全能神教会福音映画『夢から目覚める』予告編

  • 全能神教会福音映画『夢から目覚める』予告編

    幾千幾万の、主イエスを信じる人と同じように、宇凡は聖書の研究を重んじ、主のために費やし、苦労し代価を払い、熱心に主イエスに仕えることを追い求めていました。これで主が来られる時自分はきっと天国に引き上げられると思っていました。宇凡が自分の美しい望みを叶えるために、熱心に伝道し、熱心に主のために働いていた時、同労者の一人がずっと疑問に思って困惑していたこと聞いてきました。「わたしたちは主を信じてから罪が赦され、主のためにすべてを捨て、苦労し代価を払いました。しかし、わたしたちは依然として堕落した性質を流露し、罪を犯して主に敵対しています。神様は聖なる方で、わたしたちのような堕落した人が本当に神様に良しとされる資格はあるのでしょうか、天国に引き上げられるのでしょうか。」同労者のこの問題で宇凡は自分の考えを改めようとしませんでしたが、その後、全能神教会伝道人との交わりと弁論を通して、彼女はやっと主イエスが再臨し、人々を天国に引き上げることの奥義を理解しました。彼女はようやく夢の中から目覚めて、全能神は自分が日夜切に待ちわびていた救い主イエスであると確信しました。