真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

26.どのようにして人は聖霊の働きを得られるか。

神の言葉

聖霊の働きは、日々、変わり、段階ごとに高まっている。明日の啓示は、今日の啓示よりもなお一層高くなる、そして段階毎になお高いところへ上がっていく。神が人を完全にする働きも同様である。もし人が、ついていけなくなったら、人はいつでも見捨てられるだろう。もし人が従順な心を持っていないのなら、人は最期までついていくことができないだろう。古い時代は終わった。今や新しい時代である。そして、新しい時代には、新しい働きがなされなければならない。特に、人が完全にされる最期の時代において、神は新しい働きをなお一層素早く行うであろう。したがって、心から従順でないのなら、人は神の足跡を辿ることが難しくなるだろう。神は、規則によって生きるのではなく、自身の働きのあらゆる段階を不変なものとして取り扱っているのでもない。むしろ、神によってなされる働きは、常により新しく、また常により高いものである。神の働きは、各段階においてより実践的になり、人が実際に必要とするものとますます合致する。人はこのような働きを経験した後にだけ、自らの性質の最後の根本的な変革を達成することができる。. …従順でない本質と反抗心のある者全ては、この迅速で力強い働きに見捨てられることとなる。従順なる心を持ち、また、謙虚な意志を持つ者こそが、この道の終わりまで進むことになるだろう。このような働きでは、あなたたち全てが、従順であり、かつ自らの考えを脇に置く方法を学ばなければならない。あらゆる段階が、慎重に踏まれるべきである。もしあなたたちが軽率ならば、あなたたちは、聖霊から嫌悪され排除される者の一人となるだろう、そして、神の働きを邪魔する者になるだろう。. …神が為す働きは、時代によって違っている。もしあなたが、ある段階において従順さを見せるが、次の段階では、従順さがより少ないか、全くないとしたら、神はあなたを見捨てるだろう。もしあなたが、神がこの段階に昇るとき、彼についていくことができるなら、あなたは次なる段階に昇る時にもついていくことを続けていかなければならない。そのような人のみが、聖霊に対して従順である。あなたは神を信じるのなら、その従順さを一定に保たなければならない。あなたが気に入っているときにだけ従順であり、そうでない時に従わないということはできない。そのような従順のあり方は、神によって認められない。

『言葉は肉において現れる』の「真に従順な者は必ず神のものとされる」より

神が人間を完全にする適切な手順を踏むことは、聖霊による実際の御業の適切な手順を踏むことであり、聖霊が進む道を進むことでもある。現在において、聖霊が進む道は、神の実際の御言葉である。したがって、人間がその道を進むには、人間は受肉した神の実際の御言葉に従い、それを食べ飲みする必要がある。神は御言葉の御業を行われており、全てが神の御言葉により述べられ、神の実際の御言葉により立証されている。人間は、神の受肉に関して全く疑念が無いか、神を知ろうとしている最中かを問わず、神の御言葉に多くの努力を注ぐ必要がある。さもなければ、人間は何も為し得ず、何も無い状態となるであろう。神の御言葉を食べ飲みする基礎の上で神を知り、神を満足させることによってのみ、人間は漸進的に神との適切な関係を確立できる。御言葉を食べ飲みし、それを実践することは、神に対する最大限の協力であり、神の選民のひとりとして証しに立つ、最も優れた実践である。ある者が神の実際の御言葉の本質を理解し、従うことが出来る時、その者は聖霊により導かれている道の上で生活しており、神が人間を完全にされる適切な手順に真摯な取り組みを行っている。

『言葉は肉において現れる』の「性情が変化した者は、真理の現実への真摯な取り組みを行う者である」より

神が人々に要求する最低基準は、自分の心を神に開くことができることである。人が神に対して真心を捧げ、心の中にある本音を告げるならば、神はその人の内に働くことをよしとする。神は人の曲がった心ではなく、純粋で正直な心を求めている。人が神に自分の心の真実を話さないならば、神はその人の心を動かすことも、その人の中で働くことも無いであろう。

