日々の神の御言葉

Recital-daily-words-of-God
日々の神の御言葉

カテゴリ

全能神の最新の言葉
全能神が発する言葉 (神を知るための道)
Recital-utterances-of-christ-of-the-last-days
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読
Recital-God-word-selected
代表的な神の言葉(選集)

人は自分の為すべき多くの本分に忠実でなければならないということである。これが、人が守りまた実行すべきことである。聖霊によって為されるべきことは聖霊にまかせるべきで、そこに人間のできることはない。人は人によって為されるべきことに忠実であるべきで、そこに聖霊は関係しない。これが正に人の為すべきことであり、旧約の時代に律法を守っていたように、戒めとして守るべきなのである。今は律法の時代ではないが、律法の時代の言葉に似た多くの言葉がやはり存在し、それらを守らなければならない。それらの言葉は、単に聖霊の働きに頼るのではなく、人が守るべき事柄によって実現する。例えば、実際神の働きを裁いてはならない。神の証しする者に反抗してはならない。神の前では、自分の本分を守り放蕩であってはならない。口数は少なくし、自分の言葉と行動が神の証しする者の按配に従うものでなければならない。神の証しを敬い畏れなければならない。神の働きとその口から出る言葉を無視してはならない。神の口調と言葉を真似てはならない。外見では神の証しする者に明らかに反抗することは一切してはならないなどである。これらのこと全てが、人がそれぞれ守るべき事である。神は時代ごとに律法のような多くの規則を定め人に守らせてきた。これらの規則を通して、神は人の性質を拘束してその誠意を測るのである。旧約聖書時代の言葉「あなたの父と母を敬え」を例に取ってみよう。この言葉は今日では適用されない。当時、これらの言葉は、単に人の外面的な性質を拘束していたのであり、人の神に対する信仰の誠意を示すために使われ、神を信じていることの一つの印であった。現在は神の国の時代であるが、人が守るべき規則はまだ多くある。過去の規則は適用できないため、現在は人が実行するのにより適当な実践が多く存在する。それらは不可欠であり、聖霊の働きと関係なく、人によって為されるべきことである。

 恵みの時代に、律法の時代の実践の多くは当時の働きに特に効果がなかったため廃止された。それらが廃止された後に、当時に適応した実践が定められ、その多くが今日の規則にもなっている。そして今日の神が現れた時に、これらの規則は免除されて守る必要がなくなり、神が今日の働きに適応する実践を多く定めた。今日これらの実践は規則ではなく、効果を発揮するためのものであり、今日の状況に適応している。もちろんいつかは規則になる可能性もあるが。要するに、あなたは今日の働きに有益なものを守るべきなのである。明日の事は気にかけずとも良い。今日のことは今日のために為されるのである。もしかしたら明日は、あなたが行うのにもっと良い実践があるのかもしれないが、特にそれは気に留めずに、神に背かないよう今日守るべきことを守らなければならない。今日人が守るべき最も肝心なことは次の通りである。あなたの目の前にいる神を欺くまたは神から何か隠すことをしてはならない。神の面前で、みだらな話をしたりでたらめを言ってはならない。神の信頼を得るために、あなたの目の前の神を上手い言葉やたくみな話で欺いてはならない。神の前で不遜な態度を取ってはならない。神の口から話された全ての言葉に従うべきで、それに対し反抗したり逆らったり議論してはならない。神の口から話される言葉を自分の好きなように勝手に解釈してはならない。あなたの舌を戒めなければならない。それは、あなたの舌ゆえに悪い者の欺瞞的な計画に陥らないためである。あなたの歩みを戒めなければならない。それは、あなたが神の定めた境界線を超えて、神の立場から自惚れた尊大な話をして、神に忌み嫌われないためである。むやみに神の口から話された言葉を繰り返してはならない。でなければ他人があなたをあざけり悪魔が嘲笑するだろう。今日の神の仕事に全て従わなければならない。例えあなたが理解していなくとも裁いてはならず、ただ探し求めて尋ねていき、他者と交わるべきである。誰も神の本来の地位を超えてはならない。あなたにできるのは、人の立場から、今日の神に奉仕するだけである。人の立場から今日の神を説いてはならない。これは間違ったやり方であるからだ。誰も神の証しする者の地位に立ってはならない。あなたがたの言葉、行動、内なる思いにおいて、人の立場に立っていなければならない。これは従うべきことであり、人の責任であり、誰にも変更ができず、変更したときには神の行政に背くことになる。そして、これが全ての人が覚えておくべきことである。

