タグ:66神と神の働きを認識する人こそ神の意にかなう人である

16

3月
神と神の働きを認識する人こそ神の意にかなう人である 神が受肉することによって行う仕事には二つの部分が含まれている。初めて受肉した時、人は彼を信じず、また知らなくて、イエスを十字架につけてしまった。二回目に受肉したが、人はやはり彼を信じず、なおさら彼を知らなくて、キリストを再び十字架につけてしまった。人はみな神の敵ではないか。神を知らない人はどう ...