言葉が肉体で現れる(続編)――神を認識する道(上)

言葉が肉体で現れる(続編)――神を認識する道(上)

神の働き、神の性質と神自身(一)

 3.神は虹を、人と立てた契約のしるしとした

(創9:11-13)わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。」

次に、私たちは「神は虹を、人と立てた契約のしるしとした」この部分の聖句を見よう。

多数の人は虹とは何かを知っており、虹に関する物語も少し聞いたことがある。聖書の中の虹に関する物語について、一部の者は信じ、一部の者は伝説と見なし、一部の者は全然信じない。どうであろうと、虹に関する物語の中で起った出来事はすべて神が以前したことであり、また、神が人類を経営する過程の中で起こったことである。これらのことはそのまま聖書の中に記録されている。これらの記録の中には、当時神の気持ちがどうだったかが告げられておらず、神がこれらの言葉を言った思惑も告げられておらず、神がこれらの言葉を言う時、神の感覚はどうだったかを感じられる人はなおさらいない。しかし、このことをする前後の神の思いは行間から流露されており、神の言葉の一字一句を通して、神の当時の思いがありありと紙上に現れたようである。

神の思いは、人類がいちばん関心を持ち、認識すべきものである。なぜなら、神の思いは、人が神を理解することと密接な関係があり、人が神を理解することは、人の命への進入で欠かせない一環だからである。では、これらの事が起こる過程の中で、神の思いはどうだったのだろうか。

もともと神に造られた人類、神から見ればとてもよかった人類、神と親しかった人類が、神に逆らった後、洪水によって滅ぼされた。このような人類があっという間になくなったのに、神の心は痛まなかっただろうか。もちろん痛んだ!心が痛んだ表現はどこにあるのか。聖書の中にはどう記録されているのか。聖句にはこう記録されている。「わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」この簡単な言葉の中から、神のこういう思いが流露されている。当時世界が滅ぼされたことで彼の心は非常に痛んだのである。人の言葉で言えば、彼はとても悲しかったのである。想像してみよう。洪水で世界が滅ぼされた後、生気に満ちていた地はどうなったのか。人類でいっぱいだった地はどうなったのか。人煙がなく、生き物がなく、至る所水だらけであり、水面は乱雑であった。このような光景は、神が世界を造った本意であろうか。絶対にそうではない!神の本意は、生気が全地に満ちているのを見、彼の造った人類が彼を礼拝するのを見ることである。しかも、少なくともノア一人だけが彼を礼拝することではなく、ノア一人だけが彼に召されて彼の委託を遂行することでもない。人類がなくなった時、神が見たのは最初に見たかったことではなく、全く逆のことであった。神の心はどうして痛まないことがあろうか。だから、彼は自分の性質を流露し、自分の気持ちを表すと同時に、一つの決定を下した。どんな決定なのか。すなわち、雲の中の虹〔注:私たちが見た虹〕によって人と契約を立て、神がもう洪水で人類を滅ぼさないと約束し、それと同時に、人に神が洪水で世界を滅ぼしたことがあると教え、人に神がなぜこのようなことをしたかを永遠に覚えさせることであった。

その時世界を滅ぼしたのは、神の望んだことなのか。絶対に神の望んだことではない!世界が滅ぼされた後の地上の惨状を、私たちが少しは想像できるが、当時神の目から見てその光景がどうだったかは永遠に想像できない。今の人であれ、当時の人であれ、誰一人として神がその光景を見、洪水で滅ぼされた後の世界を見たとき、どんな気持ちだったかを想像できず、また感じられないと言ってもいい。人類の不従順のため、神はそうせざるを得なかったが、神の心は、その時洪水で世界を滅ぼしたことのため傷つけられた。この事実は誰も理解できず、また誰も感じられない。だから、神は人と契約を立てること、つまり、誓うことによって、人に神がこのようなことをしたことがあるのを覚えるよう教え、人に神が以後永遠にこのような方式で世界を滅ぼさないと人に教えた。この「契約」の中から、私たちは神の心を見、神がこの人類を滅ぼした時、神の心が痛かったことを見た。人の言葉で言えば、神が人類を滅ぼした時と、人類がなくなるのを見た時、神の心は涙を流し、血を流していた。この表現で十分だろう。これらの言葉は、人類が人の感情を描写するとき使う言葉だが、人の言葉が乏しすぎるので、このような言葉で神の気持ち、神の感覚を描写しても、間違いではなく、過分ではないと私は思う。少なくとも、あなたたちは神が当時どんな気持ちだったかを、とても具体的に、とても適切に分かった。あなたたちがもう一度虹を見る時、何を思い出すのか。少なくとも、神が洪水でこの世界を滅ぼしたため、心が痛んだことを思い出し、神がこの世界を恨み、この人類を恨むけど、自分の手で造った人類を滅ぼす時、神の心が痛み、捨て去りにくく、どうしようもなく、忍びがたかったことを思い出すだろう。唯一慰めとなったのは、ノア一家八人であり、ノアの協力のため、彼が万物を造った心血や代価は無駄にならなかった。これは神の心が痛む際、唯一彼の傷をいやすことができることであった。その時から、神は人類に対する期待をすべてノア一家に託し、彼らが神の呪いの中にではなく、神の祝福の下に生きることを望み、神が洪水で世界を滅ぼすことを再び見ることがなく、彼らが滅ぼされることがないことを望んだ。

