真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

第三部

諸教会を歩くキリストの言葉

(1992年6月から2014年8月まで)

序論

諸教会を歩くキリストの言葉(Ⅰ)

(1992年6月から1992年10月まで)

1道……(1)
2道……(2)
3道……(3)
4道……(4)
5道……(5)
6道……(6)
7道……(7)
8道……(8)
9信者はどのような観点をもつべきか
10神の働きの過程について
11堕落した人間は神を体現できない
12宗教的な奉仕は一掃されなければならない
13神への信仰において、あなたは神に従うべきだ
14神との正常な関係を築くことは極めて重要である
15正常な霊的生活は人々を正しい道へ導く
16完全にされた人々への約束
17悪人は必ず罰を受ける
18正常な状態へ入るには
19神の心にかなうように仕えるには
20現実をどのように知るか
21正常な霊的生活について
22教会生活と現実の生活について
23一人ひとりが自らの役割を果たすことについて
24神が人間を用いるということ
25いったん真理を理解したら、それを実践すべきである
26救いを得る人とは真理を進んで実践する者である
27適切な牧者が備えているべきもの
28経験について
29新時代の戒め
30千年神の国は訪れた
31あなたと神との関係はどのようなものか
32現実性に一層重点を置くこと
33戒めを守ること、真理を実践すること
34実際の神は神自身であることを知るべきである
35真理を実践することだけが現実を自分のものにすることである
36今日の神の働きを知ること
37人が想像するほど神の働きは簡単なものか
38神を信じるなら真理のために生きるべきである
39七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言
40受肉した神と神に使われる人との本質的な違い
41暗闇の影響から脱すればあなたは神のものとされるであろう
42信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない
43今日の神の働きを知る者だけが、神に仕えてもよい
44神への真の愛は自発的である
45祈りの実践について
46神の最新の働きを知り、神の歩みに従え
47性質が変化した人とは神の言葉の現実に入った人である
48神の前で心を静めることについて
49完全にされるべく、神の旨に配慮せよ
50神は神の心に適う者を完全にする
51真心で神に従う者は確かに神のものとされる
52神の国の時代は言葉の時代である
53すべては神の言葉が達成する
54神の実際性に絶対的に服従できる者は真に神を愛する者である
55完全にされる者は精錬されることを体験しなければならない
56辛い試練を経験して初めて、神の素晴らしさを知ることができる
57神を愛することだけが本当に神を信じることである
58「千年神の国は訪れた」についての短い話
59神を知る者だけが神に証しをすることができる
60ペテロはどのようにしてイエスを知るようになったか
61精錬を経ることでのみ、人は真の愛をもつことができる
62神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる
63実践を重視する者だけが完全にされることができる
64聖霊の働きとサタンの働き
65真理を実践しない者に対する警告
66あなたは神への忠誠を保つべきである
67あなたは生き返った人か
68性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである
69神を知らない人はすべて神に反対する人である