全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

人は神の存在に注意を払わない

毎日、わたしは全宇宙の表面を眺め、毎日、人間の間で新しい働きをする。しかし、人々はみな「我を忘れて働き」、誰一人わたしの働きの動きに注意を払わず、自分たち以外の物事がどうであるかには興味を示さない。まるで、人々は自分たちで作った新たな天と新たな地に暮らしていて、他人に介入されることを望んでいないようだ。彼らはみな享楽に夢中で、自分に酔い、自分たちの「体操」をしている。人間の心には、ほんとうにわたしの居場所はないのだろうか。わたしはほんとうに人間の心の支配者でいることができないのだろうか。人間の霊は、ほんとうに人間を去ったのだろうか。誰が、わたしの口から出た言葉について、注意深く考えたことがあるだろう。誰がわたしの心の願いを理解しただろう。人間の心は、ほんとうに何か別のものに乗っ取られているのだろうか。わたしは何度も人間に大声で呼びかけたが、これまで誰か、憐れみを感じた者はいるだろうか。

まことに何度も、わたしは人間に失望させられた。まことに何度も人間の成績不良に激怒し、また、まことに何度も人間の弱さに悲しい思いをした。なぜわたしは人間の心に霊的感覚を呼び起こせないのだろうか。なぜわたしは人間の心に愛の思いを起こせないのか。なぜ人間はわたしを何よりも大事なものとして扱えないのか。人間の心は自分のものではないのか。他の何かが人間の霊に住み着いているのだろうか。なぜ人間は、やむことなくわめき続けているのか。なぜ人間は常に悲しんでいるのか。なぜ人間は悲しいとき、わたしの存在を無視するのか。わたしは人間を突き刺しただろうか。わたしは、わざと人間を見捨てただろうか。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十五章」より編集

前へ:あなたの本性はあまりに堕落している

次へ:賢明になり神の采配すべてに服従しなさい