ここで、私たちは神の性質のどの部分を理解すべきか。神が人類を恨むのは、人類が神に敵対するからである。しかし、神の心の中で人類に対する顧み、心配や憐みは終始変わっていない。彼が人類を滅ぼしたとしても、彼のこの心は依然として変わらない。人類が堕落に満ち、ある程度まで神に逆らった時、神は彼の性質、彼の本質のため、彼の原則によってこの人類を滅ぼさなければならなかった。だが、神の本質のため、彼はやはり人類を憐れみ、さらには、いろいろな方式によって人類を挽回して、人類を引き続き生存させようとする。ところが、人は神と敵対し、引き続き神に逆らい、神の救いを受け入れず、すなわち神の好意を受け入れない。神がどんなに召しても、どんなに忠告しても、どんなに供給し、助け、容赦しても、人は理解せず、好意を受け入れず、また相手にしない。神の心が痛む際でも、彼はやはり人に最大限の寛容を施すことを忘れず、人が改心するのを待っている。その鶴首が限界に達した時、彼は少しもためらわずに自分のすべきことをする。つまり、神が人類を滅ぼそうと計画してから、人類を滅ぼす仕事を正式に始めるまでは、一定の期限があり、一つの過程がある。この過程は、人類の改心のためにあるのであり、神が人に残した最後の機会である。だから、人類を滅ぼす前の間に、神は何をしたのか。神は忠告し、勧める仕事をたくさんした。神の心がいくら痛くても、いくらつらくても、彼が人類の身に行なったのは、絶えず心配し、顧み、広く憐みを施すことであった。ここから、私たちは何を見たのか。疑いなく私たちは、神の人類に対する愛は真実なものであり、それは口先だけのものではなく、実際に存在している、触れることも感じることもできる、偽りがなく、混じり気がなく、欺きがなく、飾り気のないものであることを見た。神は、欺瞞の手段によって、或いは仮想をつくることによって、人類に自分の愛らしさを見せたことがなく、偽証をして人に自分の愛らしさを見せ、自分の愛らしさ、きよさを吹聴したこともない。神のこれらの面の性質は人が愛するに値しないのか、人が礼拝するに値しないのか、人が大切にするに値しないのか。ここまで話してきて、私はあなたたちに聞きたい。これらの言葉を聞いた後、あなたたちは神の偉大さが1枚の空文だと思われるのか、神の愛らしさが空論だと思われるのか。そうではない、絶対そうではない!神の至高無上、神の偉大さ、神のきよさ、神の寛容、神の愛などなど、神の性質と本質のあらゆる細部は、神の毎回の働きの中で具体化され、神の人類に対する心意の中で体現され、また各々の人の身に具体化され、体現された。あなたがそれを感じたかどうかにかかわらず、神は各々の人に対して至れり尽くせりの配慮をしており、真心をもって、彼の知恵によって、いろいろな方式によって各々の心を温めており、各々の霊を呼び覚ましている。このような事実は疑う余地がない。この場に人がどれくらいいるかに関係なく、みんなそれぞれ神の寛容、忍耐と神の愛らしさに対して、異なる経験、異なる感じを持っている。神に対するこれらの経験、感じや認識、要するに、これらの積極的なものはすべて神から得たのである。だから、神に対する一人一人の経験と認識を総合し、そして、今日これらの聖書の章節に対する私たちの解読と結びつけたら、あなたたちは神に対してもっと真実で、もっと適切な認識を持つようになるだろう。

