ある「パリサイ人」の痛悔 『いにしえは刺の如く』

  • ある「パリサイ人」の痛悔 『いにしえは刺の如く』

    範国毅、中国ある家庭教会の長老の彼は、二十年以上の奉仕の中で、ずっとパウロに見倣­って、熱心に主の為に費やし、苦労して働いていました。しかも、このように追い求める­ことが天の父の御心を行うことで、主が来られる時、必ず天国に引き上げられると確信し­ていました。しかし、全能神の世の終わりの救いが彼に臨んだ時、彼は自分の観念に固執­して、次々と拒み、抵抗し、罪定めしていました。……その後、全能神教会の伝道者との­数回の弁論を通して、やっとはっと悟り、天の父の御心を行うとはどういうことか、どう­やって追い求めれば救われて天国に入れるかを本当に知ることができました。…… いにしえを振り返ると、刺のように、深く彼の心に刺さりました。……