真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

33.災の前の携挙とは何か。災の前に完全になった克服者とは何か。

神の言葉

「引き上げられる」とは、人間が想像するように低い場所から高い場所へと連れて行かれることでは無い。それは大きな間違いである。引き上げられるとは、わたしが予定し、選択することを指す。それは、わたしが予め定め、選んだ者たち全てを対象とする。長子の地位や、わたしの息子たち、わたしの民の地位を得た者は皆、引き上げられた者である。このことは、人間の観念と最も相容れないものである。将来わたしの家に入ることのできる者は皆、わたしの前で引き上げられた者である。これは絶対に真実であり、決して変わることが無く、誰も反論できない。これはサタンに対する反撃である。わたしが予定した者は誰でも、わたしの前で引き上げられるのだ。

「キリストが最初に発した言葉と証し」より

フィラデルフィアの教会が成立したのは、ひとえに神の恵みと憐れみのおかげであった。聖徒たちは神への愛を示し、自分たちの霊的な道から外れることは決して無かった。唯一の真の神が肉となったこと、神が万物を支配する宇宙の長であることを固く信じなさい。それは聖霊により確証された鉄則である。それが変わることは、決して有り得ない。

あなたは今日全ての教会、すなわちフィラデルフィアの教会を完成させました。それはあなたの六千年にわたる経営(救いの)計画が実現されたものです。聖徒たちは今、あなたの前で謙って服従出来るようになりました。彼らは霊において互いに結ばれ、愛の中を共に歩みます。聖徒たちは泉の源に繋がっています。生けるいのちの泉は絶えることなく流れ、教会のすべての穢れと汚泥を洗い流して浄化し、あなたの宮を再び清めます。わたしたちは実践的な真の神を知り、神の言葉の中を歩み、自らの役割と本分を認識し、自らを教会のために費やすためにできる限りのことを行いました。あなたの意志がわたしたちのうちで妨げられないように、わたしたちはいついかなる時もあなたの前に静まり、聖霊の働きに心を留めるべきです。聖徒たちの間には互いへの愛があり、ある聖徒たちの長所は他の聖徒たちの短所を補う。いかなる時も霊によって歩み、聖霊の啓示と明察を得なさい。真理を理解し、それを直ちに実行に移しなさい。新たな光に遅れることなくついて行き、神の足跡をたどりなさい。

積極的に神と協力し、協調して仕え、一体となりなさい。全能神の旨を満たし、いち早く聖い霊の体となり、サタンを踏みつけ、その命運を終わらせなさい。フィラデルフィアの教会は神の前で携挙され、神の栄光のうちにその姿を現す。

「キリストが最初に発した言葉と証し」より

災いが起こる前に完全にされる者は、神に従順であり、キリストに拠り頼む者であり、キリストの証し人であり、彼らは神を誉め讃える。彼らは勝利を収めた男児たちであり、キリストの有能な兵士たちである。

「キリストが最初に発した言葉と証し」より

神が勝者と呼ばれる者は、サタンの影響下に置かれ、サタンに包囲された時、つまり闇の軍勢の中で孤立した時でも、神の証しに立ち、神への確信と帰依を維持できる者である。何があっても、あなたがたが依然として純真な心と神に対する真実の愛を維持できるのであれば、それは、あなたがたが神の御前で証しに立っているということであり、それは神が言われるところの勝者となることである。

『言葉は肉において現れる』の「あなたがたは自らを神に捧げ続けなければならない」より

あなたは神を信じる者の一人として、今日、終わりの日の神の働きやあなたに対する神の計画の中にあるすべての働きを受ける中で、あなたは神により引き上げられ、救いを受け取っていることを理解しなくてはならない。全宇宙のすべての神の働きは、この一団の人々に焦点を当てている。神はすべての努力をし、あなたがたの犠牲となった。全宇宙のすべての聖霊の働きを取り戻し、あなたがたに与えたのだ。だから私は言う。あなたがたは幸運なのだと。それに加えて神は、自分が選んだイスラエルの民から自分の栄光をあなたがたへと移した。それはあなたがた一団を通して、神の計画の目的を全て明らかにするためである。ゆえにあなたがたは神の嗣業を受け、更に神の栄光の継承者となるのだ。あなたがたは皆このような言葉を覚えているだろう。「このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。」誰でもこの言葉を耳にしたことがあるだろうが、その言葉の真意を理解した者はいない。今日あなたがたは、この言葉の真の意味をよく理解している。これらの言葉は終わりの日に神が成就するものだ。そしてそれは、赤い大きな竜の横たわる地で、竜にひどく苦しめられている人々の上に成就する。赤い大きな竜は神を迫害する神の敵であり、よってこの地において神を信じる者たちは屈辱や迫害を受けている。ゆえにこれらの言葉は、あなたがた一団の身に実現するのだ。神に逆らう地において働きが行われるため、すべての神の働きは過度の妨害を受け、神の言葉の多くはすぐには達成されない。ゆえに、人々は神の言葉によって精錬される。これもまた、苦しみの要素である。神にとって赤い大きな竜の地で自分の働きを実行することは非常に困難だが、神はこのような困難を通して、自分の働きのひとつの段階を実行し、自分の知恵と素晴らしい業を明らかにする。神はこの機会を通して、この一団の人々を完全にする。人々の苦しみ、彼らの素質、そしてこの汚された地における人々のすべてのサタン的な性質がゆえに、神はその清めや征服の働きを行うことで栄光を手にし、その業の証人となる人々を手にするのだ。これが、神がこの一団の人々に行った全ての犠牲に関する完全な意義だ。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きは人間が想像するほど簡単か」より

神の国の時代において、人間は全き者とされる。征服の業の後、人間は精錬と苦難の対象となる。この苦難を克服し、この苦難において証に立てる人間が、最終的に完全にされる者である。そうした者は、克服者である。この苦難の時において、人間はこの精錬を受け容れる必要があり、その精錬が神の業の最後に存在する物である。精錬は、神による経営の業全ての完了前に、人間が精錬される最後の時であり、神に付き従う者は全員、この最後の試練を受け容れる必要があり、この最後の精錬を受け容れる必要がある。苦難に煩わされる者には、聖霊の業と神の導きが不在であるが、真に征服され、神の心を真に求める者は、最終的に揺るぎなく耐えるであろう。そうした者は、人間性を備え、神を真に愛する者である。神がどのような業を行われても、そうした勝者はビジョンを奪われることが無く、証に立つことに失敗することなく、依然として真理を実践するであろう。そうした者は大いなる苦難を最終的に克服する者である。

『言葉は肉において現れる』の「神の業と人間の実践」より

わたしは以前、勝利を得る者たちは東方から神のものとされる、彼らは大きな苦難のただ中からやって来ると言ったことがある。この言葉の意味は何だろうか。それは、このような神のものとされた人たちは、裁き、刑罰、取り扱い、刈り込み、そしてあらゆる種類の精錬を経た後に、ただ真に従順だったということを意味する。そのような人々の信仰は漠然としておらず、抽象的でもなく、本物である。彼らはしるしや不思議な業も奇跡も見たことがない。彼らは難解な文字や教義あるいは深遠な洞察について話さない。その代わり、彼らには真実性さらに神の言葉、そして神の真実についての本物の認識がある。

『言葉は肉において現れる』の「すべてが神の言葉によって達成される」より

前へ:賢明な処女にはどのような恩恵が与えられるか。愚かな処女は災に陥るだろうか。

次へ:全能者である神を受け入れないすべての人は本当に災に遭うだろうか。

他のお気に入り