全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊が開いた巻物

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神を知る者だけが神に証しを立てることができる

神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして、今日、つまり受肉した神がその働きを自ら行なっている時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは、神の心についての理解という基盤の上に築くことにより達成されるものである。そして、神の心を理解するためには、神についての何らかの認識をもつことが必要である。この神に関する認識とは、神を信じる者がもつべきビジョンである。それは人間の神への信仰の基礎である。この認識の不在においては、人間の神への信仰は曖昧な状態に、空っぽの理論の只中に存在するであろう。神に従うことが、たとえこのような人々の決心であっても、彼らは何も獲得しない。この流れのにおいて何も得ることのない人々は皆、排除される者である。彼らは皆、たかり屋である。神の働きのどの歩みを経験するのであろうと、強力なビジョンを携えていなくてはならない。さもなければ、新しい働きのそれぞれの歩みを受け入れることは困難となるであろう。神の新しい働きは人間の想像力を超えて存在し、人間の観念の範囲外にあるからである。だから、人間の世話をする羊飼いなしには、ビジョンについての話し合いに関わる羊飼いなしには、人はこの新しい働きを受け入れることはできない。もし人がビジョンを受けることができなければ、神の新しい働きを受けることはできず、また人が神の新しい働きに従うことができなければ、神の心を理解することはできず、そうなれば、人の神についての認識は結果的に無となるであろう。神の言葉を実行する前に、人は神の言葉を知らなければならない。つまり神の心を理解しなければならない。こうしてのみ、神の言葉は正確に、神の心にかなって実行されることができる。これは真理を求める者が皆、所有するべきものであり、それはまた神を知ろうとする者が皆、経なければならない過程でもある。神の言葉を知るようになる過程は、神を知るようになる過程であり、神の働きを知るようになる過程でもある。だから、ビジョンを知ることは、受肉した神の人間性を知るだけではなく、神の言葉と働きを知ることも含んでいる。神の言葉から人々は神の心を理解するようになり、神の働きから人々は神の性質を知り、神であるものを知るようになる。神への信仰とは神を知ることへの第一歩である。この初期の神への信仰から最深の信仰へと前進する過程は、神を知るようになる過程であり、神の働きを経験する過程である。もし神を信じるためだけに神を信じ、神を知るようになるためでないのであれば、あなたの信仰には現実性がなく、その信仰が純粋であることはあり得ない。このことに疑いはない。もし神の働きを経験する過程において、人が徐々に神を知るようになると、人の性質は次第に変化し、その信仰はますます真実なものになる。このようにして、神への信仰において成功するとき、人は完全に神を得ている。神が自らその働きを行なうために、これほどの大変な苦労をして再び肉となった理由は、人間が神を知ることができ、神を見ることができるようになるためであった。神を知ること[a]は、神の働きの結末において達成される最後の成果である。それは神の人類への最後の要求である。神がこれを行なう理由は、神の最終的な証のためである。神がこの働きを行なうのは、人がついに完全に神に向かうようにである。神を知ることによってのみ、人は神を愛するようになることができ、神を愛するためには人は神を知らなければならない。人がどのように求めようと、何を得ようと求めようと、人は神についての認識を達成できなければならない。こうしてのみ、人は神の心を満足させることができる。神を知ることによってのみ、人は神への真の信仰をもつことができ、そして神を知ることによってのみ、神を真に畏れ神に従うことができる。神を知らない人々は、神への真の服従と畏敬に決して到達することはない。神を知ることには、神の性質を知り、神の心を理解し、神であるものを理解することが含まれる。しかし、どの側面を知るようになるにせよ、それぞれが人に代価を払うこと、従う意思を要求する。それなしには誰も最後まで従い続けることはできないであろう。神の働きは、人の観念とはあまりにも相容れないものであり、神の性質と神であるものは、人が知るには難解過ぎ、神が言い行うこともすべて、人には理解不可能である。もし人が神に従いたいと思いながらも、神に服従しようとしないならば、人は何も得ることはない。天地創造から今日に至るまで、神は人には理解不可能で、受け入れ難いたくさんの働きを行い、人の観念がおさまりにくくなるほど多くを語ってきた。しかし、人が多すぎる困難をかかえているからといって、神はその働きを中断したことはない。それどころか、神は働き語り続け、多数の「戦士たち」が道端に倒れてしまっても、神は働きをまだ行っており、神の新しい働きに服従する覚悟のある人々の集団を次から次へと中断せずに選び続けている。神は倒れた「英雄たち」への憐れみはもたず、その代わりに神の新しい働きと言葉を受け入れる人々を大切にしている。しかし神は何の目的に向かってこのように段階的に働くのだろうか。なぜ神は常に何人かを排除しては別の何人かを選別しているのだろうか。神が常にこのような方法を用いるのはなぜだろうか。神の働きの目的は、人が神を知り、それゆえ神に得られることができるようにすることである。神の働きの原則は、神が現在行なう働きに従うことのできる人々に対して働くことであり、神が今日行なう働きに反対しつつ過去に行なった働きに従う人々に対して働くことではない。ここに神が多数の人々を排除してきた理由がある。

