全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

キリストの言葉の記録

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

わがままを解決する実践の道

言い訳をしたいとき、人はどうなっているのでしょうか。根本原因は何でしょうか。そのような人はわがままになっているのです。わがままな人は真理を容易に受け入れません。そのような人々は不従順であり、自分の考え、視点、好み、感覚や感情に合致しない言葉を一つでも聞くと受け入れません。「それが正しいのか間違っているのか、誰が言ったのか、どんな文脈で言われたのか、それが私の責任や本分と何か関係があるのかなんて​​気にしません。そんなことはどうでもいいんです。自分の気持ちを満足させることが重要です」とそのような人々は言います。これはわがままであることではないのでしょうか。わがままは最終的にはどんな損害につながるでしょうか。わがままは真理を得ることを困難にします。真理を受け入れないことは人の堕落した性質によってもたらされますが、最終的には真理を得ることは難しいでしょう。人が本性、本質と本能をもって体現し、自然に明らかにするもの、すなわち行い、考え、どんな態度をしているか、どんな状態にあるか、自然に露呈するものなど、これらはすべて真理と相いれません。つまり、人は真理を受け入れることを望まず、真理の正しさや間違いに関心を払わず、人が考えたりしたりすることは真理とは関係がないのです。人はいつも自らの考えや欲望に従い、好みに応じて行動します。これは人の本能であり、人の堕落した性質の自然な表れです。しかし、もしあなたがわがままでないなら、少し成熟すれば、少し謙虚であれば、何かが起こっても本性を露わにしないで落ち着いて祈り、神にあなたを取り扱わせ、心の中で神と交わり、神の前で静かであることができ、真理を受け入れるならば、もしあなたがこのような心の状態を持って行動し、人々と付き合い、本分を尽くし、交わりに耳を傾けるならば、もしあなたがこのような心の状態を常に持ち、あなたの心が神の前で常に正しいなら、どれくらい堕落した性質を持っているか、どれほど深く堕落しているかは問題ではありません。心は正しく、物事が起こっても自らの本性を露わにしようとはせず、自分の意志に頼って行動しようとしません。正しいものを受け入れ、一度受け入れたら時間をかけてゆっくりと自分のものにするでしょう。その時点ではいくつかの相反する感情があるかもしれませんし、少し不快に感じるかもしれません。しかし、そのような正しい状態を持っており、受け入れ、そして秘かに徐々に祈りながら理解し、熟考し、交わります。葛藤したり、受け入れ難いものは少しずつ時間をかけて同化され、それらの中の真理を理解し受け入れ、それがあなたのいのちになるでしょう。それがあなたのいのちになると、ついに真理の現実を生きることになるでしょう。真理の現実を生きることができ、この間に真理の現実の経験と理解を得るでしょう。それならば、真理の現実について話すことができるようになるのではないでしょうか。それでは、もしあなたがわがままであればどうでしょうか。「兄弟が言うことは間違っている。神が言うことは間違っている。誰々が言うことは間違っている。だから私は聞く必要がない。私には聞かない理由がある」これはわがままになっているのではないでしょうか。反抗的な性質が現れ、いつも言い訳をします。他の人々がその時に何を言っているのか、他の人々が真理のどの側面を話しているか知らず、その後、従順の真理を実践せず、どのように真理に従うべきかの教えを学んだり入っていくこともありません。結局、真理を得ることは決してできないのです。決して正常な状態にはいませんし、内面にあるものは常に極めて表面的で、いのちは極めて未成熟なままです。最終結果は何でしょうか。(いのちが成熟できません。)そして、重要な点は何でしょうか。わがままであるという欠点は決して変えられません。あなたは自分の自制に頼っており、今日は健康で、状態はかなり良く、本人に関する限りでは状況はすべて適切で、わがままではないように見えます。しかし、わがままに関連する何かが起こったとたんに、わがままは再び現れ、変えられません。自制に頼ること、つまり体を抑えることは自らの強さに依存して統制することなのでうまくいかないでしょう。そのような小さな欠点を克服することさえできません。しかし、従順を学び、神の前で静かになるならば、こうした欠点、こうした堕落した性質は根元から少しずつ解決され、もはや自制する必要はなくなるでしょう。まず初めにどのように実践するかを学び、この点に関連する問題を解決する道にどのように入り、実践するかを学ばなければなりません。その後ゆっくりと真理を理解し、ゆっくりと真理の現実に入るようになるでしょう。堕落した性質を解決することは骨をかじる蟻に似ています。現状から始め、少しずつ解決していきます。一度解決されると、この欠点もまた実際に少しずつ解決されるでしょう。そしてこの欠点が解決されると、堕落した性質もまた実際に少しずつ変わるでしょう。

前へ:自らの真心を神に捧げた後に真理を得ることができる

他のお気に入り