終わりの日のキリストから発せられる言葉(選集)

目次

十九番目の言葉

わたしの言葉を自身の生存の基とするのが人間の正しい責務である。人間は、わたしの言葉のすべての部分において自身を形作らなければならない。そうしなければ、自分で問題を起こすことになり、自ら滅びを招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、自分のいのちをわたしに捧げるのではなく、わたしの前でがらくたを手に、意気揚々と歩き回り、それでわたしを満足させようとするだけなのだ。しかし、わたしは、そうしたものに満足せず、人々に要求し続ける。わたしは人間からの捧げ物を愛するが、ゆすりは憎む。人間はみな貪欲さに満ちた心をもっている。人間の心は悪魔の奴隷になっているようなもので、自由になって心をわたしに捧げることができない。わたしが話すとき、人間は一心にその声に耳を傾ける。しかし、話すのをやめると、また自分なりの「事業」にとりかかり、わたしの言葉に従うことをすっかりやめてしまう。まるで、わたしの言葉が自身の「事業」の従属物ででもあるかのように。わたしは、けっして人間をいい加減に扱うことをしなかった。また、人間に対して長い間忍耐し、寛大であった。そこで、わたしが寛大であったために、人間はみな傲慢になり、自己を知ること、自らを省みることができないで、わたしの忍耐を利して、わたしを欺こうとする。そうした者たちの一人も心からわたしを思わず、誰一人、わたしを大切に心に抱きはしなかった。たまたま暇な時にだけ、おざなりに、わたしについて考える。わたしが人間に注いだ努力は、すでに計り知れないものである。わたしはかつてないほどの働きを人間にしてきた。そしてそれとは別に、さらに人間に重荷を与えた。わたしの持っているものとわたしであるものから認識を得て変化するようにと。人間を単なる消費者にするためではなく、サタンを打ち負かすことのできる生産者にするために、そうしているのだ。わたしは人間に何も要求しないが、それでも、わたしの要求することには基準がある。それは、わたしの行うことには目的があり、根拠があって、それに基づいて行動するためだ。わたしは、人間が想像しているように、恣意的に好き勝手なことをしているわけではない。また、気まぐれに天と地と、無数の被造物を形作っているわけでもない。わたしの働きに、人間は何かを見、何かを得るはずである。人間は若い「青春」の日々を無為に過ごしたり、命を、まるで塵が積もるに任せた衣類のように扱ってはならない。人間は、わたしのためにもうサタンの側には戻れないようになるまで、そして、わたしのためにサタンに攻撃を仕掛けるようになるまで、わたしが彼らのために用意した富を享受し、自身の守りを固めていなければならないのだ。わたしが人間に求めているものは、このように単純なことではないのか。

ほのかな光が東にさすと、全宇宙にいる多くの人々は、そのときだけ、東の光に注意を向ける。もはや眠りに沈んではおらず、人類は東の光の出ている方を眺める。しかし、人間の能力の限界のため、誰一人、光の源を見極めることができない。全宇宙のすべてがすっかり照らし出されると、人間は眠りと夢とから醒め、わたしの日がゆっくりと訪れようとしていることを知る。人間はみな、光の到来を祝う。また、もはや眠りこけていないし、無感覚でもない。わたしの光の輝きの下、すべての人間の心と目が見えるようになり、突然、生きる喜びに目覚める。わたしは霧に身を包み、その中から人間たちを見る。動物たちはみな休んでいる。ほんのりと光が現れたことですべての被造物は、新たな生活が来ようとしていることを知る。そのため、動物たちもみな、食物を求めて、洞窟から這い出る。植物も、もちろん、例外ではない。まばゆい光の中で緑の葉がつやつやと輝き、わたしが地上に降り立つ時には、それぞれがわたしに捧げ物をしようと、待っている。人間はみな光の到来を願っているが、それでも、みな、降臨を恐れている。自分たちの醜さがもはや隠されないことを心配しているのだ。人間は裸で、身を覆うものがないためである。どれほど多くの人々が光の到来に狼狽し、光が現れたことに衝撃を受けることか。どれほど多くの人々が光を見て恐ろしい後悔に襲われ、自分の汚れた状態を忌み嫌うことか。しかし、すでに起こってしまった事実を変えることはできない。わたしの下す判決を待つしかないのだ。どれほど大勢の人々が、闇の中で苦しむことで練られていたのが、光を見て突然、その深い意味に気づき、胸の内に光を抱きしめ、二度と失うまいとすることだろう。どれほど大勢の人々が、突然現れた光に、それまでの道筋から外れることなく、ただ、当面の日常生活をこなすだろう。そうした人々は、長年目が見えなかったので、光が訪れたことに気づかず、それを喜びもしない。人間の心には、わたしは高くも低くもない。人間に関する限り、わたしが存在するかどうかは、どうでもいいことなのだ。わたしが存在しないのなら、人間の生活がこれ以上孤独になることはないし、存在したとしても、それで楽しいことがあるわけでもないのだ。人間はわたしを愛さないから、わたしから得られる喜びはごく少ないのだ。しかし、人間がごくわずかでもわたしへの愛を示すなら、わたしもまた、人間に対する態度を変えよう。だから、人間がこの原則を把握してはじめて、その時、自らをわたしにささげて、わたしの手の中にあるものを要求することができる。まことに、人間のわたしへの愛は、自分の興味だけによるものではないのだろうか。まことに、わたしへの信仰は、わたしの与えるもののため、ということではないのだろうか。わたしの光を見るまでは、人間が信仰によって心からわたしを愛することはできないということだろうか。まことに、人間の強さと活力とは、今日の状態に制限されてはいないだろうか。人間がわたしを愛するためには、勇気が必要なのだろうか。