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より

人間は、自らの心で神の御霊に触れることにより、神を信じ、愛し、神にご満足いただこうとし、よって神の満足を得る。また、自らの心で神の御言葉に取り組み、神の御霊に感激する。正常な霊的生活を実現し、神との正常な関係を確立することを望むのであれば、まず自らの心を神に捧げ、神の御前で自らの心を静める必要がある。自らの心を全て神に注いで初めて、人間は徐々に正常な霊的生活を得ることが出来る。. …あなたがたの心を神に注ぎ、神の御前で静まっていることが可能であれば、あなたがたには、聖霊により用いられ、啓示と光を授かる可能性と資格があり、それ以上に、あなたがたには聖霊に自分の欠点を補っていただく機会があるであろう。自分の心を神に捧げると、良い側面として、一層真摯に取り組むことが出来るようになり、より高度な理解に達することが出来る一方、悪い側面として、自らの過ちや欠点が一層多く分かるようになり、神の御旨を満たしたいという希望が一層強まり、受動的にではなく、肯定的な状態で、真摯に取り組むようになるが、それは、あなたがたが正しい人間となることを意味する。

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係の確立は極めて重要である」より

聖霊はこの原則によって働く。人々の協調を通して、人々が積極的に祈り、探求して神に近づくことで成果が達成し、聖霊による啓発を受け、光に照らされる。聖霊が一方的に行動する、あるいは人が一方的に行動するということはない。両者の行動が必要不可欠である。人々が聖霊と協力すればするほど、そして、神の要求する基準に達することを求めれば求めるほど、聖霊の働きは大きくなる。聖霊の働きに人々の真の協力が伴ってのみ、神の言葉の本当の経験と実質的な認識が生まれる。このような経験を通して徐々に、完全にされた人が最終的に生み出される。神は超自然的なことは行わない。人は、神が全能で、全てのことが神によってなされるという観念を持っている。その結果、人々は消極的に待ち、神の言葉を読んだり、祈ったりせず、聖霊に触れられることを待っているだけである。しかし正しい理解を持っている人々は次のように信じている。「神の行いは私が協力する範囲にのみに及び、私の中における神の働きの効果は、私がどう神と協力するかにかかっている。神が語られるときには、私は神の言葉を求め、神の言葉に向かって突き進むために、あらゆる努力をすべきだ。これが私の達成すべきことだ。」

『言葉は肉において現れる』の「現実をどのように知るか」より

なぜなら、あなたがは神の御前に来て苦しみ、自分が至らないことが多過ぎる、知るべき真理が多数有る、経験すべき現実が多数ある、神の御旨に注意を集中させる必要があると常に感じているからである。こうした物事が常に自分の心の中にあり、あたかもそうした物事が自分を圧迫する力が強いために呼吸出来ず、心に重くのしかかっているかのようである。(しかし、これは否定的な状態ではない。)神の御言葉による啓示を享受し、神の御霊により触れられる資格があるのは、こうした者のみである。それは、そうした者の重荷のためであり、そうした者の心が重いからである。また、そうした者が神の啓示と光を受けるのは、そうした者が払った代償と、神の御前で受けた苦悩のためである、と言える。なぜなら、神は誰も特別扱いされず、人々を常に公平に扱われるが、人々に与えられる際に専断的ではあられず、人々に無条件では与えられないからである。これは、神の義なるご性情の一側面である。. … 神が人々を用いる際の条件は、人々の心が神と向き合っており、神の御言葉の重圧を負い、人々の心が慕い、既に真理の追求を決意していることである。そのような人間のみが、聖霊の御業を得て、頻繁に啓き照らされることが出来る。

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係の確立は極めて重要である」より

あなたがたは純朴で素直であり、自分を知ることを望み、真理を実践することを望む。神は、あなたがたが自分を知ること、真理を実践することを望んでいるのを知っているので、あなたがたが弱く否定的な時にあなたがたを2倍啓き、あなたがたが一層自分を知り、自らを悔い、自分が実践すべき物事を実践出来るようになろうとするのを支援する。あなたがたの心を落ち着かせて安心させるには、この方法によるほか無い。神を知ること、自らを知る事、自らの実践に注意する者は、神の業や神による導きや啓きを頻繁に授かることが出来るであろう。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされることが出来るのは、実践に重点を置く者だけである」より

