全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理を理解することでのみ識別力をもてる

2

山東省莱芜市 依冉

しばらく前、私は教会の人事異動の原則を理解しておらず、教会が指導者を解任した際に心の中で観念が生じました。私の知る限り、解任された姉妹は真理を受け止めることにも、それについて交わることにも非常に優れており、自身の堕落の表われについてもさらけ出せる人でした。ですから、真理を強く求めた人がなぜ解任されてしまうのかが理解できませんでした。彼女は自身の堕落の表われについて語り過ぎてしまい、真理を追い求めていないと指導者に誤解されて解任に至ったのでしょうか。これが本当であれば、真理を求めていた人に対する訓練の機会が絶たれてしまったのではないでしょうか。

この件について当惑していたところ、教会が発行した働きの手引きで次の一節を読みました。「神の家族は人をその本質に従って訓練し、用いることを決定します。本質が真理を求めるものであれば、神の家族は決してその人を諦めません。進んで真理を求める気があれば、その人には間違いなく変化が生じます。本質が真理を求めるものではなく、自身の本分に怠慢で、正しい道を歩んでいないとすれば、その人には訓練する価値がないだけでなく、神もその人を完全なさることはできません。神が完全になさろうとしない人は、神の家族も訓練することはできません……従って、人々の扱いは、神の働きにおける要件と人々の本質に従う形で取り組む必要があります。これが神と共に働き、真に神に仕える唯一の効果的な方法です。この効果的な神との働き方が適用されなければ、神の働きを乱し、神の御心にも完全に反することになります」(全能神教会働きの手引き選集「いくつかの問題についての交わり」より)。この言葉の意味を理解しようと反芻したところ、教会が誰かを昇進させる場合も、解任する場合も、そこには原則が働いていることを理解しました。また、神様の働きの要件と人々の本質に従う形で取り組みが行なわれ、やみくもに人を使ったり、解任したりしているわけではないこともわかりました。しかも、教会は何らかの堕落を表わしたからといってその人を解任したりはせず、各々の本質を基にして物事を決断します。本質が真理を求めるものであれば、教会はその人を絶対に諦めません。真理を求めている人を放っておいたり、破滅させたりすることは決してないのです。そこで、私は神様の御前に出て祈り、導きを求めました。「ああ、神様。私はサタンによってとても深く堕落させられ、あなたの働きをまったく理解しておらず、真理と決して相容れない観念や観点を抱いています。今日、あなたの導きにより、教会は人の選抜であろうと、訓練であろうと、解任であろうと、あなたの働きの要件と人々の本質に従う形でそのすべてに取り組んでいることをようやく理解しました。しかし、私は依然として解任された姉妹の本質を完全に理解していないので、教会の采配に納得がいきません。どうか私をお導きください。今後働く中で、逸脱や過ちのためにあなたの働きを乱すことがないよう、どうかはっきり見えるようにしてください。」

神様に祈りを捧げた後、働きの手引きを手に取り、神様の導きの下、次の言葉を読みました。「真理を求める人は神の御言葉を読むことで、自分の堕落した状態を神の御言葉と照らし合わせて評価することができます。神の御言葉について交わることは、単に神の御言葉を理解することについて話し合うだけでなく、自分自身を理解することについて話し合うことでもあります。いかなる堕落が表わされようと、率直に話し合うことで兄弟姉妹が何らかの真理を得られると同時に、自分の堕落を解決することができます。これは人々を神の御言葉に導く最適な方法でもあります……神の御言葉の文字通りの意味しか語らず、現実を欠く人は、神の家族の指導者となるにはふさわしくありません。このような指導者や働き手は解任されるべきです」(全能神教会働きの手引き選集「神に仕えるにはあらゆる人を識別する方法を学ばなくてはならない」より)。心から真理を求める人は、神様の御言葉を読むことで、自分の堕落の状態をそれに照らし合わせて判断でき、神様の御言葉の本質を真に理解でき、そして自分の堕落の本性と本質についても真に理解できることが、これらの言葉からわかりました。このような人の交わりは、人が歩むべき真の道を明らかにし、人を神様の御前に導くことができます。さらに、他者の問題を解決しながら自分自身の問題を解決できるだけでなく、自分自身のいのちの入りと性質の変化に集中することもできます。

