言葉が肉体で現れる(続編)ーー神を認識する道(上)

言葉が肉体で現れる(続編)ーー神を認識する道(上)

唯一の神自身 一
神の権威(一)

ここ数回を通して、神の働き、神の性質と神自身に関する話題を交わった。それを聞いた後、あなたたちは神の性質に対していくらか理解し、いくらか認識したと感じるだろう。それらの理解と認識はどれほどあるのか、あなたたちは心の中で知っているのか。ここ数回の交わりを通して、あなたたちの神に対する理解は深くなったのか。では、これらの理解はあなたたちの神に対する本当の認識だと言えるのか。あなたたちが神に対してこれらの認識と理解を持ったからと言って、あなたたちが神の全部の本質と所有、所是に対して認識を持ったと言えるのか。言えない。これは明らかなことだ!それは、前の数回の交わりを通して、人は、神の性質と神の所有、所是をすべて理解したのではなく、ただその一部分だけを理解したからだ。前の数回の交わりを通して、あなたたちは、神が以前した一部分の仕事を理解し、これらの仕事を理解することによって、神の性質と神の所有、所是、および、神が事を行うたびの態度、思いや考えを知った。しかし、これらはただ神に対する文字上、口だけの理解に過ぎない。これらの内容にはどのくらいの実際の要素が含まれているのか、あなたたちは心の中ではっきり知らない。これらの内容に対する理解の中に実際の要素があるかどうかは、何にかかっているのか。人が実際の経験の中で神の言葉、神の性質を、どのぐらい本当に経験することができるか、どのぐらい見、認識することができるかにかかっている。「前の数回の交わりを通して、私たちは神様のしたことを理解し、神様の思いや考えも理解し、さらに神様の人類に対する態度と、神様のことを行う時の目的、そして神様のことを行う原則を知った。だから、私たちが神様の性質を理解し、神様のすべてを認識したと言える」と言う人はいないのか。この言い方は正しいのか。明らかに正しくない。どうして正しくないと言うのか。神のしたこと、言った言葉の中には、みな神の性質が発表されており、神の所有、所是も発表されている。神のした仕事、神の言った言葉によって、人は神の所有、所是を見たが、これはただこれらの働きと言葉によって、人が神の一部分の性質と神の一部分の所有、所是を理解したとしか言えない。もし人がもっと多く、さらに一歩進んで神について理解しようと思うなら、神のもっと多くの言葉と働きを経験しなければならない。人が神の一部の言葉、或いは働きを経験した時、神に対する認識はただ一部分だが、この一部分の認識は神の本当の性質を代表するかどうか、神の本質を代表するかどうか。もちろん、神の本当の性質を代表し、神の本質も代表する。これは確実だ。いつでもどこでも、神がどういう方式で働いても、どういう形式で人に現れても、どういう方式で彼の心意を現しても、彼が流露し、発表するのは、みな神自身を代表するのであり、みな神の本質、神の所有、所是なのだ。神が彼の所有、所是をもって仕事をし、神自身の本当の身分で仕事をしているのは、確かなことだ。しかし、人は今、ただ神の言葉の上で、道を聞く時、神に対して一部分の理解を持っただけだから、ある意味では、この一部分の理解は理論的な認識だとしか言えない。人の実際の状態から見れば、一人一人が実際の経験の中で体験し、少しずつ体得する必要がある。そうしてこそ、今日あなたが聞いたり見たり、或いは心の中で認識したり悟ったりした神に対する理解や認識を実証することができる。もし私があなたたちとこれらの言葉を交わらず、ただ人自身に経験させれば、人は神に対して本当の認識を持つことができるのか。たぶんとても難しいだろう。なぜなら、まず神の言葉があってこそ、人はどのように経験するかを知ることができ、人が実際にどのくらいの神の言葉を経験することができるかは、人の食べた神の言葉の量にかかっているのであり、神の言葉は道を案内し、人の経験を導くものだからだ。とにかく、この数回の交わりは、本当の経験を少し持っている人にとっては、もっと深く真理を理解し、もっと実際に神を認識するのに役立つが、本当の経験を持たない人、或いは経験したばかりの人、実際に触れたばかりの人にとっては、莫大な試練となった。

