全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神の言葉を通して万物は新しくされる

わたしの言葉の中で山は崩れ、水は遡り、人は従順になり、湖はやむことなく流れ出す。海原は空に向かって荒れ狂うだろうが、わたしの言葉の中にあっては、湖の表面のように穏やかになる。わたしの手のごくわずかな動きで、激しい嵐は直ちに消え去り、わたしを離れる。そして、人間世界はすぐに静寂に戻る。しかし、わたしが怒りを放てば、山は直ちに引き裂かれ、地面はすぐに激しく揺れ動き出し、水はあっという間に涸れる。そして、人間はたちまち災害に見舞われる。わたしは怒りのために人間の叫びを聞かず、訴えに応じて手助けすることもない。わたしの怒りが募っているからだ。

大地に春が広がるとき、わたしはひそかにかつ粛々と世に光をもたらし、地上で人間が空気の中に突然さわやかさを感じるようにする。 わたしは激しい雨を降らせ、人々は眠っている間耳が雷鳴で何も聞こえなくなる。慌てふためいても、隠れる暇もなく、大雨にのみ込まれる。たちまちのうちに、天の下のすべてのものは、わたしの激しい怒りの中、洗い清められる。人々はもはや、大雨の中も不平を言わず、みな畏敬の念をもつようになる。この突然襲ってきた雨のため、人々の大多数は天から降り注ぐ水に溺れ、水中の死体となる。

わたしは全地球を眺めて、多くが目覚め、悔い改め、大勢が小舟で水の源を探し求め、多くがわたしの前にひれ伏して赦しを求め、多くが光を見、多くがわたしの顔を見、多くが生きる勇気をもち、全世界が変革されたのを見る。この大豪雨の後、すべてのものはわたしの心にあったものへと戻り、もはや不従順ではない。やがて、全地上が笑い声に満ち、地上のあらゆるところが賛美の雰囲気を醸し出し、わたしの栄光の及ばないところがなくなる。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十六章」より編集

前へ:神自身がこの世界に来るとき

次へ:神がシオンに戻るとき