるかを問わず、その約束は実現され、現実となり、さらにその実現において、神は全く努力を必要としない。この事実により、何が証明されるであろうか。それは、神の権威と力が宇宙全体と人類全体の支配に十分であることである。神は光を造ったが、それは神が光を支配しているだけであることを意味するものではなく、また神は単に水を造ったので、水を管理しているが、それ以外の事は神と無関係であることを示すものではない。これは誤解ではないだろうか。神のアブラハムに対する祝福は、数百年後、次第に人間の記憶から消えていったが、神にとって、その約束は全く変わることが無いままである。この約束は未だに実現過程にあり、それは止まることが無い。人間は、この間に神がどのようにして神の権威を行使するか、万物を指揮し、計画するか、神の創造物の中で奇跡的な物語がいくつあったかを知らず、それを聞いたこともない。しかし、すばらしい神の権威の表示と神の業の明示は、すべて万物の間で語り継がれて讃美され、万物が現れて創造主の奇跡的な業を物語った。こうして何度も語られた創造主による万物の支配に関する物語は、万物により永遠に讃美される。神が万物を支配する権威と神の力は、神があらゆる場所に常に存在していることを、万物に対して示す。神の権威と力が遍在することを経験すると、神はあらゆる場所に常に存在していることを理解するであろう。神の権威と力には、時間、地理、場所、人間や物事による制約が無い。神の権威と力の範囲の広さは、人間の想像を超えるものであり、人間には計り知れず、想像を絶するものであり、人間が完全に知ることが不可能なものである。

一部の人々は推測したがったり想像したがったりするが、人間の想像力は、どの程度まで達することができるだろうか。人間の想像力はこの世界を超越できるだろうか。人間は、神の権威の信ぴょう性と正確さを推測したり想像したりすることができるだろうか。人間の推測や想像により、神の権威の認識を得ることが可能になるだろうか。人間の推測や想像により、人間は神の権威を真に理解してそれに服従することが可能となるだろうか。人間の推測や想像は人間の思考の産物でしかなく、神の権威に関する認識に資することは一切無いことが、事実により証明される。SF小説を読んだ後、月や星がどのようなものかを想像することができる人々がいる。しかしそれは、人間が神の権威について何らかの認識を持っていることを意味するものではない。人間の想像は、単に想像でしかない。こうした事柄、つまり神の権威との関連性に関する事実のうち、人間が理解できる事は、全く無い。それでは、実際に月へ行ったことがある場合は、どうであろうか。それは、神の権威を多次元的に理解していることを示すものであろうか。それは、神の権威と力の範囲を想像できることを示すものであろうか。人間の推測や想像により、神の権威の知識を得ることは不可能であるが、それでは人間はどうすべきであろうか。推測や想像を避けるのが最も賢明である。すなわち、神の権威を知ることに関して、人間は想像や推測に依存してはならない。ここでわたしが言わんとしていることは何か。神の権威や力、神に固有の身分、神の本質に関する認識は、人間の想像に依存して得られるものではない。あなた方は神の権威を知る上で想像に依存できないのであれば、どのようにしたら神の権威に関する真の認識を得られるであろうか。神の言葉を飲食すること、フェローシップ、そして神の言葉を体験して、神の権威に関する漸進的な経験と確認を得ることにより、神の権威に関する漸進的理解を得、累進的な知識量が得られるだろう。神の権威に関する認識を得る近道は存在せず、この方法によるほか無い。想像の回避を要求することは、何もせず受動的に破壊を待つようにさせることや、あらゆる行動を禁止することとは違う。自分の頭脳で考え、想像するのを避けるということは、論理を用いて推測するのを避け、知識を用いて分析するのを避け、科学を根拠とせず、その代わりに、自分が信じる神に権威があること、神が自分の運命を支配していること、神の力により常に神が神自身であることが証明されていることを、神の言葉、真理、自分が人生で経験するあらゆる物事により理解し、確認することを意味する。誰であれ神に関する理解を得ることができる方法は、これしかない。一部の者は、この目的を達成する簡単な方法を見つけ出そうとするが、そのような簡単な方法は思い当たるだろうか。考えるまでも無く、それ以外の方法は存在しない。神が述べたひとつひとつの言葉や行なった業の全てにより、神の中にある物事や神の存在を丁寧に、確実に知ることが、唯一の方法である。神を知る方法は、これしかない。神の中にある物事や神の存在、そして神の全ては空虚ではなく、実在するものである。

万物に対する創造主の支配と統治は、創造主の権威が真に存在することを物語る

同様に、ヨブ記には、ヤーウェのヨブに対する祝福が記録されている。神は、ヨブに何を授けたであろうか。「ヤーウェはヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。」(ヨブ記42:12)人間の観点から見て、ヨブに与えられたこれらの物は、何であっただろうか。人間の財産だろうか。この財産を得たヨブは、その時代では非常に裕福になったであろうか。またヨブは、どのようにしてこの財産を得たであろうか。この富は、どのようにして生み出されただろうか。ヨブがこれらの富を得たのは、神の祝福のおかげであることは言うまでもない。ヨブがこれらの財産についてどう考えていたか、神の恵みをどのようにみなしていたかは、ここでは検討しない。神の祝福に関しては、万人が神に祝福されることを常に切望しているが、人間は、自分の人生を通してどの程度の財産が得られるか、神の祝福を受けることができるかを、意のままにすることはできない。これは異論の無い事実である。神には権威があり、あらゆる財産を人間に授ける力、人間にあらゆる祝福を得ることを許す力があるが、神の祝福には原則がある。神が祝福するのは、どのような人々だろうか。もちろん、それは神が好む人々である。アブラハムとヨブは、ともに神に祝福されたが、両者が授かった祝福は同じではなかった。神は、砂や星の数ほどの子孫でアブラハムを祝福した。神がアブラハムを祝福した時、神はアブラハムという人間の子孫、国民を、強くさせ、繁栄させた。この際、神の権威は、万物とあらゆる生物のなかで、神の息を受けた人間を支配した。神の権威による支配下において、人間は神が定めた速度と範囲において繁殖し、存在した。具体的には、この国民の生存能力、拡大率、平均寿命は、すべて神の計画の一部であり、それらの原則は、すべてアブラハムに対する神の約束に基づいていた。つまり、状況によらず、神の約束は妨害されることなく進行し、神の権威の摂理に基づいて実現されてゆく。神のアブラハムに対する約束では、世界の大変動にかかわらず、時代を問わず、人間が苛まれた大惨事にかかわらず、アブラハムの子孫は消滅する恐れに直面することなく、その国民は死滅することがない。しかし、神のヨブに対する祝福では、ヨブが極めて裕福になった。神がヨブに授けたのは、息のある様々な生物であり、動物の数、繁殖の速度、生存率、その動物の脂肪率など、その詳細は、神によって支配されていた。これらの生物には言葉を話す能力が無かったが、これらの生物もまた創造主の計画の一部であり、神の計画の原則は、神がヨブに約束した祝福に従うものであった。神がアブラハムとヨブに授けた祝福では、約束された物事は異なっていたが、創造主が万物とあらゆる動物を支配する権威は同じであった。神の権威と力のあらゆる詳細が、アブラハムとヨブへの神の様々な約束と祝福で表されており、ここでも神の権威は人間の想像を超えるものであることが示されている。これらの詳細により、人間が神の権威について知ることを望むのであれば、神の言葉と神の業を経験するほか無いことが、ここでも伝えられている。