前の数回の交わりの中で、主に「神の性質、神の働きと神自身」について話したが、私の言ったすべての内容の肝心な部分、中心的な部分から、あなたたちは何を見出したのか。前の数回の交わりを通して、あなたたちはこれらの仕事をし、これらの性質を表現することができる者が、万物を支配する唯一の神だと確信できるのか。あなたたちがみな確信できると言うなら、あなたたちは何によって確信したのか、いくつの方面によって確信したのか。これについて話せる人がいるのか。前の数回の交わりが確かにあなたたちの心を打ったので、あなたたちが心の中で、神を認識する上で新たな始まりを持つようになったことを、私は知っている。これは大変好ましいことだ。あなたたちの神に対する理解は以前と比べれば、とても大きな飛躍があるけれども、神の身分に対するあなたたちの定義はやはり、律法時代のヤーウェ神と、恵みの時代の主イエスの名の上にとどまっており、王国時代の全能神の名の上にとどまっている。つまり、「神の性質、神の働きと神自身」という話題について交わることによって、あなたたちは神が以前言った言葉、した仕事、表現した所有、所是に対していくらかの理解を持つようになったが、「神」という名詞に対して、本当の定義、正確な評価を下すことはできない。あなたたちは神自身の地位、身分が即ち万物、全宇宙の中での神の地位だということに対して、本当の、また正確な評価や認識は持っていない。それは、この前、神の性質と神自身についての交わりの内容は、すべて聖書に記されている神の昔の発表、流露に基づいているのであり、神が人類を経営し、救う時、或いはそれ以外に、神が表現し、発表した所有、所是はみな、人が発掘しにくいからだ。そういうわけで、あなたたちは、神が昔の仕事の中で流露した所有、所是を知ったとしても、神の身分と地位に対するあなたたちの定義はやはり、唯一の神、万物を支配するその方と隔たりがあるのであり、造物主と区別があるのだ。前の数回の交わりを通して、すべての人はこう感じている。「神様の思いや考えを、人がどうして知ることができようか。本当に知っている人がいるなら、彼は神様に違いない。それは、神自身だけが自分の思いや考えを知っており、神自身だけが事を行うたびの自分の態度、目的を知っているからだ。」あなたたちがこれらを通して神の身分を確認するのは、情理に合い、理の当然であるようだが、誰が、神の性質、神の働きの中から、これが確かに神自身の仕事であり、人の仕事ではなく、人が代わりにすることができる仕事ではないことを見、これらはみな神の本質、神の力を持っているその方が支配できるのだということを見ることができるだろうか。つまり、あなたたちはどういう特徴や本質によって彼が即ち神の身分を持っている神自身であり、万物を支配しているその方だと確信したのか。あなたたちはこのように考えたことがあるのか。もしあなたたちがこのように考えたことがないなら、次の事実が証明される。前の数回の交わりを通して、あなたたちはただ神の昔の仕事の歴史について少し理解し、神の昔の仕事の中での態度、表現と流露をいくらか理解しただけだ。これらの理解によって、あらゆる人は、この二段階の仕事をしたその方が確かに、あなたたちが信じ、つき従っているその神自身であることをはっきり確信し、また、彼が即ち、あなたたちが永遠につき従うべきその方だと確信した。しかし、あなたたちは、彼が即ち天地創造の時から存在し、しかも永遠に存在するその神だと確信できず、また、彼が即ち全人類を導き、支配するその方だと確信できない。この問題について、あなたたちはきっと考えたことがない。ヤーウェといい、イエスといい、あなたたちはどの面の本質、表現によって、彼があなたたちのつき従うべき神であるだけでなく、人類をつかさどり、また人類の運命を支配するその方であり、さらに天地万物を支配する唯一の神自身であることを確信できるのか。あなたたちはどんなルートによって、あなたたちが信じ、つき従っているのは、万物を支配する神自身であることを確信したのか。どんなルートによって、あなたたちが信じている神と、人類の運命を支配する神を結びつけたのか。何によって、あなたたちが信じている神が、天地万物の中の唯一の神自身であることを確信したのか。これは、私が以下の話題の中で解決しようとする問題だ。

あなたたちが考えたことのない問題、或いは考えつくことのできない問題は、神を知る上での最も肝心な問題かもしれない。これらの問題の中には、人が求めるべき、計り知れない真理がある。これらの問題があなたたちに臨んで、あなたたちが向き合い、選択すべき時、あなたたちの愚昧、無知のゆえに、或いはあなたたちの経験が浅すぎて、神に対して本当の認識を持たないゆえに、これらの問題が徹底的に解決できないなら、これらの問題は、あなたたちの神を信じる道での最大の障害物、つまずきの石となる。だから、あなたたちとこの面の話題を交わる必要があると、私は思う。今、あなたたちは自分たちの問題が何であるかを知っているのか。私の言う問題を、あなたたちははっきり知っているのか。これらの問題はあなたたちが向き合うべき問題ではないか、あなたたちが分からない問題ではないか、あなたたちが考えたことのない問題ではないか。これらの問題はあなたたちにとって重要ではないか、本当の問題ではないか。あなたたちの心の中では、この事についてとても曖昧だ。ここから分かることは、あなたたちは自分たちの信じている神を本当に知っているのではなく、彼に対して真剣な態度も持たない。一部の人はこう言う。「私は彼が神様だと知っており、彼の言葉が神様の発表だから、彼につき従っている。これで十分なのに、まだ何の実証が必要なのか。私たちが神様を疑うべきなのか。私たちに神様を試みさせるのか。私たちが神の本質、神自身の身分に疑問を抱くべきなのか。」あなたたちがこのように考えても考えなくても、とにかく、私がこのような問題を持ち出すのは、あなたたちに神を疑わせるためではなく、あなたたちに神を試みさせるためでもなく、なおさら、あなたたちに神の身分と本質に疑問を抱かせるためでもなく、あなたたちにもっと神の本質を理解させ、もっと神の地位を確認ㆍ確信させ、それによって、神を、神につき従う一人一人の心の中の唯一にならせ、一人一人の被造物の心の中での神の地位――造物主――万物の支配者――唯一の神自身を取り戻すためだ。これも私がここで交わりたい主題なのだ。

