真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる(続編)--聖書の物語

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神と聖書によるヨブの評価

(ヨブ記1:1) ウヅの地にヨブという名の人があった。そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。

(ヨブ記1:5)そのふるまいの日がひとめぐり終るごとに、ヨブは彼らを呼び寄せて聖別し、朝早く起きて、彼らすべての数にしたがって燔祭をささげた。これはヨブが「わたしのむすこたちは、ことによったら罪を犯し、その心に神をのろったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつも、このように行った。

(ヨブ記1:8)主はサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。

……

ではまず、ひとつめの聖句を読もう。「ウヅの地にヨブという名の人があった。そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。」。聖書における最初のヨブの評価は、ヨブ記の著者によるヨブへの賞賛である。当然、それは人のヨブに対する評価である。つまり、「全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった」という評価である。次に、神のヨブに対する評価を読もう。「ヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にない」(ヨブ記1:8)この2つのうち、ひとつは人間によるもの、もうひとつは神によるもので、同じ内容に対するふたつの評価である。ここで分かることは、ヨブの振る舞いと行動は人間に知られており、神に賞賛されていたということである。つまり、ヨブの行いは、人の前でも神の前でも変わらなかったということである。ヨブは常にその振る舞いとその動機を神の前に明らかにして神が見ることができるようにしており、また神を畏れて悪を避けた。それゆえ、神の目には、ヨブは地上で唯一完全で正しく、神を畏れ悪を避ける人間だった。

ヨブが日々、神を畏れ悪を避けていたことを示す描写

次に、ヨブが神を畏れ悪を避ける具体的な例を検討する。ヨブ記1:5をその前後の句を含めて読んでみよう。この聖句は、ヨブが神を畏れ悪を避けた様子を具体的に示している。そこから、ヨブが日々の生活の中でどのように神を畏れ悪を避けたかが分かる。特筆すべきは、ヨブは神を畏れ悪を避けるために自分がすべきことをしただけでなく、自分の息子たちのためにも定期的に全焼のいけにえをささげた。祭りを祝う間に「罪を犯し、その心に神をのろった」のではと心配したのである。この不安はヨブのどのような面に表われたであろうか。聖書には次のように書かれている。「そのふるまいの日がひとめぐり終るごとに、ヨブは彼らを呼び寄せて聖別し、朝早く起きて、彼らすべての数にしたがって燔祭をささげた」。ヨブの行動から、彼の神への畏れは表面的なものではなく心の内側から出ているものであり、彼の日々の生活のあらゆる側面に神に対する畏れが常にあったことを見ることができる。彼は悪を避けただけでなく、自分の息子達のためにしばしば全焼のいけにえを捧げていたことがそれを示している。言い換えれば、ヨブは神に対して罪を犯し心で神に背くことを深く恐れていただけでなく、息子達が神に対して罪を犯し、心で神に背くことを憂慮していたのである。このことから、ヨブの神への畏れは非の打ち所がない真実なもので、それは誰にも疑う余地がなかったことが分かる。ヨブは時折こうしていたのだろうか、それとも頻繁にだろうか。聖句の最後に、「ヨブはいつも、このように行った。」とある。これは、ヨブが時折息子達の様子を見に行ったり、気が向いた時にだけ様子を見に行ったりしていたのではなく、祈りの中で悔い改めていたのでもない。ヨブは定期的に息子達を送り出して聖別し、息子達のために全焼のいけにえを捧げた。ここで言う「いつも」は、ヨブが1日か2日、もしくはほんの一瞬そのようにしたということではない。ヨブの神に対する畏れは一時的なものでもなく、知識だけのものや口先だけのものでもなく、神を畏れ悪を避けることによってヨブの心は導かれ、ヨブの振る舞いを決定していた。そしてそれはヨブの心の中で、自身の存在の根源となっていた。ここから、神を畏れ悪を避けるということがヨブの心の中にどれだけ多くの比重を占めていたかが分かる。ヨブは恐怖と不安を感じていたので、いつもそのようにした。つまり、神に対して悪を行ない、罪を犯し、神の道から外れて神に満足していただけないことを恐れたために、いつもそのようにしたのである。同時に、ヨブは息子、娘達が神の怒りを招いたのではないかと心配した。ヨブの通常生活における行いはこのようであった。この通常の行いこそが、ヨブの「神を畏れて悪を避ける」という表現が無意味ではなく、実際にそのように生きたことを証明する。「ヨブはいつも、このように行った」。この言葉はヨブが日々神の前にどのような行いをしているかを示している。ヨブがいつもこのように行動していた時、ヨブの振る舞いと心は神に届いただろうか。そうであれば、どのような状況で、どのような背景で、ヨブはそのようなことを続けたのだろうか。一部の人たちは、神が頻繁にヨブに現れたからだと言う。た、悪を避けるためにそうしたのだと言う人たちもいる。さらには、ヨブの富は簡単に手に入ったものではなく、神に与えられたものだと知っていたので、神の怒りを買うことで富を失うのを恐れたのだと言う人たちもいる。この中に正解はあるだろうか。どれも明らかに違う。なぜなら、神がヨブに関して受け容れ、尊いと感じたのは、ヨブがいつもそのようにしていたということではなく、サタンの手に渡されて誘惑された際にヨブが神、人、そしてサタンに見せた振る舞いであったからだ。以下に示す箇所は最も説得力のある証拠である。ここに神のヨブに対する評価の真実が示されている。続けて、以下の聖句を読んでいこう。

『言葉は肉において現れる(続編)』より

前へ:人類に対する創造主の真の思い

次へ:サタンがヨブを初めて誘惑する(ヨブの家畜が盗まれ、ヨブの子供たちに災いが降りかかる)

他のお気に入り