全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストへの証し

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

21.神に従うとは何か。

神の言葉

神に従う中で最も重要なのは、すべては神の現在の言葉に拠らねばならないということである。いのちに入ることを求めているのであれ、神の心にかなうことを求めているのであれ、すべては神の現在の言葉を中心にしなければならないということである。親しく交わり求めるものが神の現在の言葉を中心にしていなければ、あなたは神の言葉を知らない人であり、聖霊の働きを完全に失っている。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従う」より

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過ぎ去った。今は新しい時代である。新しい時代には新しい働きがされなければならない。とりわけ、人間が完全にされる最後の時代になると、神はそれまでになく素早く新しい働きをする。それゆえ、人が従順な心を持たないならば、神の足跡を辿ることを困難と感じる。神はいかなる規則に従うこともなく、自身のどの働きの段階をも不変のものとして扱うことはない。むしろ、神の為す働きは常に新しく、常に高みへと登り続ける。神の働きは段階を追うごとに益々実践的になり、益々人間の実際の必要に則したものとなる。人間はこのような働きを経験して初めて、最終的な性質の変化を遂げることができる。……神の働きは時代ごとに異なるのである。もしあなたが、ある局面では立派に従うが、次の局面になるとそれ程従わないか全く従わないというのであれば、神はあなたを見捨てるだろう。今の段階を神が上がっていくにつれ神に付いて行っているのであれば、次の段階でも神に付いて行かなければならない。そうして初めて、あなたは聖霊に従順な者となる。あなたは神を信じているのだから、絶えず従順でなければならない。従いたい時にだけ従い、従いたくない時は従わないということではいけない。そのような従い方は神に認められない。わたしが語る新しい働きに付いて来ることができず、昔聞いたことに固執するのであれば、どうしてあなたのいのちが進歩できるだろうか。神の働きというのは、神の言葉を通してあなたに施すことなのだ。あなたが神の言葉に従って受け入れるのであれば、聖霊があなたの中で間違いなく働くのである。聖霊はわたしが語る通りに働く。わたしの言う通りを行いなさい。そうすれば聖霊はすぐにあなたの中で働く。

『言葉は肉において現れる』の「真心で神に従う者は確かに神のものとされる」より

あなたは、神に付き従うこととは何かを知っているだろうか。ビジョンなくして、あなたはどのような道を歩むであろうか。あなたは、現在の業において、ビジョンを身に付けていないならば、完全にされることなどまずないであろう。あなたは何を信じているか。あなたは何故、神を信じているのであろうか。あなたは何故、神に付き従っているのであろうか。あなたは何かゲームのように信じているであろうか。あなたは自分の命を玩具のように扱っているであろうか。現在の神は、最も偉大なビジョンである。あなたは、その神についてどの程度知っているであろうか。あなたは、その神についてどの程度理解しているであろうか。現在の神を見てきたあなたの信仰の基礎は確かであろうか。そのように混乱しながら付き従う限り、救いを得られるであろうと考えているであろうか。あなたは泥水の中で魚を得ることが出来ると考えているだろうか。それほど単純なことであろうか。現在において神が述べていることに関する自分の観念を、あなたはいくつ捨て去ったであろうか。あなたは現在の神のビジョンを持っているであろうか。現在の神に関するあなたの理解は、どこにあるだろうか。あなたは、付き従い続ければ神を得られる、神を見るならば神を得られる、あなたを見捨てることが出来る者は居ないであろうと考えている。神に付き従うことは、それほど容易だと考えてはならない。あなたが神と神の業を知ること、そして神のために苦難を受け、自らの命を捨てる意志と、神により完全にされる意志があなたにあることが重要である。それが、あなたが備えるべきビジョンである。あなたが常に恵みを得ることを考えていても、だめであろう。神は、単に人間を楽しませ、人間に恵みを与えるために存在すると考えてはならない。あなたの考えは誤りである。ある者が自らの命を賭けて、この世に所有するあらゆる物事を捨てて付き従えないのであれば、その者が最後まで付き従えないことは確実である。

『言葉は肉において現れる』の「あなたがたは業を理解する必要がある。訳の分からないまま付き従ってはならない」より

ペテロは何年にもわたりイエスに従い、人々が持っていない多くのことをイエスの中に見た。一年間イエスに従った後、ペテロはイエスによって十二使徒の筆頭に選ばれた。(もちろん、これはイエスの心だけでのことで、人々にはまったくわからなかった。)イエスの動きのすべてが生涯ペテロの手本になり、イエスの説教は特にペテロの心に刻まれた。彼はイエスに対して非常に思いやりがあり、忠実であり、決してイエスに不平不満を持たなかった。こういうわけで、彼はイエスが行くところどこでもその忠実な伴侶となった。ペテロはイエスの教え、イエスの穏やかな言葉、食べるもの、着るもの、日々の生活、旅を観察した。ペテロはあらゆる点でイエスのやり方に従った。彼は独善的ではなく、以前の古臭い事柄をすべて投げ捨て、言葉や行動においてイエスの例に従った。ペテロが天地万物は全能者の手の中にあることを感じたのはこのような時で、そのような理由から、彼は自分で選択はせず、イエスという存在のすべてを手本として吸収した。こうした生活を通して、ペテロはイエスがその行動において独善的ではなく、自慢することもなく、それどころか、人々を愛によって動かすことを見て取ることができた。さまざまな状況で、ペテロはイエスという存在を見ることができた。こうして、イエスのすべてがペテロの自己形成の目標となった。

『言葉は肉において現れる』の「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「ペテロの一生」より

一方で、ペテロは、生活の中で神の望むことを叶えられなかったときは、それが何であろうが彼を不安にさせた。ペテロは、神の望みを叶えられない時には悔い、神の心を満たすために適切な方法を探そうと努力した。彼は、その生活のどんなにささいなことにおいても、神の望みを叶えるよう自分に要求した。自分の古い性質のことにも厳しく、そしてより深い真理の探究を進めることに対しては常に厳しく自分に要求した。……ペテロは、神を信じる中で、全てにおいて神を満足させること、そして神から来るもの全てに従うことを追い求めた。そしてペテロは不平一つ言わず、刑罰や裁きと同様に、精錬、苦難と生活上の欠乏も受け入れ、そのいずれも彼の神への愛を変えることはなかった。これこそ神への究極の愛ではないだろうか。これこそ被造物の本分を尽くすということではないだろうか。刑罰、裁き、試練 ── これらの中にあっても、死に至るまで従順であることができ、そしてこれこそが、被造物が達成すべきことであり、純粋な神への愛である。

『言葉は肉において現れる』の「成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている」より

前へ:不信仰者とは何か。

次へ:人に従うとは何か。