真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音についての代表的な全能神の言葉 (選集)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

清めと聖を得ているものは何か

1.人間は、神を知り、真理を備えいる場合のみ、光の中で生きる。また人間は、自分の世界観と人生観が変わった場合のみ、その者は根本的に変化する。その者に人生の目標があり、真理に従って行動し、神に対して完全に服従して神の御言葉に従って生活し、確信し、照らされていることを霊の深遠で感じ、自分の心に闇が無く、神の御前で完全に自由に、かつ制限されること無く生きて初めて、その者は真の人間の生活を送り、真理を備えた者となる。

(『言葉は肉において現れる』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より)

2.神が人々を完全にする時、神は彼らを清め、人々は清くなればなるほど、神によってより完全にされる。汚れ、反抗、敵対心、あなたの中にある肉に属するものが取り除かれ、清められる時、あなたは神に愛されるであろう(言い換えれば、あなたは聖徒になるのだ)。あなたが神によって完全にされ、聖徒になった時、あなたは千年神の国に入るであろう。

(『言葉は肉において現れる』の「「千年神の国は訪れた」についての短い話」より)

3.清めの仕事こそが人類の不義を洗い清め、懲らしめ、裁きの働きこそが人類の中のそれらの不従順なものを全部さらけ出すのである。それによって、救うことのできる人と救うことのできない人とが識別され、生き残ることのできる人と生き残ることのできない人とが識別されるようになる。神の仕事が終わる時、生き残ることのできる人は、洗い清められ、人類のより高い領域の中に入って、地上でのよりすばらしい第2の人生を享受する。すなわち、彼らは人類の安息の日に入って神と共に生活する。生き残ることのできない人が懲らしめや裁きを受けた後、彼らの正体が露呈される。それから彼らはみな滅ぼされ、サタンと同じように、もう地上で生きることができなくなる。未来の人類はもうこのような人々を含まない。このような人々は究極の安息の地に入る資格がなく、神と人が共有する安息の日に入る資格もない。なぜなら、彼らは懲らしめの対象であり、悪者、不道徳者であって、義なる人ではないからである。彼らはかつて贖われたことがあり、また裁かれもし、懲らしめも受け罰されたことがある。彼らはまた神への奉仕を差し出したこともあるが、終わりの日がきたら、彼らはやはり、自身の不道徳さ、自身の不従順さ、贖う術もないような有様が原因で、排除され、滅ぼされる。彼らは未来の世界では存在しないし、未来の人類の間で生きることもない.

(『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より)

前へ:恵みの時代の救いと救われることの真理について

次へ:神の働きと人間の働きの違い

他のお気に入り