あなたは日々の暮らし中で、自分の言った事やした事の中から、神との関係を異常にするようなものを把握し、自らを正し、正しい生き方を選ばなければならない。常に自分の言葉、行動、やることなすこと、考えや思い付きを吟味せよ。自分の真の状態を把握し、聖霊の業の道へ入ること。このようにすることによってのみ、神との正常な関係を持つことができる。自分と神との関係が正常かどうかを測ることにより、あなたは自らの意図を正し、人の本質を理解し、自分自身を理解することができるだろう。これを通して、あなたは実体験に入り、真に自分自身を捨てて、心から委ねることができる。神との関係が正常であるかどうかを経験するような問題において、神によって全きものとされる機会を見出し、聖霊が働いているような状況を理解し、サタンの策略や陰謀の多くを見抜くことができるだろう。このようにしてのみ、あなたは神によって全きものとなることができる。神との関係を正して、神の采配に全て従うべきである。そうすればあなたは、実体験により深く入り、聖霊の業をもっと多く受け取るだろう。 …

… あなたは、神のいかなる発言でも、読んで理解したら、実践に移すべきである。あなたがかつてどのように実践しようが(かつてあなたの肉は弱かったかもしれないし、反抗的だったかもしれず、反逆していたかもしれないが)、それは大きな問題ではなく、あなたのいのちが今成長することを妨げることはない。あなたが今日神と正常な関係を持つことができるなら、そこには希望がある。あなたが神の言葉を読むたびに、あなたが変わり、あなたの生活がよい方向に変わったと他の人々も認めるなら、それはあなたが神と正常な関係を持っていること、関係が正されたことを示している。神は、人々の罪を基準にして扱ったりしない。あなたが理解し認識した後、二度と反抗したり逆らったりしなければ、あなたにはまだ神の慈悲がある。あなたがこのことを理解し、神により全きものとなることを求める意志があるならば、あなたの神の前での状態は正常である。何をするときにも、必ずこう考えよ。「私がこれをやったら、神はどう思うか。それは兄弟姉妹にどのような影響を与えるか。」あなたの祈り、交わり、発言、仕事、人々との接触の意図を吟味し、あなたと神との関係が正常であるかどうかを吟味せよ。もしあなたが意図と意見がどのようなものであるか見分けることができないとすれば、あなたには判断力がないということであり、それはあなたが真理を知らなすぎるということを証明している。神の行うあらゆることを明確に理解し、神の言葉にしたがって物事を見て、神の側に立って物事を見ること。このようにすれば、あなたの見解は正されるだろう。したがって、神と良好な関係を築くことは、神を信仰する誰にとっても、最優先事項になる。これは誰もが、最も重要な課題として、また、人生における重要な項目として扱うべきである。あなたのやることはすべて、神との関係が正常であるかどうかに照らして判断する必要がある。あなたの神との関係が正常であり、あなたの意図が正しいならば、それをしなさい。神との正常な関係を維持するには、個人的な利益を失うことを怖れてはならず、サタンが蔓延ることを許してはならず、サタンが自分を操ることを許してはならず、サタンがあなたを笑いものにすることを許してはならない。このようなことを避けようとすることは、あなたと神との関係が正常であることの現れである。それは肉のためではなく、むしろ、魂の平安のためであり、聖霊の業を得るためであり、神の心を満たすためである。あなたが正しい状態になろうとするなら、神と良好な関係を築く必要があり、神の信仰についての自分の見解を正す必要がある。それは、自分を神のものとされ、神の言葉の実をあなたの中に示し、あなたをさらに啓発し啓蒙することを可能にする。このようにすれば、あなたは正しい道に進むだろう。

『言葉は肉において現れる』の「あなたと神との関係はどのようなものか」より

前へ:聖霊の働きとは何か。聖霊の働きはどのように現れるか。

次へ:悪霊の働きとは何か。悪霊の働きはどのように現れるか。

他のお気に入り