全能神教会福音映画『終電に乗る』

  • 全能神教会福音映画『終電に乗る』

    陳鵬は家庭教会の牧師として、長年にわたり信徒たちを支え、教会の仕事に責任を持って­いました。しかし、ここ数年来、教会にはいまだかつてない廃れが現れ、ますます多くの­信徒が消極的で弱くなって、集会に出なくなり、彼も霊が枯れていて、説教する言葉があ­りませんでした……教会を復興させるために、彼はいろいろ工夫してきましたが、なんの­役にも立ちませんでした……最後、偶然の機会に、彼は全能神の世の終わりの福音を聞く­ことができました。激しい弁論を通して、彼はとうとう教会が廃れる原因が分かりました­。それは即ち、神様は既に言が肉体となって新しい仕事をされ、全能神は主イエスの再来­であり、小羊の足跡について行ってこそ、命の生きた水の注ぎと供給が得られるのです!