この物語を読み終えて、神がこのことの中で流露した一部分の性質を理解した後、あなたたちは神に対してまたどんなまったく新しい認識を持つようになったのか。あなたたちに神と神の心に対して、もっと深い認識を持たせることができるのか。今またノアの物語を見たら、違う感じがするだろう。あなたたちの考え通りなら、これらの聖書の章節を持ち出して交流する必要がないのではないか。今、このように交流した後、あなたたちはこれらの言葉を交流する必要があると思わないのか。必要があるだろう!読んだのは物語であるけれど、それは神が以前した仕事の実録である。私はあなたたちにこれらの物語の細部、この人物の細部を理解させようとするのではなく、あなたたちにこの人物を研究させるのでもなく、なおさら、あなたたちに引き戻って聖書を研究させるのでもない。あなたたちは分かったのか。では、これらの物語はあなたたちが神を認識するのに役立つのか。この物語の中で、あなたたちの神に対する理解はまた何が増えたのか。香港教会の兄弟姉妹が話してみなさい。(神様の愛は、堕落した人類の私たちがだれも持たないということが分かりました。)韓国教会の兄弟姉妹が話してみなさい。(人に対する神様の愛は真実なものです。人に対する神様の愛の中には、神の性質があり、神の偉大さ、きよさ、至尊無上と神様の寛容があります。このような物語を通して、私たちは、それがみな神様の性質だともっと感じることができます。私たちがもっと深く理解するに値します。)(さっきの交流の中から、神様の聖くて義なる性質を見ると同時に、人類に対する神様のそういう心配、憐み及び神様のなさる事々、神様の一つ一つの思い、考えから、神様の人に対する愛や心配が流露していることも見ました。)(以前の認識では、神様が洪水で世界を滅ぼしたのは、人類がかなりの程度まで邪悪になったからであり、神様がこの人類を嫌うからこそ、このような人類を滅ぼしただろうと思っていました。今日、神様がノアの物語について語り、神様の心が血を流していたと語れたとき、実は神様がこの人類を惜しまれることを知りました。人類が不従順すぎるからこそ、神様はやむを得ず人類を滅ぼされたのです。実はその時、神様の心は非常に痛かったのです。ここから、神様の性質の中には、人類に対する顧み、心配があることを見ました。これは以前、認識できなかったことです。以前は人類が邪悪すぎるから、神様が人類を滅ぼされたと思っていました。こういう表面的な認識しかありません。)とてもいい!続けて話してみなさい。(私は聞いた後、感じたことがたくさんあります。以前聖書を読んだこともありますが、今日神様が直接これらを分析して人に神様を認識させるような効果は納めませんでした。神様がこのように私たちと一緒に聖書を読むことによって、わたしが分かったことは、人が堕落する前に、神様の本質は人類に対して愛であり、顧みであり、人類が堕落した後、世の終わりの今日に至るまで、神様は義なる性質を持っておられるけど、神様の愛、顧みは変わっていません。つまり、神様の愛は創世から今日まで、人が堕落したかどうかにかかわらず、その本質が永遠に変わりません。)(今日、私が分かったことは、神様の本質は時間や働く場所の変化につれて変わることがなく、神様が世界を造っても、人類が堕落させられた後、この世界を滅ぼしても、神様のなさる事々は意義があり、その中に神様の性質があるということです。それゆえ、私は神様の愛が無限であることを見、また、さっきほかの兄弟姉妹が言ったように、神様が世界を滅ぼされた時の人類に対する顧み、憐れみを見ました。)(これらは以前確かに認識できなかったことです。今日、交流を聞いた後、本当に神様が信じ、信頼するに値し、また確かに存在すると感じ、心の中で神様の性質、神様の愛がこんなに実際的だと本当に感じることができました。これは私が今日聞いた後の感想です。)とてもいい!あなたたちはみなよく聞き取ったみたいね。

