全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

キリストの裁きを経験する証し

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神の言葉はすべて、人に対する裁きである

かつて私は、神様が人を裁いて罰せられるのは、人間固有の堕落を明らかにするとき、または人間の結末を決める厳格な御言葉を伝えるときだけだと考えていました。それからずっと経ち、ある出来事があって初めて、神様の優しい御言葉さえも裁きと刑罰であることに気づきました。神様のおっしゃる一言一句が、人間に対する裁きであるとわかったのです。

最近、ホストファミリーの姉妹が肉の感情に囚われてしまい、その結果、非常に苦しんでいました。私は彼女と何度か話し合いましたが、まったく無駄なようでした。彼女は変わりませんでした。私は徐々に我慢できなくなり、「あなたとは何度も話したのに、まだ変わらない。たぶん真理に興味がないんでしょう。あなたとは二度と話さないわ」と考えるようになりました。その後は彼女と関わる気が失せてしまい、彼女のことを考えることも滅多になくなりました。ある日、私がペアを組んでいた別の姉妹から、あの姉妹と一緒に祈るべきではと提案されました。私はこれを聞いてたちまち嫌悪感を抱き、「何のために。彼女と一緒にいても時間の無駄だし、祈ったところで役に立たないわ」と考えました。実を言うと、これが私の傲慢さ、つまりサタンの性質の現れであることはわかっていました。他人を冷たくあしらい、愛を示していなかったのです。しかし、どうしても止めることができませんでした。一緒に祈ったときも、心の中の考えや思いを捨て去れないあまり、霊的な闇に落ち込み、神様が共にいらっしゃるとは感じられませんでした。その上、まるで心が塞がれ、解放されないかのような息苦しさを感じました。その後私は自分の窮状について神様の御前で祈りました。「神様、私は自身の傲慢さと冷たさに気づいています。私はこの姉妹に配慮も同情も示しませんでした。しかし自分を変えることがどうしてもできなかったのです。神様、どうか真理について私を啓き、自分をもっとよく知ることができるようにしてください」そう祈りを捧げていると、神様の御言葉が漠然と頭に浮かびました。そしてすぐに神様の御言葉の本を開き、次の文章を見つけました。「神を愛する決意の度合い、そして真に肉を放棄したかどうかは、兄弟姉妹に対する偏見があるかどうか、そしてもしあるなら、それを脇へ押しやることができるかどうかだと言われているのはなぜか。つまり、兄弟姉妹との関係が正常であれば、神の前におけるあなたの状態も正常だということだ。兄弟姉妹の誰かが弱い時、あなたは彼らを嫌悪したり、軽蔑したり、笑いものにしたり、あるいは冷たい態度をとったりしない。もしあなたが彼らのために何かしてあげられるのなら、彼らに連絡をとってこう言うだろう……もしあなたが彼らに提供できるものはないと感じるのであっても、彼らを訪問することはできる。これは教会のリーダーだけがすることではない。この働きをすることは兄弟姉妹一人ひとりの責任である。悪い状態の兄弟や姉妹を見たなら、訪問すべきだ。これはあなたがた一人ひとりの責任である。」(『言葉は肉において現れる』の「聖霊の働きとサタンの働き」より)神様の御言葉を読んだ後、「兄弟姉妹との関係が正常であれば、神の前におけるあなたの状態も正常だということだ。」という言葉が、ひときわはっきり私の心に刻み込まれました。私はこの一節をじっと考えながら求めました。聖霊の啓示を通して、簡潔に見えるこの一節は、実は威厳と裁きを具現化したものなのだと感じられ、剣のように私の心を突き刺しました。神様は常に、御言葉に則してのみ、人間は兄弟姉妹と正常な関係を築くことができ、兄弟姉妹との関係が正常である限り、人間の神との関係も正常なものとなると人間にはっきり伝えてこられました。他の人と仲良くしているときに私が示したすべてのものは、おもに他人への軽蔑や拒絶として現れる、サタンの堕落した性質でした。私は人々と正常な関係を築いていなかったのです。それなのに、どうやって神様と正常な関係を築けるというのでしょう。消極的になって弱っている兄弟姉妹の元を訪れ、彼らに尽くすことは、人間に課された不変の責任です。それが、神様を愛そうとする人が生きるべき人生でした。それにもかかわらず、この姉妹の窮状を知っても、私はまったく気にもしませんでした。上辺では彼女と話し合いをしていましたが、内面では、神様を愛する心でそうしていたわけではありませんでした。全力を尽くして彼女を助け、支えようとはしていませんでした。親切な心をもって、あるいは苦しんでいる人や暗闇の中で生きている人に対する理解をもって、彼女が逆境から抜け出せるよう、辛抱強く話し合っていたわけではありませんでした。この姉妹には真理を求める意志がないとさえ決めてかかり、そのせいで彼女を蔑んだり避けたりしていました。そのため、私は神様との正常な関係を失い、神様の刑罰の対象になってしまいました。そして霊的な闇に苦しみました。これは神様の性質が私のもとに現われたのではなかったでしょうか。考えれば考えるほど、この一節は神様が面と向かって私に下した裁きであると強く感じました。私は恥ずかしくなり、深く後悔しました。自分にはそこまで人間性がなかったのです。しかしその後、神様への畏敬の念が同時に、かつ自発的に湧き上がってきて、神様の性質は威厳と怒りのそれであることに気づきました。神様はまさに極めて義であり、聖くていらっしゃることに気づいたのです。神様はすべての考えをお見通しで、神様の裁きから逃れることはできません。

