全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストへの証し

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

序文

1991年、受肉した全能神が中国に現れて働きを始めた。全能神は数百万語におよぶ言葉を発し、神の家から始まる終わりの日の裁きの働きを行っている。全能神は恵みの時代を終え、神の国の時代を始め、天国の到来の福音をもたらした。全能神は人類を清め救うためすべての真理を表し、聖書のヨハネの黙示録で言及されている封印された巻物を完全に開封し、神がいかにして人類を救うのかという六千年間の経営(救いの)計画の奥義を完全に明らかにした。それは、神による人類の経営(救い)の目的は何か、神による人類の救いに三段階あるのはなぜか、神は終わりの日に裁きの働きをいかに行うのか、受肉の奥義、聖書の内幕、神に独自の権威、神の義なる性質、神の聖さ、サタンはいかに人類を堕落させるのか、神はいかに人類を救うのか、災いの前に携挙されることの奥義、勝利者はいかに作られるのか、ありとあらゆる人の最終的な終着点と結末、キリストの国はいかに実現されるのか、などである。全能神は真に新しい地平を開いて眼福をもたらした。全能神は言う 。「終わりの日にわたしが巻物を開く時、わたしはあなた方に伝えよう。(巻物はわたしの語った全ての言葉、終わりの日のわたしの言葉を指す――それらは全てその巻物の中に書かれている。)」(『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第百十章」より)「終わりの日の働きはヤーウェとイエスの働き、そして人には理解されていないすべての奥義を明らかにする。これは人類の終着点と終わりを表し、人類の中で救いの全ての働きを完結するためになされる。終わりの日におけるこの段階の働きはすべてに終結をもたらす。人に理解されていなかったすべての奥義が明らかにされなければならない。人が奥義をその深みまで知り尽くし、心の中で完全にはっきりと理解できるようにである。その時初めて人はそれぞれの種類によって区分される。」(『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より)全能神、終わりの日のキリストによって表された言葉は豊かで有益、包括的であり、キリストが確かに道であり、真理であり、いのちであり、人類に不滅のいのちの道、すなわち永遠のいのちの道をもたらすことを人々に理解させる。

主イエスは言った。「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る。」(ヨハネによる福音書10章27節)「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。」(ヨハネの黙示録2章7節)全能神は言う。「わたしの民はわたしの声に耳を傾け、わたしを本当に愛する一人一人がわたしの玉座の前に戻るだろう。」(『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第一章」より)全能神の終わりの日の働きが中国本土で始まって以来、真に神を信じ、真理を愛し、神の出現を切望する様々な宗教や教派の人々は全能神により語られた言葉に神の声を認めた。全能神の言葉は真理であり、それは確かに聖霊が諸教会に語ることであり、終わりの日に働きを行うべく神が出現したと人々は理解した。これらの人々は神の玉座の前に集まった。今日、世界中のますます多くの人々が全能神の言葉と働きを考察しようとしている。人類は神の言葉において徐々に蘇り、真理を受け入れ、知り始めた。神の言葉は人類を新たな時代、すなわち神の国の時代に導くであろう。すべてが神の言葉によって達成され、真理を渇望し、神の出現を求めるすべての人々は神の玉座の前に戻るであろう。これが大きな趨勢であり、神が必ずや実現させる現実である。

現在、宗教界全体において多くの人々が神の出現を渇望し、求めているが、聖霊が諸教会に語ることの探求に注意を払わないため、神の声を聞かず、ゆえに神の再来を迎えることができないでいる。全能神が終わりの日の働きにおいて表明したビジョンの真理を私たちは受け取り、それらを集め、福音を広め神の証しをする二十の真理として編集した。そうして、真理を求め、神の出現を渇望する各国各地の人々が全能神の終わりの日の働きを容易に学び、考察し、神の声を聞き、神の前に導かれることができるようにしたのである。私たちは、全能神による終わりの日の働きを求めて考察する人に共通する宗教的観念に沿って、神の言葉および説教と交わりの言葉を編纂し、宗教的観念の愚かさと奇天烈さを、神の言葉の真理に照らしてはっきりと理解できるようにした。かくして、人々は自分を縛り拘束していた宗教的観念を捨て去り、終わりの日の神の救いを受け入れ、神の玉座の前に導かれ、神の子羊の足跡に従い、新たな時代に入ることができるであろう。

次へ:主イエス自らが神が働きを行なうために終わりの日に受肉し、人の子として現れると預言した

他のお気に入り