全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

裁きが神の家から始まる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十六章

人間に言いたいことは、実に数多くある。わたしが人間に言わなければならないことが実に多いのだ。しかし、人間の受け入れる力はあまりに限られている。わたしが語る言葉をそのまま完全に把握することができないのだ。そして、一面だけを理解し、他は知らずにいる。だが、人間が無力だからといって、死に至らせることをわたしはしない。また、人間の弱さに心を悩ませることもしない。たとえ人間がわたしの心を理解しなくとも、わたしはただ自分の働きをし、ずっとそうしてきたように語るだけである。その日が来れば、人々はわたしのことを心深く知り、わたしを念頭に置くようになるだろう。わたしが地上を離れるその時こそ、わたしが人間の心の玉座につく時なのだ。つまり、そのときにはすべての人がわたしを知る。わが子らと民とが地球を支配する時もそうなるだろう。わたしを知る者は、必ずやわたしの国の柱となり、彼らだけがわたしの国で支配し力を振るう資格を持つ。わたしを知る者はみな、わたしであるものがその人のうちにあり、すべての人々の間でわたしを生きることができる。人間がどれほどわたしを知っているかは、わたしは気にしない。誰一人、わたしの働きをどのようにしても妨げることはできない。そして、人間はわたしを手伝うことも、わたしのために何かをすることもできない。人間にできることは、わたしの光の中でわたしの導きに従い、その光の中でわたしの心を求めることだけである。今日、人々は資格を得、自分たちがわたしの前を意気揚々と歩き、心のままにわたしとともに笑い、冗談を言い合えるものと信じている。そして、対等の者としてわたしに話しかける。それでも人間はわたしを知らない。それでいて、わたしたちは本質的に同じであって、等しく肉と血をもち、人間の世界に住んでいると信じている。人間のわたしへの崇敬は貧弱過ぎる。わたしの前にいるときはわたしを畏れるが、霊の前でわたしに仕えることはできない。まるで、人間にとって霊がまったく存在していないかのようだ。その結果、誰一人霊を知らず、わたしの受肉において、人々は肉と血の体だけを見て、神の霊は見ない。そんなことでほんとうにわたしの心を行えるのだろうか。人々はわたしを欺くのが巧い。わたしを欺くためにサタンから特別の訓練を受けたようだ。しかし、わたしはサタンに悩まされることはない。わたしは自分の知恵で人類すべてを征服し、すべての人類を堕落させる者を打ち負かす。わたしの国がこの地上に築かれるように。

人間の中には、星々の大きさを測り宇宙の広さを見極めようとする者たちがいる。しかし、彼らの研究は実を結んだためしがない。そして、落胆して頭を垂れ、失敗を甘受するしかない。すべての人々の間にあって、人間の失敗のありさまを観察していると、誰一人完全にわたしを信じている者はなく、心からわたしに従い、身を委ねている者もいないことがわかる。人間の野心とはなんと大きなことか!淵の表面がすべて濁っていたとき、人々の間にあって、わたしはこの世の苦しみを味わい始めた。わたしの霊は世界中を巡り、あらゆる人々の心を調べる。そうしてさらに、顕現した肉の身においても人類を征服する。人間にはわたしは見えない。盲目だからだ。人間はわたしを知らない。鈍化しているからだ。人間はわたしに敵対する。反抗的だからだ。人間はわたしの前に来てひれ伏す。わたしが征服したからだ。人間はわたしを愛するようになる。わたしが本来的に人間の愛にふさわしいからだ。人間はわたしを生きる、わたしを表す。わたしの力と知恵とが、人間をわたしの心に適う者にするからだ。わたしは人間の心の内に宿るが、その霊において人間の愛を受けたことはない。まことに、人間の霊には人間が何よりも愛しているものがあるが、わたしはそのうちの一つではない。それゆえ、人間の愛はシャボン玉のようなものなのだ。風が吹けば、はじけて消え、二度と見えなくなる。わたしは常に変わらない態度で人間に接してきた。人間の中に誰か同じようにできた者がいるだろうか。人間の目には、わたしは空気のように気づき難く目に見えない。そのため、大多数の人々は無限の空や波打つ海原、また、穏やかな湖、あるいは虚しい言葉や教義の中にわたしを求める。人類の本質を知る者は一人もいない。まして、わたしの内の奥義について何かを語れる者は誰もいない。それゆえ、人間にわたしが求めていると彼らが想像している最高水準を人間が達することをわたしは求めない。

