タグ:103第六篇の言葉

03

8月
第六篇の言葉 霊の中の事の上で細心であるべきであり、わたしの言葉を重んじるべきであり、本当にわたしの霊と肉体、わたしの言葉と肉体を分割できない統一体と見なすことができるようにすべきである。それは、あらゆる人がわたしの前でわたしを満足させることができるためである。わたしは足で万有を踏まえて、宇宙の全景を見渡したことがあり、あらゆる人の間を歩い ...