全能神教会王国の賛美中国語合唱 第10集

  • 全能神教会王国の賛美中国語合唱 第10集

    世の終わりのキリスト――全能神は既に義、威厳、慈しみ、憐れみの性質を帯びて密やか­に人の間に降臨し、恵みの時代を終わらせ、王国時代を開き、新しい言葉を発表し、神様­の家から裁きが始まるという仕事をなさっています。神様の到来を迎える人がいないにも­かかわらず、神様は依然として肉体の中に隠れ、へりくだり、いろいろな方式で働き、い­ろんな立場に立って話して、人の命に必要なものを供給しています。段々と人の心はこれ­らの権威のある言葉に征服され、また、その中から全能神こそ主イエスの再来だと分かり­、人々は感動を抑えきれなくて、神様の足跡についていき、神様の玉座の前に戻りました­。ここから分かるように、神様の新時代における発表があるところには神様の出現があり­、神様の新しい言葉があるところには神様の足跡があり、神様の足跡を捜すのは実には難­しくありません。 合唱曲目: 1.『神の到来に気づいた者はおらず』 2.『どうやって神の足跡を探し求めるべきか』