神を知るようになる課業の成果は、一日や二日で達成できるものではない。人は経験を重ね、苦しみを経て、そして真の服従を達成しなければならない。まず、神の働きと神の言葉から始めなさい。神についての認識には何が含まれており、その認識にいかに到達するのか、そして自分の経験の中にいかに神を見るべきかを理解することが必須である。これは神を知ろうとする人が皆しなければならないことである。誰も神の働きと言葉を一挙に把握できないし、誰も短期間に神の全体についての認識を得ることはできない。経験という必要な過程があり、それなしには誰も神を知ることも、神に真摯に従うこともできない。神が働きをすればするほど、人は神についてさらに知ることになる。神の働きが人の観念と異なれば異なるほど、人の神についての認識はさらに新しく、深くなる。もし神の働きが永遠に固定され不変であれば、人の神についての認識はあまりないことであろう。天地創造から現在まで、神が律法の時代に行ったこと、恵みの時代に行ったこと、神の国の時代に行うことについて、あなたがたはこれらのビジョンについてこの上なくはっきりしていなくてはならない。あなたがたは神の働きを知っていなくてはならない。ペテロはイエスに従った後ではじめて、霊がイエスの中で行なった働きの多くについて徐々に知るようになった。ペテロは「完全な認識に到達するには、人間の経験に頼ることは不十分である。わたしたちが神を知るようにしてくれる神の働きから来る多くの新しいものがなくてはならない」と言った。当初、ペテロはイエスのことを使徒のように神から遣わされた人だと思い、イエスをキリストとして見なかった。ペテロがイエスに従い始めたとき、イエスはペテロに「ヨナの息子シモンよ。わたしについて来るか」と尋ねた。ペテロは「私は天の父から遣わされたお方に従わなくてはなりません。私は聖霊によって選ばれたお方を認めなければなりません。私はあなたに従います」と言った。ペテロの言葉から、ペテロがイエスに関して何も知らなかったことが分かる。ペテロは神の言葉を経験し、自らを取り扱い、神のために苦労をしたが、それでもペテロは神の働きについて何も知らなかった。一時期の経験の後、ペテロはイエスに神の業の多くを見、神の美しさを見、神であるものの多くをイエスに見た。ペテロはまたイエスの話した言葉は人には話せるはずのないものであると知り、イエスが行なった働きは人には行えるはずのないものであると知った。さらに、イエスの言葉と働きの中に、ペテロは神の知恵と、神性の働きの多くを見た。これら経験のあいだ、ペテロはただ自らを知るようになっただけでなく、イエスの行動のすべてに注目し、そこに多くの新しいことを発見した。すなわち、イエスを通して神が行った働きの中に実際の神の多くの表現があるということ、イエスは話した言葉や取った行動において、また教会を牧した方法や実行した働きにおいて、普通の人とは異るということである。それでペテロは学ぶべき多くの課業をイエスから学び、まさにイエスが十字架に釘打たれそうになる時には、イエスについてのある程度の認識を獲得していた。この認識はペテロのイエスへの生涯を通しての忠実と、主のための逆十字架刑の基盤となった。当初ペテロはいくつかの観念にとりつかれ、イエスについての明確な認識はなかったものの、これは堕落した人間の一部として避けられないことである。イエスは今にも去らんという時、十字架にかけられることが自分が行なうために来た働きであり、時代にイエスが見捨てられなくてはならず、この不純で古い時代はイエスを十字架に釘付けにせねばならず、イエスは贖いの働きを完するために来たのであり、その働きを終えたので自分の職分は終わりにある、とペテロに告げた。これを聞くとペテロは悲しみに襲われ、ますますイエスに傾倒するようになった。イエスが十字架に釘付けにされたとき、ペテロは密かにひどく泣いた。この前に、ペテロはイエスに、「主よ。あなたは、ご自分が十字架に付けられるとおっしゃいます。あなたが去られた後、私たちはいつあなたに再びお会いできますか」と尋ねていた。ペテロが語った言葉には不純な要素がなかったであろうか。それらには観念が混ざっていなかったであろうか。心の中では、ペテロはイエスが神の働きの一部を完成させるために来たのであり、イエスが去った後は霊が自分と共にあるであろうこと、たとえイエスが十字架に付けられ天に昇ったとしても、神の霊が自分と共にあるであろうことを知っていた。当時、ペテロにはイエスについてのある程度の認識があった。すなわち、ペテロはイエスが神の霊により遣わされたこと、神の霊がイエスの中にあること、イエスは神そのものであること、イエスはキリストであることを知っていた。しかし、ペテロのイエスへの愛ゆえに、人間としての弱さゆえに、ペテロはこのような言葉を語ったのである。もし、神の働きの歩みの一つひとつにおいて、人が観察し労を惜しまず経験することができるならば、神の美しさを発見することが徐々にできるようになる。ではパウロは何を自分のビジョンとしたであろうか。イエスがパウロに現れたとき、パウロは「主よ、あなたはどなたですか」と言った。イエスは「わたしは、あなたが迫害しているイエスである」と答えた。これがパウロのビジョンであった。ペテロはイエスの復活、四十日間にわたり現れたこと、イエスの生涯にわたる教えを、その旅路の終わりまで自分のビジョンとした。

