全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊が開いた巻物

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある

すべての人々は地上におけるわたしの働きの目的、つまりわたしの働きの最終目標と、この働きが完成するまでに、それにおいてどの程度をわたしが達成しなければならないかを理解しなければならない。もし、今日までわたしとともに歩んできておきながら、わたしの働きが一体何であるのかを理解していないならば、人々はむだにわたしと歩んできたのではないのか。わたしに従う人々は、わたしの心を知っているべきである。わたしは地上において何千年もこのように働いてきたのであり、今日もこのように働いている。わたしの働きには格別に多くの項目が含まれているものの、この働きの目的は変わらないままである。それは、例えば、わたしが人間に対する裁きと刑罰で満ちていても、ひとたび人間が完全にされれば、わたしの行なうことはやはり人間を救うためであり、わたしの福音をよりよく広め、わたしの働きをあらゆる異邦人の国においてさらに展開するためであるのと同じである。だから今日、多くの人が随分前より希望を大いにくじかれている時にあっても、わたしはいまだに働きを続けており、人間を裁き、罰するために行なうべき働きを続けているのである。わたしが言うことに人はうんざりしているにもかかわらず、また人はわたしの働きに関与したいと思っていないにもかかわらず、わたしはいまだに自分の務めを果たしている。なぜなら、わたしの働きの目的は変わらないままであり、わたしの元来の計画は打ち破られることがないからである。わたしの裁きの役目は、人間がわたしによりよく従えるようにすることであり、わたしの刑罰の役目は、人間がさらに効果的に変えられることができるようにすることである。わたしが行なうことはわたしの経営(救い)のためであるものの、わたしはこれまでに人間に有益でないことを行なったことはない。これは、イスラエルの外にわたしが足場をもてるように、イスラエルの外のあらゆる民族をイスラエル人と同様に従順にし、彼らを真の人間にしたいからである。これがわたしの経営である。それはわたしが異邦人の諸国のあいだで成し遂げている働きである。今でさえ、多くの人がわたしの経営をいまだに理解していない。なぜなら、そのようなことに関心がなく、自分自身の将来と終着点だけを気にかけているからである。わたしが何を言おうと、人々はわたしの行なう働きにはいまだに無関心であり、その代わりに将来における自分の終着点だけに関心を集中させている。もし物事がこのように進行すれば、どうしてわたしの働きを拡大させることができるだろうか。どうしてわたしの福音を世界中に広めることができるだろうか。わたしの働きが拡大したとき、わたしはあなたがたを分散させ、ちょうどヤーウェがイスラエルの諸部族の一つひとつを撃ったようにあなたがたを撃つことを、あなたがたは知るべきである。これはすべて、地球のいたるところにわたしの福音を拡げ、異邦人の諸国にわたしの働きを広げるために行なわれる。それにより、わたしの名が大人にも子供にも同様に賛美され、わたしの聖なる名があらゆる国々、民族の人々の口にて褒め称えられるようにするためである。それは、この最後の時代において、わたしの名が異邦人の民族のあいだで賛美され、わたしの業が異邦人たちに見られ、わたしの業ゆえに彼らがわたしを全能者と呼び、わたしの言葉がまもなく実現するためである。わたしはイスラエル人の神であるだけでなく、わたしが呪った民族をも含む異邦人のすべての民族の神であることをわたしはあらゆる人々に知らしめる。わたしはすべての被造物の神であることをあらゆる人々に知らしめる。これがわたしの最も大きな働き、終わりの日のための働きの計画の目的、終わりの日に成就される唯一の働きである。

