真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

1.恵みの時代に主イエスによって広められたメッセージは悔い改めの道だけであったことを理解しなければならない。

聖書の言葉

悔い改めよ、天国は近づいた 。「マタイによる福音書4:17」

これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。(マタイによる福音書26:28)

そして、その名によって罪のゆるしを得させる悔改めが、エルサレムからはじまって、もろもろの国民に宣べ伝えられる。 (ルカによる福音書24:47 )

関連する神の言葉

イエスが実行した働きは恵みの時代の働きであり、弟子たちやイエスに従う人々がどのように実行すべきかについてしか釈義しなかった。恵みの時代の働きをしただけで、終わりの日の働きは何もしなかった。...各時代の神の働きには明確な境界がある。神は現在の時代の働きだけを行い、次の段階の働きを前もって行うことは決してない。このようにしてのみ、神の各時代の代表的な働きは前面に引き出される。イエスは終わりの日のしるし、いかに忍耐するか、いかにして救われるか、いかに悔い改め、告白するか、また、いかに十字架を負い、苦しみに耐えるかについてしか語らず、終わりの日に人はどのように進入すべきか、どのように追求すれば神の心を満足させるかについては語らなかった。

『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を規定している人がどうして神の啓示を受けることができるだろうか」より

前へ:救われていることと救いの本質的な違いは何か。

次へ:世の終わりに神によって表明されたすべての真理は永遠のいのちの道であることを理解しなければならない。

他のお気に入り