今から聖書の章節を読もう。

1.神は言葉によって万物を造った

1)(創1:3-5)神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。

2)(創1:6-7)神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。

3)(創1:9-11)神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。

4)(創1:14-15)神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。
5)(創1:20-21)神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。

6)(創1:24-25)神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。

第一の日に、人類の昼と夜は神の権威によって生まれ、存在するようになった

まず第一段落を見よう。(創1:3-5)「神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。」この言葉には、神が世界を造り始めた時に行った初めての事が記されている。それは神が過ごした、夕べがあり、朝がある最初の日だった。だが、その日はとても尋常でない日だった。神は万物のために光を用意し、しかも光と闇を分けた。その日、神は言葉を言い始め、彼の言葉は彼の権威と共に存在し、彼の権威は万物の中で現れ始め、彼の力は彼の言葉のゆえに万物の中で広げられた。その日から、万物は神の言葉、神の権威、神の力によって存在し、成り立つようになり、また神の言葉、神の権威、神の力によって運行し始めた。神が「光あれ」と言うと、その「光」は生み出された。神はどんな働きもしなかったが、「光」は神の言葉によって現れた。その光は、今日でも依然として、人の生存の頼りになる、神に昼と呼ばれた「光」だ。神の定めのゆえに、それは、その本質、その価値を変えたことがなく、また消えたこともない。それの存在は神の権威、神の力を現しており、造物主の存在も告げており、それは繰り返して造物主の身分と地位を実証している。それは虚無のものではなく、ぼんやりとしているものでもなく、人が見ることができる本当の光だ。その時から、「地は混沌であって、闇が深淵の面にある」この空虚の世界に、最初の物質的なものが生み出され、このものは神の口の言葉によるものだった。それは神の権威、神の発した声によって、万物が造られる第一幕に現れた。そして、神は光と闇を分けた……このすべては神の言葉によって変わり、成就されていた……神は「光」を「昼」と名づけ、「闇」は神に「夜」と呼ばれた。その時から、神が造ろうとしていた世界の中に、初めての夕べ、初めての朝が生じた。神はそれを第一の日だと言った。その日は、造物主が万物を創造した第一の日であり、万物が造られた始まりでもあり、その日、造物主の権威、造物主の力が彼の造った世界の中で初めて現された。

この段落の言葉によって、人は神の権威、神の言葉の権威を見、神の力も見た。神だけにこのような力があるので、神だけにこのような権威がある。神にこのような権威があるから、神だけがこのような力を備えている。このような権威と力はほかにどの人や物が備えているのか。これについて、あなたたちの心の中には答えがあるのか。神のほかに、どの被造物や非被造物がこのような権威を持っているのか。あなたたちはどんな書籍や刊行物の中でこのような事例を見たことがあるか。誰かが天地を開闢させ、万物を創造したという記録があるのか。それは、すべての書籍の中や、いかなる記録の中にもないものだ。もちろん、聖書の中でも、これは唯一の、神が世界を造った時、勢いが凄まじく、権威、威力を帯びたことを記した一部分の言葉だ。この一部分の言葉は、神の唯一無二の権威、唯一無二の身分を代表する。このような権威、このような力は、神の唯一無二の身分の象徴だと言えないのか。神自身だけが持つものだと言えないのか。神自身だけがこのような権威、力を具備している、と確かに言える!この権威、この力はいかなる被造物、非被造物も具備しておらず、取って代われないものだ!これは唯一の神自身の特徴の一面ではないか。これをあなたたちは見出したのか。この部分の言葉によって、人は神が唯一無二の権威、唯一無二の力を持っており、最高至上の身分と地位を持っているという事実をすぐに、はっきりと理解した。以上の交わりを聞いた後、あなたたちは自分の信じている神が唯一の神自身だと言えるのか。