『言葉は肉において現れる』より引用

新しい時代の戒め

もはや律法の時代ではないが、従うべき似た言葉があり、聖霊に触れられた時だけでなく、人が常に従うべきもの。

実践的な神の働きを裁かず。場所をわきまえ正しくふるまい、神の証しを畏れよ。神の働きや言葉を無視せず。言葉の調子や意図をまねたり、証しされた人に抗うな。彼らに反することなく、自分の口を見張り、証しされた人の計画に従え。人が従うべき重大なことがある。神をあざむいたり、神から何かを隠したり、神の前でみだらなことや傲慢な言葉を喋るな。信頼を得るため巧言で神を騙すな。不敬に振る舞うことなく、神の言葉に逆らったり、反対や反論をせず従え。

神の言葉を都合よく解釈するな。口を慎み、邪悪な者の餌食になるな。歩みに注意し、神が定めた境界を超えず。神の観点で話し、忌み嫌われないようにせよ。人から嘲笑されたり悪霊に弄ばれるから神の言葉を迂闊に繰り返すな。神の働きに従い理解できなくても、裁かず探し求め、交わりを持ちなさい。神の場所を侵さず、人の立場から仕えよ。人の立場から神に教えれば道を誤る。神に証しされた人が立つ所に立ってはならない。言動と思いにおいて人の位置に立ちなさい。それは責務なので変えることなく従わなければ行政命令に違反する。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