わたしが何千年にもわたり経営してきた働きは、終わりの日においてのみ人間に完全に明らかにされる。わたしの経営の奥義の全貌を人間に打ち明けたのは今が初めてである。人間はわたしの働きの目的を知っており、さらにわたしの奥義のすべてを理解した。そしてわたしは人間が関心をもつ終着点についてもすべてを人間に告げた。五九〇〇年以上隠されていたわたしの奥義のすべてを、すでに人間のために暴露した。ヤーウェとは誰か。メシアとは誰か。イエスとは誰か。あなたがたはこれらのことをすべて知っているはずである。わたしの働きはこれらの名によって定まる。そのことを理解したのか。わたしの聖なる名はいかに宣言されるべきか。わたしのことをわたしの名のいずれかで呼んできた諸民族のいずれかに、わたしの名はいかに広められるべきか。わたしの働きはすでに拡大の過程にあり、わたしはその成就をあらゆる民族に広める。わたしの働きがあなたがたにおいて行なわれたので、わたしはちょうどヤーウェがイスラエルのダビデの家の羊飼いたちを撃ったように、あなたがたを撃って、あらゆる民族のあいだに分散させる。終わりの日には、わたしはすべての国々を粉々に打ち砕き、人々を新たに分配するからである。わたしが再来するとき、国々はわたしの燃える炎がつくった境界線に沿ってすでに分断されているであろう。そのときわたしは自らを焼け付く太陽として人類に新たに顕し、人間がかつて見たことのない聖なるものの姿にて自らを公けに人間に示し、ちょうどわたし、ヤーウェがかつてユダヤの諸部族のあいだを歩いたように無数の諸民族のあいだを歩く。そこから、わたしは人類をその地上での生活において導く。そこで人々は必ずやわたしの栄光を見、また空中に雲の柱が一本、彼らを生活において導くためにあるのを見る。わたしは聖なる場所に出現するからである。人間はわたしの義なる日を、またわたしの栄えある出現を見る。それはわたしが全地球を統治し、わたしの多くの息子たちを栄光に至らせるときに起こる。地上のいたるところで人々はひれ伏し、わたしの幕屋は人類の真中に、わたしが今日行なっている働きの岩の上に堅固に打ち立てられる。人間はまた神殿でわたしに仕える。祭壇は汚らしくおぞましいもので覆われており、わたしはそれを粉々に打ち砕き、新たに建てる。生まれたばかりの子羊と子牛が聖なる祭壇の上に積み上げられる。わたしは今日の神殿を打ち倒し、新しい神殿を建てる。今日ある神殿は、嫌悪すべき人々で溢れており、それは倒壊する。わたしが建てる新しい神殿は、わたしに忠実なしもべで溢れる。彼らはわたしの神殿の栄光のために、再び立ち上がり、わたしに仕える。あなたがたはわたしが大いなる栄光を受ける日を、またわたしが神殿を倒し新しい神殿を建てる日を確かに見るであろう。また、あなたがたはわたしの幕屋が人間の世界に到来する日を確かに見るであろう。わたしは神殿を壊し、同じくわたしの幕屋を人間の世界にもたらす。それは、わたしの降臨を見るかのようなものである。あらゆる国々を打ち砕いた後、わたしは国々を新たに招集し、それよりわたしの神殿を建て、わたしの祭壇を据え付け、あらゆる者がわたしに犠牲を捧げ、神殿でわたしに仕え、異邦人の諸国におけるわたしの働きに忠実に自らを捧げることができるようにする。彼らは現代におけるイスラエルの民のようになり、祭司の式服と王冠で着飾り、わたし、ヤーウェの栄光が彼らの真中にあり、わたしの威厳が彼らの頭上において彼らとともに留まっている。異邦人の諸国におけるわたしの働きもまた同じ方法で実行される。イスラエルにおけるわたしの働きと同じように、異邦人の諸国におけるわたしの働きは行なわれる。なぜなら、わたしはイスラエルでの働きを発展させ、それを異邦人の諸国に広めるからである。

