神の受肉 神の三段階の働き 終わりの日の裁き 神の御名について 恵みの時代と神の国の時代 救いと完全な救い 永遠のいのちの道 神の働きと人の働き 聖書と神 神の声を知る 真の道は常に迫害されてきた 引き上げられることの本当の意味 キリストを知る 神は中国に降臨された 教会と宗教 パリサイ人の見分け方 三位一体の解釈 真理と教義 神の御心に従う 神を知る
  • 福音に関する20種類の真理
    • 神の受肉
    • 神の三段階の働き
    • 終わりの日の裁き
    • 神の御名について
    • 恵みの時代と神の国の時代
    • 救いと完全な救い
    • 永遠のいのちの道
    • 神の働きと人の働き
    • 聖書と神
    • 神の声を知る
    • 真の道は常に迫害されてきた
    • 引き上げられることの本当の意味
    • キリストを知る
    • 神は中国に降臨された
    • 教会と宗教
    • パリサイ人の見分け方
    • 三位一体の解釈
    • 真理と教義
    • 神の御心に従う
    • 神を知る
神の受肉に関する真理

受肉とは何か。受肉の本質は何か。

参考聖書箇所 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」(ヨハネによる福音書 1:1) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。」(ヨハネによる福音書 1:14) …

受肉した神の働きと霊の働きの違いは何か

参考聖書箇所 「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『…しかし、あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからである』。」(出エジプト記 33:18-20) 「ヤーウェはシナイ山の頂に下られた。そしてヤー…

神は終わりの日に裁きの働きをするためになぜ人を使わないのか。なぜ神自らが受肉し裁きの働きを行わなければならないのか

参考聖書箇所 「父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。…」(ヨハネによる福音書 5:22) 「そして子は人の子であるから、子にさばきを行う権威をお与えになった。」(ヨハネによる福音書 5:27) 関連する神の言葉 裁きの働きは神自身の働きであり、そ…

受肉した神と神に使われる人との本質的な違い

参考聖書箇所 「わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。」(マタイによる福音書 3:11) …

堕落した人類が受肉した神の救いをさらに必要とすると言われるのはなぜか

関連する神の言葉 神が人を救うとき、霊の手段を用いたり霊として直接行なわない。というのは、神の霊は人が触れることも見ることもできず、人が近づくこともできないからである。もし神が霊の立場で直接人を救おうとするなら、人は神の救いを受け入れることはできないであろう。そして、もし神が造られた人の外形をまと…

神の二度の受肉が受肉の意義を完全にすると言われるのはなぜか

参考聖書箇所 「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである。」(ヘブル人への手紙 9:28) 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」(ヨハネによる福音書 1:…

キリストが真理、道、そしていのちであることをどのように理解するべきか

参考聖書箇所 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。」(ヨハネによる福音書 1:1-2) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。…めぐみとまこととに満ちていた。」(ヨハネによる福音書 1:14) 「わたしは道であり、真理であり、命であ…

裁きの働きを行なうために受肉した神はいかにして人類の漠然とした神への信仰の時代とサタンの支配する暗い時代を終わらせるのか

参考聖書箇所 「終りの日に次のことが起る。ヤーウェの家の山は、もろもろの山のかしらとして堅く立ち、もろもろの峰よりも高くそびえ、すべて国はこれに流れてき、多くの民は来て言う、『さあ、われわれは主の山に登り、ヤコブの神の家へ行こう。彼はその道をわれわれに教えられる、われわれはその道に歩もう』と。律法…

受肉した神の働きを経験しそれに従うことによってのみ神を知り得るのはなぜか

参考聖書箇所 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。」(ヨハネによる福音書1:14) 「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできな…