第十四章

世々を経て、人間は一人も神の国に入っていない。だから、誰一人神の国の時代の恵みを享受していない。だれひとり神の国の王を見ていない。わたしの霊の光の中で多くの人が神の国の美しさを預言したが、彼らが知っているのは外観だけで、内側のすばらしさは知らないのだ。今日、地上に神の国が現実に存在するようになっても、ほとんどの人間は、神の国の時代に何が成し遂げられるのか、どこに人間は最終的に連れて行かれるのかを知らない。これについて、残念なことに、人間はみな混乱しているようだ。神の国の実現する日がまだ完全に来ていないため、すべての人間は混乱していて、はっきり見ることができない。神性におけるわたしの働きは、神の国の時代とともに正式に始まる。神の国の時代の正式な開始とともにわたしの性質が徐々に人間に示される。そうして、その時に聖なるラッパが正式に響き出し、あらゆるものに告げる。わたしが正式に権力を握り、神の国の王として支配すると、わが民はみな、やがて、わたしによって完全にされる。世界のすべての国々が分裂すると、そのときこそ、わたしの国が確立され、形作られ、また、わたしが変容して全宇宙に向き合うときである。その時、すべての人はわたしの栄光の顔、わたしの真の顔つきを見る。世界の創造以来、サタンによる人間の堕落から、人間が今日堕落している度合いに至るまで、人の目から見て、わたしはますます隠され、ますます計り知れないものになっていったのは、その堕落のためだった。人間はけっしてわたしの真の顔を見たことがないし、けっしてわたしと直接接することがなかった。人間の想像した「わたし」は、聞き伝えや神話の中にだけいた。だからわたしは、人間の想像力、つまり、人間の観念に合わせて、人間の考える「わたし」に取り組み、彼らが永きにわたって抱いていた「わたし」というものを変える。これがわたしの働きの方針だ。これを知り尽くすことのできた人間は、ただの一人もいない。人間はわたしにひれ伏し、わたしの前に来て拝んだが、わたしはこのような人間の行いを喜ばない。人々が心に抱いているのはわたしの姿ではなく、わたし以外の者の姿だからである。ゆえに、彼らにはわたしの性質に関する認識がないので、わたしの素顔にまったく気づかない。したがって、わたしに抵抗したり、わたしの行政命令に違反したりしたとしても、わたしはやはり見ないことにする。そこで、人間の記憶では、わたしは人々を罰するのでなく、むしろ慈悲を示す神であるとか、言うことが当てにならない神自身だということになっている。そうしたことはみな人間の考えから生み出された想像であり、事実と一致していない。

日々、わたしは立って宇宙を観察し、自分のすみかに謙虚に身を隠しながら人間の生活を経験し、人のあらゆる行いをよく観察する。誰一人、本当に自身をわたしに捧げたことがない。誰一人、真理を追求した者はない。誰一人、わたしに対して真面目であった者はない。誰一人、わたしの前で誓いを立て、本分を果たした者はない。誰一人、わたしをその内に宿らせた者はいない。誰一人、自分の命と同じくらいにわたしを大事にした者はいない。誰一人、わたしの神性のすべてを実際に目にした者はいない。誰一人、実践の神自身とやりとりをしようとしない。水が人間をそっくり呑み込むと、わたしは淀んだ水から救い出し、新たに生きる機会を与える。人間が生きる自信を失うと、死の瀬戸際から引き戻し、生きる勇気を与え、わたしを存在の基礎とするようにする。人間がわたしに不服従であるとき、わたしはその不服従の中でわたしを知るように仕向ける。人間の古い本質を考慮し、わたしの哀れみにより、人間を死に至らしめるよりは、悔い改めて新たに始めさせる。人間が飢饉に苦しむと、一息でも残っていれば、わたしは彼らを死から奪い、サタンの罠に陥らないようにする。何度、人々はわたしの手を見ただろう。何度、人々はわたしの親切な顔、笑顔を見、何度、わたしの威厳、わたしの怒りを見ただろう。人間は、けっしてわたしを知らないのだが、わたしは彼らの欠点につけ込んで無用な厄介事を引き起こしはしない。人間の困難を経験したため、わたしは人間の弱点に同情する。人間の不服従、忘恩に対してだけ、わたしは程度に応じて刑罰を下す。

わたしは、人間が忙しい時には身を隠し、暇な時に姿を現す。人間は、わたしのことを博識で、あらゆる願いをかなえる神自身であると思っている。だから、たいていは、わたしを知りたいという欲求からではなく、神の助けを求めてわたしの前に来る。病の苦しみにあるとき、人間はわたしにあわてて助けを求める。困難な状態にあるとき、人間は、自分たちの難儀を除くことをひたすらに願って、自分たちの苦しみについて打ち明ける。しかし、安楽な状態にあるときにわたしを愛せた者は一人もいない。安らかで幸福な時に、喜びを分かち合おうと、わたしに手を差し伸べた者は一人もいない。自分のささやかな家庭が幸福で安らかな時、人々は家庭の幸福を享受できるよう、ずっと前からわたしを押しのけ、あるいは戸口から締め出し、入れないようにしてきた。人間の心はあまりに狭いので、愛情深く、慈悲深く、親しみやすい神であるわたしを受け入れさえしない。楽しい笑いの場で、何度、わたしは人間に拒絶されたことか。人間が倒れたとき、何度、彼らはわたしを支えにしようと、寄りかかってきたか。何度、病に苦しむ人間に、医者の役目を強いられたか。人間とは何と残酷なのだ。まったく理不尽で不道徳だ。人間が備えているはずの感情でさえ彼らの中に感じられない。彼らには人間性の痕跡がほとんどない。過去を振り返り、現在と比べて見よ。あなたがたの内に変化が起こっているだろうか。現在において、その過去はますます作用しなくなっているか。それとも、その過去はまだ置き換えられていないのか。

いたるところを、わたしは移動し、世の浮き沈みを経験した。わたしは人々の間を歩き回り、人々の中で長い間暮らした。しかし、人間の性質はほとんど変わらないようだ。そして、まるで人々の古い本性が根付き、成長しているようなのだ。彼らはけっして古い本性を変えられず、もともとの基礎にあったものを向上させているだけだ。よく言うように、本質は変わっていないが、形式はずいぶん変わっている。人々はみな、うまくごまかしてわたしに気に入られようと、わたしを騙して惑わそうとしているようだ。わたしは、人間の企みなど見ないし、注意を払いもしない。憤るよりは、わたしは見ても見ないふりをする。わたしは人にある程度の余裕を与え、その後すべての人間をまとめて取り扱うつもりだ。人間はみな自尊心のない無価値な恥知らずで、自分を大事にすることがないのだから、どうしてわたしが新たに慈悲と愛を示す必要があるのか。例外なく、人間は自分を知らず、自分がどれほどのものか、わかっていない。彼らは重さを測るために秤に乗らなければいけない。人間はわたしを無視しているのだから、わたしも彼らをまともには扱わない。人間はわたしに無関心なのだから、わたしも彼らのためにこれ以上努力して働きを行なう必要はない。これは両者にとって得なことではないか。それがあなたがたの姿なのではないか、わが民よ。わたしの前で誓いを立て、後になってそれを捨てない人がいたか。わたしの前で、しきりにあれこれ誓いを立てるのではなく、長きにわたる誓いを立てた人がいたか。人間はいつでも安楽な時には、わたしの前で誓いを立てるが、苦しい時には、それをみな取り消す。後になって、またその誓いを取り上げて、わたしの前に置く。わたしは、まったく尊敬に値しないから、人間がゴミの山から拾ってきたクズを気楽に受け入れるというのだろうか。自分の誓いを堅持する人間は、ほとんどいない、慎み深い人は、ほとんどいない。また、最も大事なものをわたしのために犠牲にする人も、ほとんどいない。あなたがたはみな、こういうふうではないのか。わたしの国でわが民の一員として自分の本分を尽くせないのなら、わたしに嫌われ捨てられる。

1992年3月12日

前へ: 第十三章

次へ: 第十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない

あなたは宗教的慣習をいくつ守っているだろうか。神の言葉に逆らって、自分の道に行ってしまったことが何回あるだろうか。神の重荷を真に考慮し、神の旨が成就されることを求めて、神の言葉を実行したことが何度あるだろうか。神の言葉を理解して、それを実行に移しなさい。すべての行動と行いに原則を…

第二十七章

人間の行いがわたしの心を動かしたことは一度もないし、貴重だという印象をわたしに与えたこともない。人の目には、わたしがいつもその人に対して厳格で、いつも権威を振るっているかのように映っている。人のあらゆる行為のうち、わたしのためになされるものはほとんどないし、わたしの目の前で確固た…

神の働きと人間の実践

人間の間で為される神の働きは、人間から切り離すことができない。なぜなら、人間はこの働きの対象であり、神によって造られたもののうち、神を証しすることができる唯一の創造物だからである。人間の生活と人間のあらゆる活動は、神から切り離すことができず、すべて神の手によって支配されており、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索