全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと全地球を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、このわずかな光に揺さぶられ、瞬時に幻覚から醒める。しかし、まだ誰もわたしの光が地上に降る日が訪れたことに気づいていない。大部分の人は、突然の光の到来に呆然としている。光の動きと光が近づいてくる方向を奇妙な魅了されたような目つきで見ている人もいる。あるいは、備えをして光に向かい、光が来る源をもっとはっきりと知ろうとする人もいる。いずれにしろ、今日の光がどれほど貴重なものか、誰か気づいただろうか。誰かその光の特異性に目覚めただろうか。大多数の人は、ただ混乱している。彼らは光のせいで目を傷め、泥の中に投げ倒されている。この星雲のような光のもとで、地球は混沌に包まれ、耐え難い惨めなありさまとなり、近づいて見ると、この上ない憂鬱で襲いかかってくると言うことができる。このことから、その光が最も強い時には、地球の状態は、人間がわたしの前に立つことができないようなものになることがわかる。人類はその光の輝きの中にいる。また、人類はその光の救いの中にいるが、同時に光が与えた傷を負ってもいる。光の激烈な衝撃の中で倒れ伏さない者がいるだろうか。光に焼かれることを免れる者がいるだろうか。わたしはこの手でわたしの霊の種を蒔きながら、宇宙のいたるところを歩いた。地上の全人類がそのために、わたしに動かされるようにである。天の最も高いところから、わたしは全地球を見下ろし、地上の被造物たちの奇怪で奇妙なありさまを眺める。海の表面は地震の衝撃を受けているように見える。海鳥が魚を見つけて飲み込もうとして、あちらこちらを飛び交っている。一方で、これは海底には全く知られていない。海面の状態は海底を目覚めさせることはできない。なぜなら、海底は第三の天のように穏やかだからである。ここでは生きるものたちは、大きいものも小さいものも調和のうちに共存し、けっして「口と舌の紛争」には関わらない。無数の奇怪で風変わりな現象の中で、人類はわたしを喜ばせることに最も困難を覚える。それはわたしが人間に与えた地位があまりに高く、そのため人間の野望は大き過ぎ、人間の目にはいつでも、ある程度の反抗心があるからである。わたしの人間への鍛錬、人間への裁きには、細心の注意、いたわりの思いが多くあったが、そうしたことについて人類は少しも思い至らない。わたしはどの人間も過酷に扱ったことはない。ただ、人類が不服従であったときには、ふさわしい罰を与え、そしてただ、人類が弱いときには、適当な助けを与えてきた。しかし、人類がわたしから遠ざかり、さらにサタンの欺きに満ちた策略を用いてわたしに逆らうときには、わたしは人類を直ちに滅ぼし尽くし、わたしの前でそのような能力を誇示する機会を誰にも与えない。もはや地球の表面において我が物顔に振る舞い、他人を脅かすことなどできないようにするためである。

わたしは地上において権威を振るい、わたしの働きの全体を展開する。わたしの働きの内のことはすべて地上に反映される。地上において人類はけっして、わたしの天国での動きを把握できなかったし、わたしの霊の軌跡や歴程を余すところなく熟考することもできなかった。人間の大部分は霊の実際の状態を理解することができず、霊の表面のごく小さな部分を把握しているに過ぎない。わたしが人類に求めていることは、天にいるわたしという曖昧な存在から来るのでも、地上にいるわたしという計り知れない存在から来るのでもない。わたしは地上にいる人間の背丈に応じて適切な要求をしているのである。わたしは誰をも困難な状況に置いたことはないし、わたしの楽しみのために「血を絞り出せ」と要求したこともない。わたしの要求は、そうした条件のみに制限されることがあり得ようか。地上の無数の被造物の中で、わたしの口にある言葉の性質に従わないのはどれであろうか。これらの被造物の中で、わたしの前に来たとき、わたしの言葉とわたしの燃える炎とで完全に焼き尽くされないものはどれであろうか。これらの被造物の中で、大胆にもわたしの前で誇らしげに自己を誇示するのはどれであろうか。これらの被造物のうちわたしの前に頭を垂れないのはどれであろうか。わたしは被造物に沈黙を強いるだけの神だろうか。わたしは、無数の被造物のうち、わたしの意図を満足させるものを選ぶ。人類の無数の人の中から、わたしの心を重んじるものを選ぶ。わたしは、すべての星々の中で最高のものを選び、そうして、わたしの国に微かな輝きを加える。わたしは地上を歩み、いたるところにわたしの芳香を放ち、あらゆるところにわたしの形を残す。一つひとつの場所がわたしの声の音色で反響する。いたるところの人々が過日の美しい眺めを懐かしく思い出す。全人類が過去を記憶しているからである。…