神が万物を支配する権威により、人間が理解できる事実がある。それは、神の権威は「神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった。神は言われた。『大空あれ。』こうして、大空があった。神は言われた。『地あれ。』こうして、地があった。」という言葉だけでなく、それ以上に、神が光りを継続させ、大空が消えないようにし、地を永遠に海と分け、そして光、大空、そして地という被造物を支配し、管理したことにおいても、具現化されている。それ以外に、神による人間の祝福から何が分かるであろうか。神がアブラハムとヨブを祝福した後、神の足取りが止まらなかったことは明らかである。なぜなら、神は、神の権威を行使し始めたばかりだったからであり、神は、神の言葉と、神の言葉のあらゆる詳細を、すべて現実にすることを意図していたからである。そうしたわけで、神は、神が意図していた全ての事柄を、その後何年間も引き続き行なった。神には権威があるため、おそらく人間には神が言葉を述べるのみであり、あらゆる事を実現する上で、それ以外の行動は不要であると思われるであろう。このように想像することは、いささかばかげている。神が言葉により人間に対して契約を立てたこと、神があらゆる物事を言葉により履行したことについて、一方的な見方しかせず、様々なしるしや、神の権威が万物の存在を支配している事実を理解できないのであれば、神の権威に関する理解は、あまりにも空虚であり、ばかげている。人間が神をそのようなものとして想像する場合、人間の神に関する認識は、危機的状態にあり、行き詰まりに達したと言わなければならない。なぜなら、人間が想像する神は、命令を下す機械でしか無く、権威のある神ではないからである。あなたは、アブラハムとヨブの例から何を理解しただろうか。神の権威と力の真相を理解したであろうか。神は、アブラハムとヨブを祝福した後、その状態に留まることも、使いを働かせて結果がどうなるかを待っていただけでも無かった。それとは正反対に、神が言葉を述べるとすぐに、神の権威の指針に従い、神が意図していた業に万物が応じ、神が必要としていた様々な人や物事が準備された。つまり、神の口から言葉が述べられるとすぐに、神の権威が地の全域で行使され始め、神は、アブラハムとヨブとの約束を実現するために、方向性を定める一方で、神が実行を計画していた物事の手順や主な段階それぞれに必要とされる適切な計画や準備も行なった。この時、神は使いだけでなく、神が創造した万物も操作した。つまり、神の権威が行使された範囲は、使いが含まれていたのみならず、万物が含まれており、神が実現を意図していた業に応じるために万物も操った。これが、神の権威が行使された具体的な様式であった。あなた方の想像では、神の権威について、神には権威と力があるので、神は第三の天や一定の場所に留まり、具体的な作業をする必要は無く、神の業は、すべて神の考えの中で完了された、と認識している者がいるであろう。また、一部の者は、神はアブラハムを祝福したが、神は何もする必要が無く、言葉を述べるだけで十分であった、と信じているであろう。実際の出来事は、そうしたものであっただろうか。明らかにそうではない。神には権威と力があるものの、神の権威は真実であり、本物であり、空虚なものではない。神の権威と力の信ぴょう性と現実性は、神による万物創造や万物の支配、そして神が人間を導き、経営する過程において、次第に明示され、具体化された。神の人間や万物に対する支配のあらゆる方法や観点、詳細、神が実現されたすべての業、そして神の万物に関する理解により、実際に神の権威と力が空虚な言葉では無いことが証明された。神の権威と力は万物に現され、継続的に明示された。こうした顕現と明示は、神の権威の実際の存在を物語るものである。なぜなら、神は常に神の権威と力を用いて神の業を継続し、万物に命令し、万物を支配しており、神の力と権威は、天使や神の使いが代理になれるものではないからである。神は、どのような祝福をアブラハムとヨブに与えるかを決定した。それは、神次第であった。神の使いが自らアブラハムとヨブを訪れたが、彼らの行動は神の命令、神の権威に従い、神の支配に従っていた。人間には、聖書の記録から、神の使いがアブラハムを訪れ、ヤーウェ神自らは何も行っていないように思われるが、実際は、真に力と権威を行使しているのは神自身であり、これについては人間にとって疑念の余地が無い。天使や使い達には大きな力があり、奇跡や、神から命じられた事を行っているのが分かるが、彼らの行動は、神の命令を遂行するためのものに過ぎず、決して神の権威の明示では無い。なぜなら、創造主の持つ、万物を造り、支配する権威を持つ人間や物は存在しないからである。そうしたわけで、創造主の権威を行使できる人間や物は存在しない。

創造主の権威は不変であり侵害不可能である。

これら3つの聖句から分かったことは何であろうか。神が権威を行使する際には原則があることを理解したであろうか。たとえば、神は虹を用いて人間との契約を立てたが、その時、神は雲間に虹を置き、神が洪水で世界を破壊することは二度と無いことを人間に知らせた。現在見られる虹は、神の口で述べた虹と、同じものであろうか。虹の性質や意味は変わったであろうか。当然そのようなことは無い。神は自身の権威によりこの業を行い、神が人間に立てた契約は、現在も継続しており、この契約が改正される時期は、言うまでも無く、神次第である。神が「雲の中に、にじを置く」と述べた後、神は常にその契約を遵守し、今日に至っている。このことから何が分かるであろうか。神には権威と力があるものの、神は自身の業に対して厳格であり、原則を固守し、言葉の通りにしている。神の厳格さと神の業の原則では、創造主が侵害不可能であること、そして創造主の権威が無敵であることが示されている。神には至高の権威があり、万物が神の支配下にあり、神には万物を支配する力があるが、神は、かつて自身の計画を害したことも混乱させたことも無く、神が権威を行使する時は、常に神自身の原則に厳密に従い、神の口で述べた言葉に従い、神の計画の段階と目的に従っている。神により支配されている万物もまた、神が権威を行使するときの原則に従っており、神の権威の定めの例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物が一切存在しないことは、言うまでも無い。神の観点から見ると、祝福された者は、神の権威により多くの財産を受け、のろわれた者は神の権威による罰を受ける。神の権威の支配下においては、神の権威行使の例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物も一切存在しない。創造主の権威は、いかなる要素の変化によっても変更されず、同様に、神の権威が行使される際の原則は、いかなる理由によっても変更されない。天と地に大規模な変動が発生する可能性もあるが、創造主の権威は不変であり、万物が消滅する可能性もあるが、創造主の権威は決して消滅しない。これが創造主の不変であり侵害不可能な権威であり、まさに創造主固有のものである。

言葉は肉において現れる(続編)朗読

0件見つかりました