日々の神の御言葉

  • 神を知る
  • クリスチャンの生活
「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋7 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋3 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋1 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋2 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋9 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋34 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋33 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋26 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋23 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋20 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋12 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋11 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋10 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋41 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋45 唯一の神自身 1(抜粋 14) 唯一の神自身 2(抜粋 5) 「唯一無二の神自身 5」抜粋144 「唯一無二の神自身 2」抜粋113 唯一の神自身 1(抜粋 8) 唯一の神自身1(抜粋 1) 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋78 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋72 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋71 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋70 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋69 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋66 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋64 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋62 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋40 「唯一無二の神自身 3」抜粋126 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋76 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋37 「唯一無二の神自身 1」抜粋88 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋73 「唯一無二の神自身 1」抜粋87 「唯一無二の神自身 5」抜粋145 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋65 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋27 「唯一無二の神自身 1」抜粋89 「唯一無二の神自身 3」抜粋121 「唯一無二の神自身 3」抜粋120 「唯一無二の神自身 6」抜粋158 「唯一無二の神自身 2」抜粋112 「唯一無二の神自身 1」抜粋93 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋24 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋32 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋42 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋21 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋25 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋74 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋79 「唯一無二の神自身 1」抜粋92 「唯一無二の神自身 2」抜粋105 「唯一無二の神自身 3」抜粋129 「唯一無二の神自身 1」抜粋94 「唯一無二の神自身 3」抜粋125 「唯一無二の神自身 3」抜粋127 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋75 「唯一無二の神自身 3」抜粋122 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋31 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋6 「唯一無二の神自身 3」抜粋123 「唯一無二の神自身 2」抜粋111 唯一の神自身 3(抜粋 5) 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋77 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋4
神の三段階の働き 「今日の神の働きを知るということ」抜粋32 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋22 「序文」抜粋25 「すべては神の言葉が達成する」抜粋35 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋44 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋45 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋1 「神の国の時代は言葉の時代である」抜粋28 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋23 「すべては神の言葉が達成する」抜粋34 「すべては神の言葉が達成する」抜粋36 「すべては神の言葉が達成する」抜粋37 「受肉の奥義(4)」抜粋12 「受肉の奥義(4)」抜粋26 「受肉の奥義(4)」抜粋33 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋15 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋11 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋5 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋6 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋7 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋8 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋9 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋10 「律法の時代における働き」抜粋18 「律法の時代における働き」抜粋20 「神の働きのビジョン(3)」抜粋40 「神の働きのビジョン(3)」抜粋41 「神の働きのビジョン(3)」抜粋43 「二度の受肉が、受肉の意義を完成させる」抜粋16 「あなたは人類全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」抜粋17 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋2 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋3 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋4 終わりの日における裁き 「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」抜粋78 「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」抜粋77 「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」抜粋86 受肉 「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」抜粋132 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋119 「神の宿る肉の本質」抜粋102 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋123 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋140 「神の宿る肉の本質」抜粋99 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋105 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋106 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋107 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋108 「受肉の奥義(4)」抜粋116 「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」抜粋133 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋118 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋120 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋121 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋125 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋126 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋127 「序文」抜粋110 「実際の神は神自身であることを知るべきである」抜粋134 「実際の神は神自身であることを知るべきである」抜粋135 「神の宿る肉の本質」抜粋104 「受肉した神と神に使われる人々との本質的な違い」抜粋137 「受肉した神と神に使われる人々との本質的な違い」抜粋139 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋136 「二度の受肉が、受肉の意義を完成させる」抜粋129 神の働きを認識する 「神の働きと人間の実践」抜粋156 「神の働きと人の働き」抜粋173 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋216 「人が想像するほど神の働きは簡単なものか」抜粋189 「神は全人類の運命を支配する」抜粋215 「人が想像するほど神の働きは簡単なものか」抜粋188 全宇宙への神の言葉・第十章(抜粋1) 「神の働きと人の働き」抜粋180 「神の働きと人の働き」抜粋181 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋217 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋218 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋219 「受肉の奥義(4)」抜粋170 「今日の神の働きを知るということ」抜粋141 「今日の神の働きを知るということ」抜粋142 「千年神の国は訪れた」抜粋220 「千年神の国は訪れた」抜粋221 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋145 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋146 「受肉の奥義(2)」抜粋187 「征服の働きの内幕(4)」抜粋203 「征服の働きの内幕(4)」抜粋204 「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋160 「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋161 「神の働きと人間の実践」抜粋155 「神の働きと人間の実践」抜粋157 「神の働きと人間の実践」抜粋158 「受肉の奥義(1)」抜粋169 「征服の働きの内幕(3)」抜粋202 「あなたは人類全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」抜粋147 「神の働きと人の働き」抜粋172 「神の働きと人の働き」抜粋174 「神の働きと人の働き」抜粋178 神の出現と働き 「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」抜粋75 「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」抜粋68 「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」抜粋69 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋70 全宇宙への神の言葉・第二十六章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十七章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十九章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十九章(抜粋2) 「神の現れによる新時代の到来」抜粋71 「神の現れによる新時代の到来」抜粋72 「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」抜粋76 「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」抜粋73 終着点と結末 「神と人は共に安息に入る」抜粋595 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋584 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋585 「神と人は共に安息に入る」抜粋594 「神と人は共に安息に入る」抜粋596 「神と人は共に安息に入る」抜粋597 「神と人は共に安息に入る」抜粋598 「神と人は共に安息に入る」抜粋599 「神と人は共に安息に入る」抜粋600 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋588 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋590 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋591 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋592 神の性質、および神が所有するものと神そのもの 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋254 「神は人間のいのちの源である」抜粋258 「神は人間のいのちの源である」抜粋259 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋255 「神は全人類の運命を支配する」抜粋262 「神は全人類の運命を支配する」抜粋263 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋249 「神の性質を理解することは極めて重要である」抜粋245 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋264 「全能者のため息」抜粋261 「新時代の戒め」抜粋243 聖書にまつわる奥義 「聖書について(1)」抜粋269 「聖書について(1)」抜粋265 「聖書について(1)」抜粋268 「聖書について(2)」抜粋270 「聖書について(3)」抜粋272 「聖書について(3)」抜粋273 「聖書について(4)」抜粋275 いのちへの入り 「すべては神の言葉が達成する」抜粋405 「序文」抜粋390 「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」抜粋536 「現実をどのように知るか」抜粋433 宗教的観念を暴く 「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋285 人類の堕落を暴く 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋357 「今日の神の働きを知る者だけが、神に仕えてもよい」抜粋283 全宇宙への神の言葉・第十章(抜粋2) 「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」抜粋351 「序文」抜粋281 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋318 「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋284 「全能者のため息」抜粋356 「征服の働きの内幕(3)」抜粋291 「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」抜粋336 「三位一体は存在するのか」抜粋296 「三位一体は存在するのか」抜粋297 「三位一体は存在するのか」抜粋298 「三位一体は存在するのか」抜粋299

0件見つかりました

朗 読