国度时代就是话语时代

21

8月2016
全能神の世の終わりの裁きの仕事は各宗派を揺り動かしました。王国の福音が拡大するにつれて、全能神の御言葉はますます多くの人に受け入れられ、伝えられ、そのため、真心で神様を信じ、神様の出現を渇仰する人々は、続々と神様の玉座の前に立ち帰りました。その間、中共政府と宗教界の牧師、長老たちは全能神教会に対する鎮圧、迫害を止めたことがありません…… 本映画の主人公の鄭欣潔は全能神教会の一人の伝道者です。中共 ... Read More

13

8月2016
金英禄は韓国宗教界の敬虔な牧師の一人です。彼は真理を渇仰し、ずっと主イエスの再来を待ち望んでいました。2013年のある日、彼は「朝鮮日報」で全能神が発表された御言葉を読み、すぐにこれらの、権威と力に満ちている言葉に深い感銘を受けました。全能神が、自分が待ちわびていた救い主イエスであるかどうかを確認するため、彼は全能神の働きと言葉を尋ね求め、考察し始めました……心の中で困惑している問題が次々と解決さ ... Read More

14

7月2016
幾千幾万の、主イエスを信じる人と同じように、宇凡は聖書の研究を重んじ、主のために費やし、苦労し代価を払い、熱心に主イエスに仕えることを追い求めていました。これで主が来られる時自分はきっと天国に引き上げられると思っていました。宇凡が自分の美しい望みを叶えるために、熱心に伝道し、熱心に主のために働いていた時、同労者の一人がずっと疑問に思って困惑していたこと聞いてきました。「わたしたちは主を信じてから罪 ... Read More

09

7月2016
趙志剛は中国のある地方教会の長老です。大勢のクリスチャンと同じように、彼の最大の願望は、生きたまま天に引き上げられ、主と出会って共に王権を握ることでした。1999年に、宗教のリーダーたちは「2000年に主は必ず再来され、信徒が生きたまま天に引き上げられる」という情報を流しました。それを聞いて、彼はいたく感激し、もっと熱心に追い求め、揺ぎない信念を持ってその日の到来を待ち望んでいました……しかし、2 ... Read More

11

6月2016

『敬虔の奥義』 予告編

0    
by admin /
林伯恩は中国ある家庭教会の長老です。彼は一生主を信じながら主のために苦しみを受け­ることを栄光とし、主イエスを認識し、得ることを宝としていました。ある日、ほかのと­ころへ説教しに行った時、主イエスは既に肉体に戻り、世の終わりのキリスト全能神が主­イエスの再来だという、人を驚かす知らせを聞きました。それを聞いて林伯恩は困惑しま­した。主が再来される時雲に乗って来られるはずなのに、どうして受肉して秘密 ... Read More