真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

目次

21.私たちは主への信仰を通して罪を赦され、義されたことに加え、私たちは神のために多くを放棄し、自らを費やし、たゆまず努めた。この種の信仰により私たちは天国に携挙されると信じる。このようにしても私たちが天国に入ることができないと、なぜあなたは言うのか。

わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。 その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。 そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。(マタイによる福音書7:21-23)

むしろ、あなたがたを召して下さった聖なるかたにならって、あなたがた自身も、あらゆる行いにおいて聖なる者となりなさい。 聖書に、「わたしが聖なる者であるから、あなたがたも聖なる者になるべきである」と書いてあるからである。(ペテロの第一の手紙1:15-16)

すべての人と相和し、また、自らきよくなるように努めなさい。きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。(ヘブル人への手紙12:14)

神の前で、聖なる人、義なる人へと完全にされるのはたやすいだろうか。「この地上には、義人はいない。この世には義人はいない。」というのは自明の理である。あなたがたが神の前に来るときは、着る物を考え、一言一行、あなたがたの考え方や発想の全て、そしてあなたがたが毎日見る夢さえも考えなさい――それらはすべて自分のためである。これはすべて本当の事ではないだろうか。「義」とは施しをする事でもなく、あなたの隣人を自分自身のように愛することでもなく、喧嘩しない、議論しない、強盗しない、盗まないということでもない。義とは主イエスがなした全てのことのように、いつどこにいようとも、神の委託をあなたの義務と考え、神の采配や取り決めを天から送られた使命として従うことを意味する。これこそまさに神によって語られた義である。ロトは自分が得することも失うことも気にかけず、神が送った2人の天使を救ったので義人と呼ぶこともできる。しかし、当時彼が行ったことを義と呼ぶことはできるが、彼を義人と呼ぶことはできない。それはロトは神を見たので、天使たちの代わりに自分の2人の娘たちを与えただけである。しかし、過去の全ての彼の行いが義を顕してしているわけではない。よって、わたしは「この地上に義人はいない」と言おう。

『言葉は肉において現れる』の「悪人は罰せられなければならない」より

あなたのように、罪を持った人間が罪から贖われたばかりで、変えられておらず、また神に完全にされたこともない状態で、神の心に沿うだろうか。古い自我を持ったままのあなたは、イエスによって救われたのは事実であり、神の救いのおかげで罪ある人とは見なされなくなったが、あなたが罪人ではないとか、汚れがないとかいうことではない。あなたが変えられないままであれば、どうやって聖人のようになれるというのか。内側では、あなたは不純に悩まされ、利己的で卑劣であるのに、イエスと共に降ることを望むというのは、よほどの運がなければいけない。あなたは、神を信じる上での必要な段階を一つ見落としている。あなたは、単に罪から救われただけで中身は変えられていないのである。あなたが神の心に沿うためには、神が直接あなたを変える働きをし、あなたを清めなければならない。もしあなたが罪から贖われただけなら、高潔さを手に入れることはできない。このように、あなたは、神が人を経営する働きの一段階、つまり変えられて完全にされるという肝心の段階を経験していないがために、神の良き祝福を共有する資格がないのである。よって、贖われたばかりの罪人であるあなたは、直接神の財産を受け継ぐことはできないのである。

『言葉は肉において現れる』の「呼び名と身分について」より

清めの仕事こそが人類の不義を洗い清め、懲らしめ、裁きの働きこそが人類の中のそれらの不従順なものを全部さらけ出すのである。それによって、救うことのできる人と救うことのできない人とが識別され、生き残ることのできる人と生き残ることのできない人とが識別されるようになる。神の仕事が終わる時、生き残ることのできる人は、洗い清められ、人類のより高い領域の中に入って、地上でのよりすばらしい第2の人生を享受する。すなわち、彼らは人類の安息の日に入って神と共に生活する。生き残ることのできない人が懲らしめや裁きを受けた後、彼らの正体が露呈される。それから彼らはみな滅ぼされ、サタンと同じように、もう地上で生きることができなくなる。未来の人類はもうこのような人々を含まない。このような人々は究極の安息の地に入る資格がなく、神と人が共有する安息の日に入る資格もない。なぜなら、彼らは懲らしめの対象であり、悪者、不道徳者であって、義なる人ではないからである。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

人によっては最後にこう言うだろう。「私はあなたのために大いに働きました。確かにそれほど大きな功績があるわけではありませんが、真面目に努力してきました。だからどうぞ、私を天国に入れていのちの果実をいただけませんか」と。あなたはわたしがどのような人間を求めているかを知らなければならない。けがれた人間は神の国に入ることを許されないし、またけがれた人間が聖地を汚すことも許されない。あなたがたとえどれほど長くまたどれほど多くの働きを行ってきたとしても、最後のときになって未だ甚だしく汚れていれば、わたしの国に入ることは天が許さないのである。世の初めから今日まで、人がいかに取り入ろうとも、人が神の国に入るのにわたしが便宜を図ったことはない。これは天の掟であり、誰にも破ることは許されない。

『言葉は肉において現れる』の「成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている」より

聖霊の現在の言葉に従うことができる人々はみな祝福されている。そのような人々が過去どうであったか、聖霊が人々の中でどのように働いていたかは問題ではない。最新の働きを得た人々は最も祝福され、今日の最新の働きに従えない人々は排除される。神は新しい光を受け入れることができる人々を望んでおり、神の最新の働きを受け入れ、知っている人を求めている。なぜ貞節な乙女でなければならないと言われているのであろうか。貞節な乙女は聖霊の働きを求め、新しいことを理解することができる。さらに、古い観念を忘れ、今日の神の働きに従うことができる。今日の最新の働きを受け入れる人々のこの集りは、昔から神によって前もって決められており、人々のなかで最も祝福されている。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従う」より