現在はわたしの霊が大いなることを行い、わたしが異邦人の諸国での働きを開始するときである。さらに、わたしがあらゆる被造物を分類し、一つひとつを種類ごとに仕分けし、わたしの働きがさらに早く効果的に進行するようにするときである。だから、わたしがあなたがたに要求することはやはり、自己の存在のすべてをわたしの働きのために捧げ、さらにわたしがあなたにおいて行なった働きのすべてを明確に認識、確信し、わたしの働きがさらに効果的になるように自己の力のすべてをそれに注ぎ込むことである。これが理解しなければならないことである。あなたがたのあいだで争ったり、後戻りする道を探したり、肉体の快適さを求めるのをやめなさい。これらはわたしの働きを停滞させ、各自のすばらしい将来を台無しにする。これらはあなたを守ることができるどころか、破壊をもたらす。それはあなたにとって愚かなことではないだろうか。今日あなたが貪欲に享受しているものが、まさにあなたの将来を台無しにするものであり、一方、今日あなたが苦しんでいる痛みが、まさにあなたを守っているのである。これらのことをはっきりと知り、抜け出すのに大変苦労することになる誘惑から逃れ、濃霧にはまり込むのを避け、太陽を見つけられるようにしなければならない。濃霧が消えると、あなたは大いなる日の裁きの只中にいる自分を見つける。その時までには、わたしの日は人類に接近している。どうしてわたしの裁きから逃れるのか。どうして太陽の焦げ付けるような熱に耐えられるのか。わたしが人間に富裕を与えるとき、人間はそれを懐で大切にせず、代わりに誰も気が付かない場所に投げ捨てる。わたしの日が人間の上に降りるとき、人間はもはやわたしの富裕を発見することも、随分前にわたしが人間に語った苦い言葉を見つけることもできない。光の明るさを失い、暗闇に陥ったので、人間は泣き叫ぶ。あなたがたが今日見ているのは、わたしの口の鋭利なつるぎに過ぎず、わたしの手にある鞭も、わたしが人間を燃やす炎も見ておらず、そのためにあなたがたはいまだにわたしの面前でも不遜で不節制なのである。そのために、あなたがたはいまだにわたしの家において、わたしが自らの口で語ったことを人間の舌で論駁し、わたしと争うのである。人間はわたしを恐れず、今日までわたしと敵対し続けながらも、それでもまったく恐れていない。あなたがたの口には不義なる者の舌と歯がある。あなたがたの言動はエバを罪へと誘惑した蛇のもののようで、目には目を、歯には歯を互いに要求しあい、わたしの目前で地位、名声、利益を自分のためにもぎ取ろうと奮闘するものの、わたしが密かにあなたがたの言葉や行いを見張っていることを知らない。あなたがたがわたしの面前に来る以前でさえ、わたしはあなたがたの心の奥底を調べていた。人間はいつもわたしの手に捕まることを避け、わたしの目の観察を逃れたいのだが、わたしは人間の言動から離れたことはない。代わりに、わたしはそれらの言動をわざとわたしの目に触れさせ、わたしが人間の不義さを懲らしめ、人間の反抗に審判を下せるようにする。このように[a]、人間の密かな言動はかならずわたしの裁きの座の前にあり、わたしの裁きは人間から離れたことがない。なぜなら人間の反抗は過度だからである。わたしの働きは、わたしの霊の面前で発せられ行なわれる人間のあらゆる言葉と行いを燃やし浄化することである。こうすることで、わたしが地上を去るとき、人々はそれでもわたしへの忠実を維持することができ、わたしの聖なるしもべがわたしの働きにおいてするようにわたしに仕え、それによりわたしの地上での働きはその日が完成するまで続くのである。

脚注

a. 原文に「このように」の語句は含まれていない。

前へ:救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た

次へ:律法の時代における働き

他のお気に入り

  • あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

    あなたがたの生活における行いから判断すると、あなたがたは皆、あなたがたに与え、あなたがたを満たしてくれる言葉の一章を毎日必要としている。というのは、あなたがたには欠けているものが余りにも多く、あなたがたの認識と受け取る能力はあまりにも乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、真理も良い理性もな…

  • 唯一の神自身 1

    神の権威(1) 前回までの話は、神の業、神の性質、そして神自身に関するものであった。前回までの話で、あなた方は神の性質について認識を得た実感があるであろうか。どれ程多くの認識を得たであろうか。数で表すことが出来るであろうか。前回までの話により、神に関する一層深い認識が与えられたであろうか。そうした認…

  • 神の働きと人間の実践

    人間の間で為される神の働きは、人間から切り離すことができない。なぜなら、人間はこの働きの対象であり、神によって造られたもののうち、神を証しすることができる唯一の創造物だからである。人間の生活と人間のあらゆる活動は、神から切り離すことができず、すべて神の手によって支配されており、神から独立して存在でき…

  • 神の国の時代は言葉の時代である

    神の国の時代に神は言葉を使い、新たな時代の到来を知らせ、神の働きの方法を変え、その時代全体の働きを行なう。これが言葉の時代において神が働く原則である。神は異なる視点から語るために肉となり、肉に現れる言葉である神、神の知恵と驚くべき素晴らしさを人間が本当に見ることができるようにした。このような働きは、…