全人類はわたしの顔を見ることを願っているが、わたし自身が地上に降り立つと、みな、わたしの訪れを嫌い、光の近づくのを追い払う。まるで、わたしが天国で人間の敵であるかのようである。人間は警戒するような光を目にたたえわたしにあいさつし、常に警戒心をもち、わたしが他の企みをもっているのではないかと深く恐れている。人間はわたしを見慣れない友として見ているので、わたしに無差別殺人の意図でもあるかのようにわたしを見る。人間の目には、わたしは恐ろしい敵対者なのである。患難の中でわたしの暖かさを体験しても、人間はわたしの愛に気づかず、いまだにわたしを退け、わたしに逆らおうとする。人間がわたしに敵対しようとしているこの状態を利用するどころか、わたしは人間を温かい抱擁の中に包み込み、人間の口を甘味で満たし、その腹を必要な食物で満たす。しかし、わたしの激しい憤りが山々や河川を揺さぶるとき、わたしはもはや、人間の臆病さのために別の形の援助を与えることをしない。今この瞬間、わたしは怒りに燃え、あらゆる生き物に悔い改める機会を与えず、人間への希望をすべて捨て、人間にふさわしい罰を下そう。その時には、雷鳴がとどろき、稲妻がはためき、海原の波が怒りに荒れ狂うように、一万の山々が崩れ落ちるようになる。人間はその反抗心のせいで雷鳴と稲妻とに打倒され、他の被造物は雷と稲妻とで一掃され、全宇宙が突然混沌の淵に落ち、全被造物は生命の始まりの息を取り戻せない。無数の人間たちは雷鳴から逃れることができない。稲光がはためく中、群れをなした人間たちが次々に急流れに落ち込み、山々から流れ下る激流にさらわれていく。突然、人間の「終着点」に「人間」の世界が合流する。死体が広い海面を漂う。全人類がわたしの怒りにより、わたしからはるか遠くに去る。人間がわたしの霊の本質に対して罪を犯し、その反抗がわたしに対して罪を犯したからである。しかし、水のない場所では、他の人間たちは笑いと歌の中で、わたしが彼らに与えた約束をいまだに楽しんでいる。

全人類が静かになったとき、わたしはその目の前に微かな光を発する。すると、人々は頭がはっきりとし、目が明るくなり、沈黙していようとするのをやめる。そうして霊的感覚が直ちに心の中に呼び起こされる。その時、全人類はよみがえる。わたしの発する言葉によって生き残る新たな機会を得て、口には出さない恨みを捨て去り、すべての人間はわたしの前に来る。それは、人間はみな地上で生きたいからである。しかし、その中の誰がわたしのために生きる意図をもったことがあるだろうか。わたしを喜ばせるために、誰が自らの内にある素晴らしいものを明らかにしたことがあるだろうか。わたしの魅惑的な香りを誰が感じ取ったことがあるだろうか。人間はみな、粗雑なものである。外側は眩いばかりに見えるが、本質的には心からわたしを愛してはいない。なぜなら、人間の心の奥底には、わたしの極小の一部さえ存在したことがないからである。人間はあまりに不完全である。わたしと比べると、天と地ほどの違いがあるように見える。しかし、それでも、わたしは人間の弱くもろい点を突こうとは思わないし、欠陥をばかにしにして笑うこともしない。わたしの手は数千年もの間、地上で働きをしてきて[a]、その間ずっと、わたしの目は全人類を見守ってきた。しかし、一人の人間の生命もおもちゃのように扱おうと軽々しく奪ったことはない。わたしは人間の注いだ心血を見、人間の支払った代償を理解している。人間がわたしの前に立つとき、その無防備さを利用して懲らしめようとは思わないし、望ましくないものを人間に与えもしない。むしろ、わたしはひたすら人間に施し、与えてきた。そうして、人間が享受するものはことごとくわたしの恵みであり、わたしの手から出る賜物である。わたしがこの地上にいるので、人間はけっして飢えに苦しむことがなかった。それどころか、わたしは人間がわたしの手から享受するものを受け、わたしの祝福の中で生きられるようにする。すべての人類はわたしの刑罰の下に生きているのではないのか。山々は深いところに豊かなものを蓄え、水はその気まぐれな中に豊穣を秘めているように、わたしの言葉の内にきょう生きている人々には、ありがたく味わうそれだけ多くの食物があるではないのか。わたしは地上におり、人類は地上でわたしの恵みを享受している。わたしが地上を離れるとき、それはまたわたしの働きが完了する時でもあるが、その時には、人類は、弱いからといって私に甘えることはもはやない。

1992年3月16日

脚注

a.原文に「働き」の語は含まれていない。

前へ:第十六章

次へ:第十八章

他のお気に入り

  • どのように地上の神を知るか

    あなた方はみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなた方の多くが絶えず天の神の機嫌を取ろうとし…

  • 神の性質と神の業の結果を知る方法

    それではまず讃美歌を歌おう。神の国の賛歌(Ⅰ)神の国がこの世に降りてくる 伴奏:人々は神に歓声の声を上げ、神を誉め讃える。全て口が唯一の真の神の名を呼ぶ。神の国がこの世に降りてくる。 1.人々は神に歓声の声を上げ、神を誉め讃える。全て口が唯一の真の神の名を呼ぶ。人々は皆目を上げて神の業を見る。神の国…

  • 人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行くこと

    人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は神のなすことが何であれ彼に従うべきである。わたしがあなたがたにどんな道を示そうが、その道を歩むべきである。あなたには自分のために采配を下す術はなく、自…

  • 神の現れによる新時代の到来

    六千年間にわたる神の経営(救いの)計画が終わりを告げようとしている。そして、神の国の門は神の現れを求める人々にすでに開かれている。兄弟姉妹たちよ、何を待っているのか。あなたがたが探し求めているものは何か。神の現れを待っているのか。神の足跡を探し求めているのか。ああ、神の現れがどれほど慕わしいものか。…