真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

目次

1.救われているとは何か。救いとは何か。

聖書の言葉

信じてバプテスマを受ける者は救われる。しかし、不信仰の者は罪に定められる。(マルコによる福音書16:16)

これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。 (マタイによる福音書26:28)

わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。 (マタイによる福音書7:21)

関連する神の言葉

人間は主イエスを救い主であると認めるだけで罪が赦されるようになった。名目上は、人間の罪はもはや救いを得て神の前に出る妨げとはならず、サタンが人間を責める手立てではなくなったということである。それは、神自身が真の働きをし、罪深い肉の形を経験し、神自身が罪のための捧げ物となったからだ。こうして、神の肉、罪深い肉の形をとった神のおかげで贖われ、救われて、人間は十字架から降りた。

『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でだけ人は救われる」より