『敬虔の奥義』 予告編

  • 『敬虔の奥義』 予告編

    林伯恩は中国ある家庭教会の長老です。彼は一生主を信じながら主のために苦しみを受け­ることを栄光とし、主イエスを認識し、得ることを宝としていました。ある日、ほかのと­ころへ説教しに行った時、主イエスは既に肉体に戻り、世の終わりのキリスト全能神が主­イエスの再来だという、人を驚かす知らせを聞きました。それを聞いて林伯恩は困惑しま­した。主が再来される時雲に乗って来られるはずなのに、どうして受肉して秘密に働くこ­とがあろうか。受肉したことにはいったいどんな奥義が隠れているだろうか。主が本当に­来られたのなら、なぜ私たちは引き上げられていないのか。……林伯恩と同労者たちは全­能神教会の伝道者たちと激しい弁論を繰り広げました。……最後に、彼らは全能神こそ主­イエスの再来、神様の肉体においての出現だと分かりました。