はじめに

本書の交流と言葉は、真理の実践に関する様々な領域に関する多数の難解な側面を対象とし、また現代人が好ましくない努力に重点を置き、性情の変化を追求せずに居ることが原因となって、正しい道を逸脱する状況を対象とする。本書の言葉は、人間の本質と現況を指摘するとともに、人間が追求すべき目標を明確に指定するものである。本書の言葉は、まさに人間が得るべき言葉である。すべての者が本書の言葉を真剣に受け止め、真理を理解した後は正しい道から逸脱する行為を回避し、真理に従って行動し、真理を得ることを願っている。

本書の交流は極めて重要なものであり、人間の本性が関連する諸問題を解決すること、人間の現況における好ましくない問題を解決することが出来る。本書の交流や言葉を注意深く読み、自分の状況と比較したならば、真理の実践を望まない状態から、真理への配慮し始める状態へ、そして最終的には真理を実践することが可能な状態へと、確実に変化を遂げることが出来るであろう。結びとして、すべての者が本書の各章を慎重に取り扱い、自分自身の行動と追求すべき目標を注意深く取り扱うよう願っている。