今日私たちが交流したこれらの聖書の物語を含むすべての聖書の章節の中で、あなたたちはこの事実に気づいたのか。神は自分の言葉によって自分の思い、人類に対する愛、顧みを表明したことがあるのか。直接的な言葉で自分がどんなに人類を心配し、愛するかを表現した記録があるのか。ない!そうだろう。あなたたちのうちの多くの人が、聖書や聖書以外の書籍を読んだことがあるが、このような言葉を見た人はいるのか。その答えは明白だ。ない!聖書の記録の中、神の言葉や神の働きを含める実録の中で、神はどの時代や時期にも、彼自身の方式によって自分の心理を現し、人類に対する自分の愛、顧みを言い表したことはなく、言葉やある種の行為によって自分の心理と感覚を述べたこともない。これは事実ではないか。なぜこう言うだろう。なぜこのことに触れるだろう。それは、この中にも、神の愛らしさ、神の性質があるからである。

神が人類を造った。人類が堕落した後でも、人類が彼につき従うことができる時でも、彼は人類を自分の肉親、つまり人類が言っている最も親しい人と見なし、おもちゃと見なしてはいない。神は自分が造物主であり、人類が被造物であると言っていて、少し身分上の区別があるように聞こえるが、実際のところ、神が人類のためにしたすべてはこの関係をはるかに超えた。神は人類を愛し、人類を顧み、人類を心配し、また絶えず人類に供給しているが、彼の心の中では、これが余計なことだとは全然思わず、これが功績の大きなことだとも全然思わない。しかも、彼は人類を救い、人類に供給し、人類にすべてを与えることが人類のために非常に大きな貢献をしたとは思わない。彼はただ、彼自身のやり方、彼自身の本質と彼の所有、所是によってこのように黙々と、静かに人類に供給しているだけである。人が彼からどれほどの供給や助けを得たとしても、彼は功を誇って人から報賞を求めようとする考えや行為は全然ない。これは神の本質によって決まるのであり、これはまさに神の性質の本当の表現でもある。だから、私たちは聖書の中からも、ほかのいかなる書籍の中からも、神が自分の思いを表すのを見つかっておらず、神が人に自分の恩徳に感謝させ、自分を賛美させるために、自分がなぜこのようにするか、なぜこのように人類を顧みるかを人に述べたり、表明したりするのも今まで見つかっていない。彼が悲しい時、心が非常に痛い時でさえ、彼は人類に対する責任を忘れず、また人類を心配することを忘れず、むしろ自分で黙々とこれらの「悲しみ」と「痛み」を耐え忍んでいる。逆に、彼はずっと今までどおりこのように人類に供給している。人類に神を賛美し、或いは神を証しする表現が常にあるとしても、それは神が人から受け取ったものではない。なぜなら、神は人に対するいかなる親切な扱いによっても彼に対する人の恩返しや報いと取り換えるつもりはないからである。しかし、神を畏れ悪から遠ざかり、本当に神につき従うことができる人たち、彼の言葉を聞き、彼に忠誠を尽くすことができる人たち、彼に従うことができる人たちは常に神の祝福を得る。この祝福は神のところでは少しも残しておかない。しかも人が神から得る祝福は、いつも人の想像を超え、また人のすること、或いは人の払う代価で取り換えられるものを超える。人が神の祝福を享受する時、神が何をしているかをかまう人はいるのか、神の気持ちはどうなのかに関心を寄せる人はいるのか、神の受ける痛みを感じ取ろうとする人はいるのか。正確に言えば、いない!ノアを含めて、人類は神のその時の痛みを感じ取ることができるのか、神がなぜこの契約を立てたかを感じ取ることができるのか。感じ取ることができない!人が神の痛みを感じ取ることができないのは、人が「神の痛み」に届くことができないからではなく、神と人の間に距離があり、地位の違いがあるからでもなく、人が神のどんな気持ちにも関心を持たないからである。人はこう思っている。「神は独立していて、人の関心、理解、思いやりを必要としない。神は神だから、彼には痛み、喜怒哀楽がなく、彼は苦しむことも憂え悲しむこともなく、涙を流すことはなおさらない。彼は神だから、どんな感情の表現も必要とせず、どんな感情の慰めも必要としない。もしある状況の下で、彼がこれらを必要とするなら、彼は自分で消化することができ、人の『手を貸す』必要がない。逆に、『弱くて幼い』人のほうが神の慰め、供給、励ましを必要とし、さらにはどんな時どんな場所でも情緒の慰めを必要とする。」人の心の奥底には、このようなものが隠れている。人は「弱者」であって、神のいろいろな愛護を必要とし、神からくるすべての「配慮」を受けるべきであり、自分の得るべきいかなるものをも神に請求するべきである。神は「強者」であり、「すべて」を持っているから、人の保護者、人に祝福を与える者になるべきであり、彼はもう神であり、「できないことはない」から、人から何かを得ることを必要としない。

