真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

5.しばしば「徳は恩恵を得、悪は報いを得る」と言われるが、ではなぜ神はすべての悪人を排除しないのか。

現在、そうした者の行動を問わず、そうした者は、神の経営を阻害せず、神の新たな業と無関係である限り、相応の罰の対象とはならない。なぜなら、怒りの日はまだ到来していないからである。神が既に取り扱われているべきであると人々が考えている物事は多数あり、人々はそのような邪悪を行う者は、出来るだけ早く罰を受けるべきであると考えている。しかし、神の経営の業は未完了であるため、また怒りの日がまだ到来していないため、不義な者は不義な行動を行い続ける。……現在は、人間の罰の時では無く、征服の業を行う時であるが、神の経営を阻害する者が居る時はこの限りでなく、その場合、そうした人々は、行動の深刻度により罰を受けるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の業と人間の実践」より

ひとたび、善と悪によって分離されたら、人々は直ちに罰されるあるいは報奨を与えられるのではない。むしろ神は、終わりの日における彼の征服の仕事を遂行した後、はじめて悪を行う者を罰し、善を行う者を賞する仕事を行う。実は、神が人類に対して働きをはじめた時からずっと、彼は人類を分けるために善と悪を用いている。彼は単に、彼の仕事を終える時に義なる人を賞し、不道徳者を罰するのであり、彼が最後に仕事を終える時に悪者と義人を分けて、それからすぐ悪を罰し、善を賞する仕事に着手するのではない。悪を罰し、善を賞するという彼の最後の仕事は、ひたすら全人類を完全に浄化するために行われる。そうすることによって、完全に清くなった人類を永遠の安息の中に導き入れることができる。彼のこの段階の仕事は彼の最も重要な仕事であり、彼の管理の仕事全体の最後の段階である。もし神が不道徳者たちを全部滅ぼさないで、彼らを残しておけば、全人類はやはり安息の中に入ることができず、神も全人類をよりよい領域中に導き入れることができない。このような仕事では完全に終わりにすることはできない。彼が彼の仕事を終える時、全人類は完全に神聖である。このようになってはじめて、神は安らかに安息の中で生活することができる。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ:仏教徒と道教徒には世俗的な事柄から離れ苦行を行うという宗教実践があるが、これで救いを得られるのか。

次へ:神を信じず、その代わりに高潔にふるまい善行を行い、邪悪な行為をしなければ救いを得られるのか。

他のお気に入り