人は神の働きを経験し、自らを知るようになり、自分の堕落した性質を取り除き、いのちにおける成長を求める。これらはすべて神を知るためである。もし自らを知り、自らの堕落した性質を取り扱うことだけを求めるが、神が人に行なう働きが何であるか、神の救いがいかに偉大であるか、あるいはいかに神の働きを経験し、神の業を目撃するのかを一切知らないのであれば、この経験は実体のないものである。真理を実践でき忍耐できるのだから、いのちが成熟したと考えるのであれば、これはいのちの真の意味、あるいは神が人に対して働くことの目的をまだ把握していないということである。ある日、あなたが宗教的な教会で悔い改めの教会やいのちの教会のメンバーと一緒にいると、多くの敬虔な人々に出会うことであろう。彼らの祈りには「ビジョン」が含まれており、彼らはいのちを求める過程において感動し言葉によって導かれているように感じる。さらに、彼らは多くのことにおいて忍耐し、自分を捨て、肉に操られないでいることができる。その時、あなたには違いが分からないであろう。あなたは彼らがすることはすべて正しく、それがいのちの自然な表出であり、彼らが信じるものの名前が間違っているのはなんと残念なことだと思うであろう。このような見方は愚かではないであろうか。なぜ多くの人にはいのちがないと言われるのであろうか。それは彼らが神を知らず、従って彼らの心には神はなく、いのちがないと言われるのである。もしあなたの神への信仰がある点に到達し、神の業、神の現実性、神の働きの各段階を周到に知ることができるようになれば、あなたは真理を備えているのである。もしあなたが神の働きと性質を知らなければ、あなたの経験にはいまだに不適切な何かがある。イエスがその働きの段階をいかに行ったのか、この段階がいかに実行されているのか、神が恵みの時代にその働きをいかに行い、何の働きがなされたのか、この段階では何がなされているのか、これらのことについて周到な認識がないのであれば、あなたは決して確信することはなく、いつも不安定に感じるであろう。もし、ある期間の経験の後、神による働きと神の働きの各段階を知ることができ、そして神がその言葉を語る目的を、またなぜ神の語った言葉のこれほど多くが成就していないのかについて完全な認識を得たならば、あなたは心配や鍛錬から自由になり、大胆に、またためらうことなく目の前の道を進むことができる。あなたがたは、神がどのような手段によりそれほど多くの働きを達成するのかを知るべきである。神は自身が語る言葉を用い、多くのさまざまな言葉を手段として、人を鍛錬し人の観念を変革する。あなたがたが耐えてきた苦難のすべて、経験してきた鍛錬のすべて、内面において受け入れてきた取り扱い、経験してきた啓発、それらはすべて神が語った言葉という手段により達成されてきた。人は何ゆえに神に従うのであろうか。それは神の言葉ゆえである。神の言葉は非常に神秘的であり、さらに人の心を動かし、人の心の奥深くに潜んでいることがらを明らかにし、過去に起きたことを人に知らしめ、人に未来を洞察させることができる。だから人は神の言葉ゆえに苦難に耐え、また神の言葉ゆえに完全にされる。このときに初めて人は神に従うのである。この段階において人がすべきことは、神の言葉を受け入れることであり、人が完全にされているか否か、あるいは鍛錬を受けているか否かに関わらず、神の言葉が鍵である。これが神の働きであり、人が今日知るべきビジョンである。