人は神のいかなる流露に対しても無関心だから、神の憂え悲しみ、神の痛み、および神の喜びを全然感じ取れない。しかし、人のすべての表現は、神が眼中に明白に見えている。神はいつでも、どこでも一人一人の人に必要なものを供給しており、一人一人の思いの変化を観察していて、これによって一人一人の人を慰め、励ましており、導き、照らしている。神が人の身に行なったこのすべて、人の身に払ったすべての代価に対して、人は聖書の中や今の神のすべての言葉の中から、神が人の身から何かを求めようとするといった明確な言葉を一区切りでも探し出すことができるのか。できない!逆に、人がどんなに神の思いを無視しても、神はやはり続けて人を導き、人に供給し、人を助けて、神が人のために用意したよい落ち着き先を神から得ることができるように、人に神の道を歩ませる。神のところでは、彼の所有、所是、彼の恵み、彼の憐み、彼のすべての褒賞を余すところなく、彼を愛し、彼につき従う人たちに与える。しかし彼は、彼の受けた痛み、彼の思いを人に表したことがなく、しかも、神はいかなる人にも、彼を思いやらず、彼の心を理解しようとしないと不平をこぼしたこともなく、ただ黙々とこのすべてを耐え、人が分かるようになるその日を待っている。

ここで私がこれらの言葉を言うのはなぜだろう。これらの言葉の中から、あなたたちはまた何を見たのか。神の本質、神の性質の中には、人がいちばん疎かにしやすいもの、しかも、人が思う偉人、よい人を含むすべての人、或いは人の想像の中の「神」も持っていなくて、だた神だけが持っているものがある。それは何だろう。それは即ち神の無私である。無私の話になると、あなたは自分もとても無私だと思うかもしれない。なぜなら、あなたがあなたの子女を扱う時、全然彼らと条件の駆け引きをせず、また自分の損得を計算しないのであり、或いはあなたの父母を扱う時無私だと思っているからである。あなたがどのように思っても、最低あなたは、「無私」という言葉に対して一つの概念を持ったのであり、「無私」という言葉が積極的なものであり、無私な人になるのはとても高尚だ、と思う。自分が無私になれると、あなたは自分がとても偉いと思う。しかし、誰一人として万物の中から、人、事、物の中から、神の働きの中から神の無私を見ることができない。これはなぜだろう。人が利己的すぎるからである!なぜこう言うだろう。人は物質世界の中に生きていて、神につき従っているが、神がどれほどあなたに供給しているか、神がどれほどあなたを愛するか、どれほどあなたを心配するかを、あなたは永遠に見ることも感じ取ることもできない。あなたが見たのは何であるか。見たのはあなたと血縁関係のある、あなたを愛するその人、或いはあなたを可愛がるその人であり、見たのはあなたの肉体に有利なそれらのものであり、関心を持っているのは自分の好きな人、好きなものである。これは人のいわゆる無私である。このように「無私」な人が自分に命を与える神には全然関心を持たないのである。神と比べて、人の「無私」は利己的で、いやしいものになった。人の思う「無私」は、空疎かつ非実際的で、混じりけのある、神には合わない、神とは関係のないものである。人の「無私」は人自身のためのものだが、神の「無私」は神の本質の本当の流露である。神が無私だからこそ、人は神から尽きることのない供給を得ているのである。今日、私の語ったこの話題に対して、あなたたちはあまり感銘を受けておらず、ただうなずいて賛成するだけなのかもしれない。しかし、あなたが心の中で神の心を感じ取ったとき、あなたは知らず知らずのうちに、この世界の中で、あなたが感じられる人、事、物の中で、神の無私だけが真実で、実際的であることを見つけることができる。というのは、神のあなたに対する愛だけが無条件で、瑕のないものだからである。神以外に、いかなる人のいわゆる無私も、偽りのもの、外面的なもので、真実ではなく、目的や存心があるのであり、取り引きをしているのであり、それは試練に耐えられないのであり、なおさら、汚れて卑劣なものだと言える。あなたたちはこの言葉に賛成するのか。