わたしの存在を頼りとして、無数の被造物が、それぞれの場所でわたしに従い、わたしのしつけがなくとも、放埒な行為にふけりはしない。だから、山々は陸で国々の境界となり、海は陸と陸との間で人々を隔てる。そして、空気は、地の上で人と人との間を流れるものとなる。人間だけが真にわたしの心の要求することに従うことができないでいる。だから、すべての被造物の中で人間だけが不服従の者とされているのだ。人間はけっして真にわたしに従うことがなかった。そして、そのために、わたしは人間を厳しい指導下においてきた。人類のただ中にあって、わたしの栄光が全宇宙に広まるなら、わたしは必ずや、わたしの栄光すべてを人類の前に示そう。人間は汚れているため、わたしの栄光を目の当たりにするには相応しくないため、わたしは数千年もの間、けっして姿を現さず、隠れていた。そのため、わたしの栄光がかつて人類の前に示されることはなかった。そして、人間は常に罪の深い淵に沈んでいた。わたしは人類の不正を赦してきたが、人間は自己を守る方法を知らない。そして、いつでも罪を犯したがり、罪のために自らを損なってきたのだ。これは人間には自尊心や自己愛が欠けているということではないか。人間たちの中に、真に愛することのできる者がいるだろうか。人間の忠誠心はどれほどささやかなものなのか。粗悪品がいわゆる本物の中に混じっているのではないか。人間の忠誠心は、まったくの玉石混交のごたまぜではないのか。わたしが求めるのは、人間の全き愛である。人間はわたしを知らず、わたしを知ろうとしても、ほんとうに真心をささげはしない。人間が与えようとしないものを、わたしは奪おうとはしない。人間が忠誠心を捧げるなら、わたしは遠慮などしてみせずに受け取る。しかし、人間がわたしを信頼せず、わずかばかりも自身をささげることがないのなら、そのことで怒りをつのらせるよりは、ただ何か別の方法で捨て、ふさわしい場所に送る。雷が空に轟き渡り、人間を打ち倒す。高い山々は崩れ、人間を埋める。飢えた野獣たちが人間をむさぼり食う。そして、海の大波が人間の頭の上を閉ざす。人類が兄弟同士での殺し合いをしているとき、人間はみな、自分たちがもたらした災いの中、自らを滅ぼそうとしているのだ。

神の国は人間たちの間で拡大する。神の国は人間たちのただ中で形作られている。神の国は人間たちのただ中に建てられている。どんな力もわたしの国を破壊できない。今日、国にいるわたしの民のうち、誰が人間たちの中にあって、人間ではないのだろうか。あなたがたの誰が、人間である状態の外にあるのか。わたしの新たな出発点がもろもろの者たちに告げられたとき、人々は、どのように反応するだろう。あなたがたは、その目で人類の有様を見てきた。まことに、いまだ、この世界で永遠に存在を続けようという希望は抱いていまい。わたしは今、わが民の間を歩き回り、わが民の中で生きている。今日、わたしに本物の愛情をもっている人々は幸いである。わたしに服従する者は幸いである。その人たちは必ずや、わたしの国にとどまる。わたしを知る者は幸いである。その人たちは、必ずや、わたしの国で権力を持つであろう。わたしを追い求める者は幸いである。その人たちは必ずやサタンの縛めを逃れ、わたしの内に祝福を楽しむだろう。自らに背くことのできる者は幸いである。その人たちは、必ずやわたしのものとなり、わたしの国の富を相続するであろう。わたしのために走り回る者を、わたしは覚え、わたしのために自ら持つものを費やす人を、わたしは喜んで抱こう。わたしに捧げ物をする人に、わたしは喜びとなるものを与えよう。わたしの言葉に喜びを見出す者を、わたしは祝福する。その人たちは必ずや、わたしの国の棟木を支える柱となる。その人たちは、必ずやわたしの家で何物も及ばない富を得、並びなき者となる。あなたがたは、与えられた祝福を受け入れたことがあるか。あなたがたは、自分に対して結ばれた約束を探したことがあるか。あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の拘束を打ち破るだろう。あなたがたは、絶対に、闇のただ中にあって、あなたがたを導く光を失いはしないだろう。あなたがたは、必ずや、すべての被造物の主人となる。あなたがたは、必ずや、サタンの前で勝利する。あなたがたは、必ずや、赤い大きな竜の国が滅びるとき、無数の者たちの中で立ち上がり、わたしの勝利を証しする。あなたがたは、必ずや、秦の国にあって、堅固で揺るぎないだろう。あなたがたの耐え忍んだ苦しみによって、あなたがたはわたしからの祝福を相続する。そして、必ずや、全宇宙においてわたしの栄光に輝くだろう。

1992年3月19日