神様の御言葉による裁きは、この姉妹に対する私の偏見を捨て去る助けとなりました。そのため、私は愛と親切心をもって、彼女と話し合いたいと思うようになりました。しかし予想もしなかったことに、私が彼女との話し合いを再開するより早く、彼女は既に神様から啓示を受けており、祈り、神様の御言葉の賛美歌に耳を傾けることで、苦境から抜け出していたのです。このとき、私は彼女の状態が改善したことに喜びを感じました。また神様がいつもそうなさるように、私たちを導いてくださったことに感謝しました。同時に、かつての自分のひどい振る舞いが恥ずかしくなりました。

神様に感謝します。この経験を通して、自分が反抗と堕落しか示していなかったという事実にも関わらず、神様のそれほど厳格ではない御言葉も人間に対する裁きと刑罰であり、神様の一言一句が人類への裁きであるということを学びました。神様の御言葉を自分の観念で捉えることはもう決してしません。神様の御言葉の中に示される裁きと刑罰に絶対服従します。できるだけ早く自分の性質を変えていけるように、より多くの真理を理解し、受け取っていきます。

河南省南陽市 尋求

前へ:見た目で判断するのはまったく馬鹿げている

次へ:真の意味で真理を受け入れるとはどういうことか

他のお気に入り

  • 私の主義が私にダメージを残した

    私は、この虚偽を生活していく上での格言として常に理解していたので、その姉妹が私の不十分さを気付かせ、より良くなるよう助けるためにこの事について指摘した時、彼女の意見を受け入れなかったばかりか、彼女が私をバカにして取るに足らない些細な事であら探しをしていると思っていました。結果として、私は悪魔のように振る舞う私の中の獣性を解放させました。

  • 自分の霊的背丈がはっきり見えた

    人間が働きを行い、話をするとき、あるいは霊的日課として祈る時、突如として真理が明瞭になることがある。しかし、実際は、人間が理解したことは単に聖霊の啓きに過ぎず(必然的にそれは人間の協力に関連している)人間の真の背丈ではない。

  • 私はまさしく赤い大きな竜の子孫

    神は私たちの中に存在する赤い大きな竜の毒とサタン的本性を暴露するために御言葉を表されるのであり、神が事実を明かされたことにより、私は自分の中の赤い大きな竜の毒を認識して見極め、二度とそれによって堕落して害されることがないように拒んで捨て去ることができました。

  • 真実を実践する経験

    湖南省株洲市 恒心 そう遠くない昔、『いのちに入ることに関する交わりと説教』を聞いて、真理を実践する人だけが真理を得て、最終的に真理を自分のものにし、神に認めていただける人間になれることを理解しました。それ以降、私は日々の生活の中で自分の肉を捨て、真理を実践するよう意識的に努力しました。そ…