わたしの言葉の中で山は崩れ、水は遡り、人は従順になり、湖はやむことなく流れ出す。海原は空に向かって荒れ狂うだろうが、わたしの言葉の中にあっては、湖の表面のように穏やかになる。わたしの手のごくわずかな動きで、激しい嵐は直ちに消え去り、わたしを離れる。そして、人間世界はすぐに静寂に戻る。しかし、わたしが怒りを放てば、山は直ちに引き裂かれ、地面はすぐに激しく揺れ動き出し、水はあっという間に涸れる。そして、人間はたちまち災害に見舞われる。わたしは怒りのために人間の叫びを聞かず、訴えに応じて手助けすることもない。わたしの怒りが募っているからだ。わたしが天にあるとき、星々はわたしがいることで混乱に陥ることは決してなく、星々はわたしのために心から働く。だから、わたしは彼らにさらに光を与え、彼らがより明るく輝くようにし、わたしのためにさらなる栄光を得るようにした。天が明るければ明るいほど、その下の世界は暗くなる。まことに多くの人々が、わたしの采配がふさわしくないと訴えた。実に多くの人々が、自分たちの王国を造るためにわたしを離れ、それをわたしへの裏切りに用い、今ある闇のありようを変えようとする。しかし、誰が自分の意思でそれを実現したのか。また、誰が自分の意思を成し遂げたのか。誰がわたしの手で采配されたものを翻せるのか。大地に春が広がるとき、わたしはひそかにかつ粛々と世に光をもたらし、地上で人間が空気の中に突然さわやかさを感じるようにする。しかし、まさにその瞬間、わたしは人間の目を覆い、もやが地上を覆っているようにしか見えないようにするので、人間も物もみな区別がつかなくなる。人々は、どうして光はつかの間しか続かなかったのかと、ため息をつくしかない。どうして神はもやもやと曖昧なものしか与えてくれないのか。人々が絶望していると、たちまちもやは消えるが、人々がほのかな光をみたと思ったとき、わたしは激しい雨を降らせ、人々は眠っている間耳が雷鳴で何も聞こえなくなる。慌てふためいても、隠れる暇もなく、大雨にのみ込まれる。たちまちのうちに、天の下のすべてのものは、わたしの激しい怒りの中、洗い清められる。人々はもはや、大雨の中も不平を言わず、みな畏敬の念をもつようになる。この突然襲ってきた雨のため、人々の大多数は天から降り注ぐ水に溺れ、水中の死体となる。わたしは全地球を眺めて、多くが目覚め、悔い改め、大勢が小舟で水の源を探し求め、多くがわたしの前にひれ伏して赦しを求め、多くが光を見、多くがわたしの顔を見、多くが生きる勇気をもち、全世界が変革されたのを見る。この大豪雨の後、すべてのものはわたしの心にあったものへと戻り、もはや不従順ではない。やがて、全地上が笑い声に満ち、地上のあらゆるところが賛美の雰囲気を醸し出し、わたしの栄光の及ばないところがなくなる。わたしの知恵は地上のあらゆるところにあり、全宇宙にあまねく。あらゆるものの只中にわたしの知恵の果実がみのり、すべての人々の只中にわたしの知恵の傑作が満ち満ちる。何もかもわたしの国にあるすべてのもののようである。すべての人々はわたしの天の下、わたしの牧場の羊のように安心して暮らす。わたしはすべての人々の上を動き、至る所を見ている。何一つ古びて見えるものがなく、誰一人かつてと同じ人はいない。わたしは玉座に座し、全宇宙にわたり横たわり、満ち足りている。すべてのものが聖さを取り戻し、わたしは再びシオンで安らかに暮らすことができるからだ。そして、地上の人々はわたしの導きの下、穏やかで満ち足りた生活ができる。諸国民は、わたしの手の中であらゆることを管理している。諸国民はかつての知性と本来の姿を取り戻した。彼らはもはや塵におおわれてはいない。わたしの国では、人々は翡翠のように純粋で、人の心の中の聖い者のような顔をもつ。わたしの国が人々の間に打ち立てられたからである。

1992年3月14日

前へ:第十五章

次へ:第十七章

他のお気に入り

  • 神を愛することだけが本当に神を信じることである

    今日、あなた方が神を愛し、知ろうとする時、ある意味であなた方は困難と純化に耐えなければならず、別の意味では、代償を払わなければならない。神を愛することから学ぶ教訓ほど意味の深い教訓はなく、人々が生涯抱き続けた信仰から学ぶ教訓は、いかに神を愛するかであると言える。つまり、神を信じるなら、神を愛さなけれ…

  • 神の働きと人間の実践

    人間の間で為される神の働きは、人間から切り離すことができない。なぜなら、人間はこの働きの対象であり、神によって造られたもののうち、神を証しすることができる唯一の創造物だからである。人間の生活と人間のあらゆる活動は、神から切り離すことができず、すべて神の手によって支配されており、神から独立して存在でき…

  • あなたは生かされているか

    あなたが正常な人間性を生きることを達成し、全き者にされたら、預言をしたり奥義について話すことができなくても、人間の姿を生き、表しているのである。神は人を造ったが、その後、人はサタンによって堕落させられ、この堕落が人々を「死人」にしてしまった。したがってあなたが変わった後、あなたは死人とは違うものにな…

  • 神の働きは人間が想像するほど簡単か

    あなたは神を信じる者の一人として、今日、終わりの日の神の働きやあなたに対する神の計画のすべての働きを受ける中で、あなたは神により引き上げられ、救いを受け取っていることを理解しなくてはならない。全宇宙における神のすべての働きは、この一群の人々に焦点を当てている。神はあなたがたにすべての努力を注ぎ、あな…