日々の神の御言葉

Recital-daily-words-of-God
日々の神の御言葉

カテゴリ

全能神の最新の言葉
全能神が発する言葉 (神を知るための道)
Recital-utterances-of-christ-of-the-last-days
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読
Recital-God-word-selected
代表的な神の言葉(選集)

終わりの日の働きとは、時が近づき神の日が来たので、神の経営(救いの)計画を完成させるべく、その者の性質に応じて全ての人を分けることである。神はその国に入った者、すなわち神に最後まで忠実であった全ての者たちを神自身の時代に連れて来る。しかし、神自身の時代が来る前に、神がしたい働きとは、人の行為を観察したり、人の生活について尋ねたりすることではなく、人の神に対する背きを裁くことである。なぜなら、神は自分の玉座の前に来る者全てを清めるからである。今日まで神に付き従ってきた全ての者は、神の玉座の前に来た者であるから、神の最後の働きを受け入れる全ての者が、神によって清められる者である。すなわち、神の最後の働きを受け入れる全ての者が、神の裁きを受けることになる者である。

以前に話した通り、裁きは神の家により始まる。この「裁き」とは、終わりの日に神の玉座の前に来る者に対して今日神が下す裁きのことを指す。終わりの日が来た時、神は天空に大きなテーブルを用意し、その上には白いテーブルクロスが広げられ、神は偉大な玉座につき、全ての人は地に跪く。そこで神は、その者が天国に昇るべきか燃える硫黄の湖に送られるべきかを決めるため、各々が犯した全ての罪を明らかにする―そのような超自然的な様子を想像する人がいるかもしれない。人の想像がどのようなものであろうとも、神の働きの本質は変わらない。人の想像は、人の思考による構築物にすぎず、人の脳に由来しており、人が見聞きしたものから組み立てられている。だから、いかに素晴らしくイメージが構想されていたとしても、それはやはり絵画にすぎず、神の働きの計画の代替物にはなり得ない。結局のところ、全ての人はサタンにより堕落しているのだから、どうして神の考えを推し量ることができようか。人は、神による裁きの働きを特に素晴らしいものと想像する。人は、神自身が裁きの働きをするのだから、とてつもない規模の、人間には理解出来ないようなものに違いないと考える。天に鳴り響き、地を揺らすはずだ、そうでなければ、神による裁きの働きにはなり得ない、そう考える。これは裁きの働きなのだから、神の働く様子は特に堂々と威厳のあるもので、裁かれている者は泣き叫び、ひざまずいて哀れみをもとめるに違いない、そう考える。そしてその光景は厳粛で熱気を帯びる…。誰もが神の裁きの働きは伝説的なものだと感じる、そのようなもののはずだと。しかし、神が人の間で裁きの働きを始めてから長い時間がたっても、あなたはまだ眠りを貪っていることを知っているか。あなたが神の裁きの働きが正式に始まったと思う時には、神が天と地を変える時が既に来ていることを、あなたは知っているか。その時、もしかしたらあなたは人生の意味をようやく理解したところかもしれないが、容赦ない神の懲罰の働きが、まだまどろんでいるあなたを地獄に送る。その時あなたは、神の裁きの働きが既に終わったことに突然気づくのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

