タグ:086働くことと進入すること(六)

10

7月
働くことと進入すること(六) 働きと進入はみなもともと実際的であり、神の働きと人の進入を指すのである。人が神の元来の姿、神のする仕事を全然見極められないので、それは人の進入に極めて大きな困難をもたらした。今になっても、多くの人はやはり神が世の終わりにどんな仕事をなし遂げるかを知らず、また、神がどうして極めて大きな屈辱に耐えながらも肉体の中に ...