これらの話題はあなたたちにとってとても疎くて、一定の期間沈澱してこそ、あなたたちが本当に理解することができる、と私は知っている。あなたたちが疎いと感じる問題、疎いと感じる話題であればあるほど、あなたたちの心の中に欠けている話題であることが証明される。もし私がこれらの話題を永遠に取り出さないなら、あなたたちのうちに、少しでも認識できる者がいるだろうか。私は、あなたたちが永遠に認識できないと思う。これは疑う余地のないことである。あなたたちがどのくらい理解できても、どのくらい認識できても、とにかく、私の語るこれらの話題は人に一番欠けているものであり、人が一番認識すべきものである。これらの話題は誰にとってもとても重要であり、至宝であり、命でもあり、あなたたちがこれから歩むべき道で備えなければならないものである。これらの言葉の導きがなく、神の性質に対する認識、神の本質に対する認識がなければ、あなたの心の中では永遠に神に対して疑問を持っている。あなたが全然神を理解しないなら、どうしてちゃんと神を信じることができるだろうか。あなたが全然神の喜怒哀楽、神の心意を知らず、神の思いも知らず、神が何を考えているのか、神がどんなことのため悲しむのか、どんなことのため喜ぶのかを知らないなら、どうして神の心を思いやることができるだろうか。
毎回神が悲しむ時、神が直面するのは全然自分を相手にしない一団の人類であり、直面するのは彼につき従い、口先では彼を愛すると言うが、彼のいかなる感じをも全く気に留めない人類である。それなのに、彼の心がどうして悲しまないことがあろうか。神の働き、経営の中で、神は真心をこめて一人一人の人に向かって働き、言葉を言い、余すところなく、少しも隠さずに人と向かい合っている。逆に、彼につき従っているすべての人は彼に対して閉ざしており、進んで彼に近づき、彼の心を理解し、彼の感じを気に留めようとする人はいない。「神の知己」になりたがる人でさえ、彼に近づこうとせず、彼の心を思いやろうとせず、彼を理解しようとしない。神が喜び、うれしく思う時、彼の喜びを分かち合う人はいない。神が人に誤解される時、彼の悲しい心を慰める人はいない。彼の心が悲しい時、彼の打ち明け話を聞こうとする人はいない。神の何千年の間の働き、経営の中で、神の喜怒哀楽を知る人はおらず、神の喜怒哀楽を理解し、感じ取る人もおらず、神のそばにいて神の喜怒哀楽を分かち合う人はなおさらいない。神は孤独である。神は孤独である!神が孤独であるのは、堕落した人類が彼と敵対するからだけではなく、なおさら、霊的な人になることを追い求め、神を認識し、神を理解することを追い求める人たち、さらには、彼のために一生を費やしたがる人たちさえ、彼の思いを知らず、彼の性質を知らず、彼の喜怒哀楽を知らないからである。

