神の現れが持つ意義

神の現れとは

御業のため神降ること。

神の身分、性質保ち、

神の方法で、

神は降る

時代始め、

幕引くため

現れは徴でも、幻や奇跡でもない

ましてや儀式などでもなく

宗教的なものでさえなく

それは実際に見て触れることのできる事実である

この現れは御業の手順踏むためや

早く終わらせるためではない。

むしろ、神の救いの計画の段階だ。

神が現れる時

必ず意味あり、

いつも御業の計画につながり持っている

この現れは神が人を導くものや人を説き悟らせる

そんなものでもない

一段階ごとの偉業のためである。

この働き、どの時代とも異なる。

人には未だ経験も、想像さえも

想像さえも

時代の幕が開け

幕が引かれる

人類救う次なる働き

人を新時代へ導く。

これが神の現れの意義だ。

『言葉は肉において現れる』より