いかにして神は人を完全にするのか。神の性質とは何であろうか。そして神の性質の内部には何が含まれているのか。これら全てのことを明確に述べることは、神の名を広めることであり、神を証することであり、また神を高めることである。神を知るという基盤の上に、人は最終的にいのちの性質において変革される。人は取り扱いと鍛錬を受ければ受けるほど、活気を得、神の働きの歩みが多ければ多いほど、人はますます完全にされる。今日、人の経験において、神の働きの歩みの一つひとつが人の観念に反撃し、すべての歩みは、人の知性を超越し、人の予想の枠外にある。神は人が必要とするすべてを与えるが、それはあらゆる点で人の観念と食い違う。神はあなたの弱い時に言葉を発する。こうすることによってのみ、神はあなたにいのちを与える。神はあなたの観念に反撃すること、神による取り扱いをあなたに受け入れさせ、こうすることによってのみ、あなたは自己の堕落を排除することができる。受肉した神は今日、ある面においては神性の状態において働くが、別の面では普通の人間性の状態において働く。あなたがいかなる神の働きも否定することができなくなるとき、神が正常な人間性の状態において何を言おうと何をしようと、それに服従することができるようになるとき、神がどのような正常性を表明しようと服従し理解できるようになるとき、実際の経験を得たとき、そのとき初めてあなたはその方が神であると確信でき、そのとき初めて観念を作り出すことを止め、そのとき初めて最後まで神に従うことができるようになるのである。神の働きには知恵があり、神は人間がいかに神の証人として確固としていられるかを知っている。また人の急所がどこにあるかを知っており、神が語る言葉はあなたの急所を攻撃することができるが、神はまたその威厳と知恵に満ちた言葉を用いてあなたを神の証人として確固と立たせる。これは神の奇跡的な業である。神が行なう働きは人の知性には想像不可能である。肉である人間がいかなる種類の堕落にとりつかれているか、そして何が人間の本質を形成しているか、これらのことはすべて神の裁きを通して明らかにされ、それにより人間には自分の恥から隠れる場所はどこにも残されなくなる。

神は裁きと刑罰の働きを行うが、それは人が神についての認識を得られるようにであり、また神の証しのためである。人の堕落した性質を神が裁くことなしには、犯すことを許さない神の義なる性質を人は知ることはできず、神についての古い認識を新しいものに変えることもできない。神の証しのため、そして神の経営(救い)のため、神はそのすべてを公けにし、そうすることで、神の公的な出現を通して、人は神についての認識に到達することができ、その性質において変えられ、神のはっきりとした証しを立てられるようになる。人の性質の変化は、さまざまな種類の神の働きを通して成し遂げられる。このような性質の変化なしには、人は神の証しを立てることはできず、神の心にかなうこともできない。人の性質の変化とは、人がサタンの束縛と闇の影響から解放され、真に神の働きの見本であり標本、神の証人、神の心にかなう者になったことを意味する。今日、受肉した神がその働きを地上で行なうために来たが、神は人が神を認識し、神に服従し、神の証しとなること、すなわち、神の実際的で正常な働きを知り、人の観念とは合致しない神の言葉と働きのすべてに従い、神が人間を救うために行なうあらゆる働きと、また神が人間を征服するために成し遂げるあらゆる業の証しをたてること、を要求している。神を証す人々は神の認識をもたなければならない。この種の証しのみが正確であり現実的であり、この種の証しだけがサタンを恥じ入りらせることができる。神の裁きと刑罰、取り扱いと刈り込みを経験することで神を知るようになった人々を、神はその証人として用いる。神はサタンにより堕落させられた人々をその証人として用い、また性質が変わり、それにより神の祝福を得た人々をその証人として用いる。神は口先で賞賛するための人を必要とせず、神に救われていないサタンの種類の称賛や証しも必要としない。神を知る人々だけが神の証しを立てる資格があり、性質において変革させられた人々だけが神への証しとなる資格がある。神は人が意図的に神の名に恥をもたらすことを許さない。

脚注

a.原文は「神を知る働き」である。

前へ:「千年神の国は訪れた」についての短い話

次へ:ペテロはどのようにしてイエスを知るようになったか

他のお気に入り

  • 贖いの時代における働きの内幕

    六千年にわたるわたしの経営(救いの)計画全体は、三つの段階、あるいは時代から成る。まず律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして最後に神の国の時代である。これら三つの時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階で人の必要性に対応している、というよりむしろ、わ…

  • ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

    ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあなたの義なるご性質を…

  • 三位一体は存在するのか

    イエスの受肉という真実が明るみに出た後、人は、天の父がいるだけではなく、子とさらには霊がいるということを信じた。これが、天には父と子と聖霊のすべてを一つにした三位一体の神がいるという、人の抱いている従来の観念である。すべての人間が次のような観念を持っている。神は一人だが、三つの部分からなっている。従…

  • 終着点のために、善行を十分積まなければならない

    わたしはあなたがたの間で多くの仕事を成し遂げ、もちろん、何度も言葉を発して来た。しかし、わたしの言葉やわたしの働きは、終わりの日のわたしの働きの目的を完全に達成していないと感じる。終わりの日には、わたしの働きは特定の人や人々のためではなく、わたしの本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から…