この時、解任された姉妹の頑固なふるまいや働き方を詳しく思い出してみました。他者の問題を解決するとき、彼女はよどみなく雄弁に語り、理性と説得力に満ちた言葉遣いをしていましたが、自分自身のいのちの入りにまつわる困難は解決しておらず、それどころか独善的に生き、非常に誇り高く、あらゆる仕事を上手くこなしていると信じていました。実際には、彼女の働きはひどいものでした。彼女が受け止め交わっていたものが本当に真理の本質に関する理解だったなら、なぜその理解を用いて自分を救うことができなかったのでしょう。指導者が彼女の誤った状態を指摘し、彼女の働きに潜む深刻な問題を真剣に受け止め分析した上で、それについて彼女と話し合った時も、彼女は表面的には何度もうなずき、だいたいにおいて指導者の言葉を受け入れ、その通りにする意思を見せていたにもかかわらず、原則に反して密かにそれまでのやり方にこだわり、自分の好きなように物事を行なって、またしても働きに害を及ぼしてしまいました。取り扱われた時も、表面上は深く後悔しているように見えましたが、結局何も変わりませんでした。自分自身への理解について語り、自分自身の堕落をさらけ出していましたが、結果として人々に自分を尊敬させ、感服させ、人々を自分の前に集めていました。彼女の物事をさらけ出すだけのやり方では、人々に何の益をもたらすこともできませんでした。それは人々を傷つけ、欺くことしかできなかったのです……彼女の頑固な振る舞い方を見ていると、長年働き、文字どおりの理解を数多く備えていたものの、いのちの性質には何の変化も起きていなかったことが分かります。それどころか、より傲慢かつ高慢な人になってしまったのです。いま私は、彼女が真理を求める人でも、純粋な真理を受け止めたり、的確に交わったりする人でもなかったことに初めて気づきました。彼女が訓練に値しなかったことは間違いなく、同じ立場にあり続けていれば、教会の働きの妨げとなり、兄弟姉妹を傷つけていただけでしょう。彼女が解任されたのはまさに神様の義であり、彼女を救う上でより適切な手段だったのです。そうしなければ、彼女は依然として自分の外観に騙され、自分のやり方の過ちを見出すことができず、結果として神様の懲罰を受けることになっていたでしょう。

この件を通じて初めて、自分は働きの手引きと真理の文字通りの意味に集中し、理論的な知識しかもっておらず、どれだけ真理を理解していなかったかがわかりました働きの手引きにある神様の御心を把握することに集中していなかったのは間違いなく、真理についての本質的な認識も有していませんでした。ゆえに、私は人の本質を完全に理解することができない状態に陥っていただけでなく、それどころか、真理を求めていた者が誤って解任されてしまったなどと傲慢にも頭を悩ませていたのです。

ああ、神様。あなたの啓示と導きに感謝いたします。おかげで自分の貧しさと盲目に気づき、いかに哀れだったかを知りました。また、真理がなければ物事の本質を完全に理解することなどできず、外観に騙されるだけだということにも気づきました。真理を理解することでのみ、人は本質的な働きを立派にこなすことができるのです。ああ、神様。今日からは真理の追求により多くの努力を傾け、あらゆる物事においてあなたの御心を求め、あなたのお求め通りに物事を行ない、すくにでもあなたのお役に立てるようになりたいと思います。

関連した内容

  • 個人的な復讐の本質

    しかし、会話の中で、彼は私に面子を失くさせるようなことを言ったため、私は彼に対する考えを即座に変えて、もうそうしないことにしたのです。これは、まさに個人的な復讐のための職権乱用ではなかったでしょうか。この行為は、異議を唱える人を差別したり、攻撃したりする赤い大きな竜と何が違うと言うのでしょうか。

  • 正直な人になることは簡単ではない

    神様の御言葉を読んだり説教に耳を傾けたりすることを通じ、信仰において正直な人になることを追い求める重要性と、人は正直な人になって初めて神様に救っていただけることを理解するようになりました。かくして自分も実生活で正直な人になろうと実践を始めました。

  • 聖霊は原則に沿って働かれる

    神様が一人ひとりを啓かれる時期というものはあるけれども、人間に対する聖霊の働きには原則があるということに、今ようやく気がつきました。人間自身には、神様とともに積極的に、前向きに働くことができるよう、渇望して求める心がなければいけないのです。

  • 傲慢な性質を変える方法があります

    河南省鄭州市 小塵 私の致命的な欠点は傲慢であることです。常に、自分のほうが他人よりも秀でていると考え、傲慢な性質が頻繁に現れることがありました。特に、私が記事を修正している時や、パートナーと働きについて伝えている時、自分の意見に常に固執し、他者の意見を謙虚に聞き入れることはありませんでした。パート…