ノアの物語の結末の部分で、私たちは、神が「尋常ではない」方式によって彼のその時の気持ちを表したのを見た。この方式はとても特別であった。つまり、神は人と契約を立てるという方式によって、神が洪水で世界を滅ぼすことがこれで一段落がついたと告げ知らせた。うわべから見れば、「契約を立てる」ということはとても普通のことであり、ただ双方の利益を守るという目的を達成するために、文字によって双方を制約して、物事を処理するとき、規則に違反しないようにさせるだけのことである。形式から見れば、ごく普通のことだが、神がこのことを行った出発点、意義から見れば、神の性質、また神の思いの真実の流露である。もしあなたがこの言葉をほうっておいて無視するなら、私があなたたちに事実の真相を教えないなら、人類は永遠に神の思いを知ることができない。あなたの想像の中では、神が契約を立てる時、笑っていたかもしれないし、神の表情が厳しかったかもしれない。人の想像の中で、神がどういう最も普通な表情をしていたとしても、神の心、神の痛みを見られる人はおらず、神の孤独さを見た人はなおさらいない。神に信頼され、或いは神に信頼されるに値して、神が自分の思いを表し、自分の痛みを打ち明ける対象となれる人は一人もいない。だから、神はやむを得ずこのような行為をした。うわべから見れば、神が一つの楽なことをして以前の人類と別れ、過去のことを終結させ、洪水で世界を滅ぼすことに完璧な休止符を打ったように見えるが、彼はその時の痛みを深く心の奥底にしまっておいた。神は、彼の打ち明けの対象となれる人がいない時、人と契約を立てて、人にもう洪水で世界を滅ぼすことがないと教えた。虹が現れる時、人にかつてこのようなことが起こったことを思いつかせ、人に悪を働かないよう忠告する。神はこんなに悲しい状況でも、人を忘れておらず、やはりこのように人を心配していた。これは神の愛と無私ではないか。しかし、人はつらい時、何を考えるのか。その時は、人がいちばん神を必要とする時ではないか。その時、人はいつも神を引っ張ってきて神の慰めを願う。どんな時でも神は人を失望させることがなく、人を苦境から抜け出して、光の中に生きるようにさせる。神がこれほど人に供給していても、人の心の中で、神はただ人の鎮静剤、安慰剤にすぎない。神が悲しい時、神の心が傷つけられた時、ある被造物、或いはある人に彼のそばにいて、彼を慰めさせるのは、神にとって疑いなく過分な望みである。人が今まで神の感じを気に留めたことがないから、彼は誰かが彼を慰めることを要求したり、高望みしたりしたことがない。彼はただ彼の方式によって自分の気持ちを表しているだけである。人から見れば、神が少し苦しみを受けるのはたいしたことではない。しかし、あなたが本当に神を理解しようとする時、神が事々を行う時の並々ならぬ苦心を本当に感じ取る時こそ、あなたは神の偉大さ、神の無私を感じることができる。神は虹によって人と契約を立てたが、どうしてこのようにするか、どうして契約を立てるかは誰にも教えたことがない。つまり、彼の本当の思いは誰にも教えたことがない。神が自分の手で造った人類を一体どれほど愛しているかを理解できる人は一人もおらず、人類を滅ぼす時、神の心がどんなに痛かったかを感じ取ることができる人もいないから、神が人に自分の感じを教えても、人はこの「信任」を引き受けることができなかった。悲しみのあまり、彼はやはり自分の次の段階の仕事を続けている。神はいつも最もよいその面、最もよいものを全部人に与えるが、自分は黙々とすべての苦しみを耐え忍んでいる。でも、神はこれらの苦しみを公表したことがなく、黙々と耐え忍び、待っている。神が耐え忍ぶのは、冷酷で、無感覚で、どうしようもないからではなく、ある種の軟弱さの表れでもなく、神の愛と本質がもともと無私だからである。これは彼の本質と性質の自然の流露であり、本当の造物主――神の身分の本当の体現でもある。

ここまで話せば、一部の人は私の意思を誤解するかもしれない。「神様の気持ちをこんなに詳しく、こんなに感動的に話すのは、わざと人に神を同情させるためでしょうか。」この意味があるのか。(ありません!)私がこれらの言葉を言って到達しようとする唯一の目的は、あなたたちがもっと神を理解し、神の細部を理解し、神の喜怒哀楽を理解するようにさせ、神の本質、神の性質が確実に、少しずつ彼の働きの中で表現されるのであり、人が空論、文字教理、或いは想像によって描き出したのではないことを理解させることである。つまり、神と神の本質は実際に存在するものであり、絵ではなく、想像ではなく、人が作り上げたものでもなく、なおさら人がでっち上げたものでもない。今、あなたたちはこの点を認識したのか。もしあなたたちが認識したのなら、私が今日言ったこれらの言葉は効果を収めたのである。

今日、私たちは三つのテーマを話した。私は、各々の人がこの三つのテーマについての交流を通して得た収穫がとても多いだろうと思う。確実に言えるのは、この三つのテーマの中で、私が述べた神の思い、或いは私が言及した神の性質と本質は、神に対する人の想像と認識を覆し、さらには、神に対するあらゆる人の信仰を覆し、なおさら、あらゆる人が心の中で敬慕しているその神の姿を覆した。どうであろうと、私はあなたたちが聖書のこの三つの部分の章節の中で認識した神の性質があなたたちにとってみな役立つことを希望し、また、あなたたちが帰った後、よくかみしめてみることを希望する。今日の集会はここまで。さようなら!

2014年5月18日