人生で最高の決断──終わりの日の全能神の働きを受け入れたこと

2019年4月22日

全能神が終わりの日の働きを中国で始めてから全能神の言葉が証され、どんどん広まっています。今や、終わりの日の神の働きは海外にも広がり。また、全能神の言葉は多くの言語に翻訳され、ネット上で公開されています。神を真に信じ真理を求めてやまない人の中で全能神の働きを究明している人が増え、多くの人が全能神教会と終わりの日の新たな働きについてもっと知りたがっているのです。そこで今日は、全能神教会から2人のアメリカ人クリスチャンを招いて全能神教会でどんな経験をしたかお話しして頂きます。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人生の明るい道を歩んでいます

シェ・リー(米国) 以前、私は世界のトレンドを追い掛けるような人で、遊蕩生活に身を任せてしまいたくて肉の快楽だけを欲していました。私はよく友達と一晩中カラオケに行ったり、夜中に車を乗り回したり、海に出て釣りをしたり、美味しい食べ物を探して世界中を旅したりしていました。自分の周りにいる他の人達を見ても…

私のいのちが幾許も事態に神はその御手で私を御救い下さりました

リン・ウー(日本) 神に救われなければ 今もさまよっていただろう もがき罪に苦しんで 虚しく、望みもなく 神に救われなければ 悪魔に踏みにじられて 罪の快楽に溺れ 先のこと考えもせずに 全能神に救われ その言葉に清められ 罰と裁きにより 堕落した心も変わり 明かされた真理で 新たな生命下さり 目の前…

中国共産党は「邪教取り締まり」を口実に宗教信仰を迫害する邪教とは何か

中国共産党は権力掌握以来、必死で宗教信仰を抑圧してきました。中共の宗教政策と、中国の人権状況は多くの民主主義国家や国際人権団体から非難されています。中国政府の「カルト」の定義とそれを口実にした宗教信仰弾圧は国際社会から深刻な懸念と批判を招いています。今回はイタリアの新興宗教研究…

中国共産党は招遠で起きたマクドナルド店殺人事件のフェイクニュースの策謀者——マッシモ・イントロヴィーニャ

2017年11月20日-21日のわずか2日間に、香港における中国共産党(以下、中共)メディアである「大公報(だいこうほう)」と「文匯報(ぶんわいほう)」は全能神教会を攻撃する記事を集中的に17本掲載しました。記事では、中共が全能神教会の名誉を汚して非難するために絶えず捏造してき…

コメントを残す