日々の神の御言葉

  • 神を知る
  • クリスチャンの生活
「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋7 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋3 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋1 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋2 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋9 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋34 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋33 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋26 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋23 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋20 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋12 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋11 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋10 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋41 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋45 唯一の神自身 1(抜粋 14) 唯一の神自身 2(抜粋 5) 「唯一無二の神自身 5」抜粋144 「唯一無二の神自身 2」抜粋113 唯一の神自身 1(抜粋 8) 唯一の神自身1(抜粋 1) 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋78 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋72 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋71 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋70 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋69 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋66 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋64 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋62 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋40 「唯一無二の神自身 3」抜粋126 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋76 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋37 「唯一無二の神自身 1」抜粋88 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋73 「唯一無二の神自身 1」抜粋87 「唯一無二の神自身 5」抜粋145 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋65 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋27 「唯一無二の神自身 1」抜粋89 「唯一無二の神自身 3」抜粋121 「唯一無二の神自身 3」抜粋120 「唯一無二の神自身 6」抜粋158 「唯一無二の神自身 2」抜粋112 「唯一無二の神自身 1」抜粋93 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋24 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋32 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋42 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋21 「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋25 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋74 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋79 「唯一無二の神自身 1」抜粋92 「唯一無二の神自身 2」抜粋105 「唯一無二の神自身 3」抜粋129 「唯一無二の神自身 1」抜粋94 「唯一無二の神自身 3」抜粋125 「唯一無二の神自身 3」抜粋127 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋75 「唯一無二の神自身 3」抜粋122 「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋31 「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋6 「唯一無二の神自身 3」抜粋123 「唯一無二の神自身 2」抜粋111 唯一の神自身 3(抜粋 5) 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋77 「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道」抜粋4
神の三段階の働き 「今日の神の働きを知るということ」抜粋32 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋22 「序文」抜粋25 「すべては神の言葉が達成する」抜粋35 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋44 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋45 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋1 「神の国の時代は言葉の時代である」抜粋28 「贖いの時代における働きの内幕」抜粋23 「すべては神の言葉が達成する」抜粋34 「すべては神の言葉が達成する」抜粋36 「すべては神の言葉が達成する」抜粋37 「受肉の奥義(4)」抜粋12 「受肉の奥義(4)」抜粋26 「受肉の奥義(4)」抜粋33 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋15 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋11 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋5 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋6 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋7 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋8 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋9 「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋10 「律法の時代における働き」抜粋18 「律法の時代における働き」抜粋20 「神の働きのビジョン(3)」抜粋40 「神の働きのビジョン(3)」抜粋41 「神の働きのビジョン(3)」抜粋43 「二度の受肉が、受肉の意義を完成させる」抜粋16 「あなたは人類全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」抜粋17 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋2 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋3 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋4 終わりの日における裁き 「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」抜粋78 「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」抜粋77 「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」抜粋86 受肉 「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」抜粋132 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋119 「神の宿る肉の本質」抜粋102 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋123 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋140 「神の宿る肉の本質」抜粋99 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋105 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋106 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋107 「キリストの本質は父なる神の心への従順」抜粋108 「受肉の奥義(4)」抜粋116 「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」抜粋133 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋118 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋120 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋121 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋125 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋126 「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋127 「序文」抜粋110 「実際の神は神自身であることを知るべきである」抜粋134 「実際の神は神自身であることを知るべきである」抜粋135 「神の宿る肉の本質」抜粋104 「受肉した神と神に使われる人々との本質的な違い」抜粋137 「受肉した神と神に使われる人々との本質的な違い」抜粋139 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋136 「二度の受肉が、受肉の意義を完成させる」抜粋129 神の働きを認識する 「神の働きと人間の実践」抜粋156 「神の働きと人の働き」抜粋173 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋216 「人が想像するほど神の働きは簡単なものか」抜粋189 「神は全人類の運命を支配する」抜粋215 「人が想像するほど神の働きは簡単なものか」抜粋188 全宇宙への神の言葉・第十章(抜粋1) 「神の働きと人の働き」抜粋180 「神の働きと人の働き」抜粋181 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋217 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋218 「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋219 「受肉の奥義(4)」抜粋170 「今日の神の働きを知るということ」抜粋141 「今日の神の働きを知るということ」抜粋142 「千年神の国は訪れた」抜粋220 「千年神の国は訪れた」抜粋221 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋145 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋146 「受肉の奥義(2)」抜粋187 「征服の働きの内幕(4)」抜粋203 「征服の働きの内幕(4)」抜粋204 「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋160 「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋161 「神の働きと人間の実践」抜粋155 「神の働きと人間の実践」抜粋157 「神の働きと人間の実践」抜粋158 「受肉の奥義(1)」抜粋169 「征服の働きの内幕(3)」抜粋202 「あなたは人類全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」抜粋147 「神の働きと人の働き」抜粋172 「神の働きと人の働き」抜粋174 「神の働きと人の働き」抜粋178 神の出現と働き 「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」抜粋75 「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」抜粋68 「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」抜粋69 「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」抜粋70 全宇宙への神の言葉・第二十六章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十七章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十九章(抜粋1) 全宇宙への神の言葉・第二十九章(抜粋2) 「神の現れによる新時代の到来」抜粋71 「神の現れによる新時代の到来」抜粋72 「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」抜粋76 「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」抜粋73 終着点と結末 「神と人は共に安息に入る」抜粋595 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋584 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋585 「神と人は共に安息に入る」抜粋594 「神と人は共に安息に入る」抜粋596 「神と人は共に安息に入る」抜粋597 「神と人は共に安息に入る」抜粋598 「神と人は共に安息に入る」抜粋599 「神と人は共に安息に入る」抜粋600 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋588 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋590 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋591 「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋592 神の性質、および神が所有するものと神そのもの 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋254 「神は人間のいのちの源である」抜粋258 「神は人間のいのちの源である」抜粋259 「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋255 「神は全人類の運命を支配する」抜粋262 「神は全人類の運命を支配する」抜粋263 「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋249 「神の性質を理解することは極めて重要である」抜粋245 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋264 「全能者のため息」抜粋261 「新時代の戒め」抜粋243 聖書にまつわる奥義 「聖書について(1)」抜粋269 「聖書について(1)」抜粋265 「聖書について(1)」抜粋268 「聖書について(2)」抜粋270 「聖書について(3)」抜粋272 「聖書について(3)」抜粋273 「聖書について(4)」抜粋275 いのちへの入り 「すべては神の言葉が達成する」抜粋405 「序文」抜粋390 「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」抜粋536 「現実をどのように知るか」抜粋433 宗教的観念を暴く 「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋285 人類の堕落を暴く 「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋357 「今日の神の働きを知る者だけが、神に仕えてもよい」抜粋283 全宇宙への神の言葉・第十章(抜粋2) 「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」抜粋351 「序文」抜粋281 「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」抜粋318 「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋284 「全能者のため息」抜粋356 「征服の働きの内幕(3)」抜粋291 「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」抜粋336 「三位一体は存在するのか」抜粋296 「三位一体は存在するのか」抜粋297 「三位一体は存在するのか」抜粋298 「三位一体は存在するのか」抜粋299

0件見つかりました

朗 読