真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神を知るための道--(聖書物語)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神が人類のために備えられた肉類、水源、薬草

穀物や果物、野菜、様々なナッツ類などは、すべて植物性の食料である。それらは植物性の食料であるものの、人体の必要性を十分に満たすだけの栄養素が含まれている。しかし、神は「これだけ人間に与えれば十分であろう。人間はこれだけ食べていればよい。」などとは言われなかった。神はそうした食料に留まらず、人間にとって一層美味しい食料を用意した。その食料とは何であろうか。それは、人間が毎日の食卓で食べたいと思う、様々な肉や魚である。肉や魚にも種類が多数ある。魚は全て水中で生活している。魚肉は、食感が地上で育った生き物の肉とは異なり、また人間に様々な栄養素を供給できる。魚の性質もまた人間の体温の高低を調整可能であるので、魚は人類にとって極めて利点が多い。しかし、美味しいものは、食べ過ぎてはならない。それは次の言葉にある通りである。「すなわち、神は人間に対して適切な時に適切な分量を与えるので、人間は季節や時期に従って恒常的かつ適切にそうした食料を享受することができる。」家禽にはどのようなものがあるだろうか。ニワトリ、ウズラ、ハトなどである。アヒルやガチョウを食べる人々も多い。神は、神の選民に対して必要なものを備えたが、律法の時代において、神は人々に要求事項を示し、特定の範囲を定めもした。この範囲は、個人の好みと理解に基づくものである。こうした様々な種類の肉により、人体に様々な栄養素が供給され、タンパク質や鉄が補給され、血液の栄養素が増し、筋肉や骨が強化され、エネルギーが増加する。要するに、人間が用いる肉の調理方法や食べ方を問わず、肉は味覚と食欲の向上に有効であり、また空腹を満たす。肉は人体に必要な日常的栄養素を供給するということが最も重要な点である。それが、神が人間に食料を与えた時点における神の心であった。植物性の食品と、肉が用意されているというのは、豊富で潤沢ではないだろうか。(そのとおりである。)しかし、人間は、神が人間のための食料を用意した時点における、神の元来の心が何であったかを理解する必要がある。それは、こうした物質的食料を、貪欲にむさぼることであっただろうか。人間が物質的食欲に耽溺するようになったら、どうなるであろうか。人間は栄養過剰になるのではないか。栄養過剰は、人体に様々な疾病を引き起こすのではないか。神が造った自然の律法に反することが良くないことに間違い無く、そのために、神は適切な時期に適切な分量を分割され、様々な季節の折々において、様々な食料を享受できるようにした。これが最適な方法である。たとえば、酷暑の夏を過ごした後、人間の身体には、大量の熱、病気の原因となる乾燥や湿気が蓄積される。秋が来ると、多くの果実が熟れ、人間が果物を食べると、その湿気は解消される。同時に、牛や羊は逞しく成長するので、人間はその肉を栄養補給として食べるとよい。様々な肉を食べた後、人体はエネルギーと熱を得て、冬の寒さに耐えるのに役立つので、冬を無事に乗り越えることができる。人間のために、いつ何を用意するか、いつ何を生長させるか、結実させるか、熟れさせるかといったことは、全て神により管理され、遙か昔に、神が極めて正確に取り決めた。しかし、人間は神の心を理解しない。これが「神が人間の日常生活に必要な食料を用意される方法」に関する事項である。

様々な食料のほか、神は人間に対して様々な水源を与えている。人間は、食事の後に水分を摂る必要がある。果物を食べるだけで十分であろうか。人間は果物を食べるだけでは耐えられず、また季節によっては果物が無い場合もある。それでは、人間の水分に関する問題は、どうすれば解決できるであろうか。神は、その解決策として、湖沼、河川、泉など、地上や地中に多数の水源を用意した。これらの水源は、汚染や人間による処理や危害が無い場合、飲むことができる。人間の物理的身体による生命のための食料に関し、神は極めて正確で、精密で、適切な用意を行ったので、人間の生活は豊富であり潤沢であり、何も不足していない。これは、人々が感じ取り、認識可能な事柄である。さらに、動物であるか植物であるか草であるかを問わず、万物の中には、神が造った、人体の負傷や疾病を癒やすために必要とされる植物もある。たとえば、あなたがたが火傷した場合には、どうするであろうか。水で洗えばよいであろうか。布を探してそれを巻けばよいだろうか。そのようなことをすれば膿が溜まって菌を散らすであろう。たとえば、あなたがたが裸火や熱湯で火傷してしまった場合には、どうするであろうか。水ですすげばよいであろうか。たとえば、発熱したり、風邪をひいたり、肉体労働で負傷したり、悪いものを食べて胃腸の病気になったり、生活習慣や感情的な問題から、脈管病や精神疾患、臓器疾患などの疾病を患った場合、それぞれの疾病に応じた治療法がある。血行を促進して血行不良を改善する植物、痛みを緩和する植物、止血する植物、麻酔効果のある植物、正常な皮膚の回復を促進する植物、鬱血を解消する植物、解毒する植物などもある。要するに、これら全ての植物を日常生活で使用できる。これらの植物は人間にとって利便性があり、人体に必要な場合のために神が用意したものである。神により人間が偶然発見できるようにされた植物もあれば、特殊な現象により発見された植物もあり、神が用意した特定の人間により発見された植物もある。そうした発見の後、人間はそれを伝えて多くの人々がそのことを知るようになる。このように、神によるこうした植物の創造には、価値と意義がある。すなわち、これらの物は全て神に由来し、神が人間の生活環境を造った時に用意し、植え付けられたものである。これら全ての植物は、極めて必要性が高い。このことは、神が天と地、そして万物を造った時に、神の配慮が人間の配慮よりも優れていたことを示すものではないだろうか。あなたは、神が行った様々な業を見る時、神の実践的側面を感じることが出来るだろうか。神は隠れて業を行った。この世界に人間が現れる前、神が人類と接する前に、神は既にこれら全てを造り終えていた。神が行った業は、全て人間と、人間の生存のためのものであり、また人間の存在のために配慮されたものであるので、人類は、神が人類のために造った、このような豊富で潤沢な物質世界で生活することができ、食料や衣料に懸念すること無く、不自由無く幸せに生活することができる。人間はそうした環境の中で継続的に繁殖し、生存してきたが、神がその全てを人間のために造ったことを理解できる者は、それほど多くない。サタンは、それら神が造ったものを、自然により造られたものであると偽っている。

前へ:神が人類のために備えられたあらゆる種類の菜食

次へ:神はご自分の全能の力と賢明な方法を用いて全てのものを供給、人類の生存を維持する

他のお気に入り