神の国の福音に関する代表的な神の言葉(選集)

目次

今日の神の働きを知るということ

今日神の働きを知るということは、大方は、終わりの日の受肉した神を知ること、神の主要な務めが何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来、去る前に模範を示すと述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地のいたるところで働き、語ることによって模範を示す。これが終わりの日の神の働きである。神が話すのは、地がことばの世界になるようにし、すべての人が言葉を受け、それによって導かれ、そうして人間の霊が目覚めてビジョンが明らかになるようにするためである。終わりの日に受肉した神が地上に来るのは、主に言葉を述べるためである。イエスが来た時、天の国の福音を広め、十字架の贖いの業を成就した。イエスは律法の時代を終わらせ、すべての古いものを終わりにした。イエスの現れが律法の時代を終わらせ、恵みの時代を招き入れたのだ。終わりの日に受肉した神が来て、恵みの時代は終わった。神は、主として言葉を述べるために来た。言葉を用いて人間を完全にし、光に照らし、啓発し、人間の心にある漠然の神のいるところを除くために来た。これはイエスが来た段階の働きではない。イエスが来た時には、多くの奇跡を示した。イエスは癒やし、悪魔を追い払い、十字架で贖いの業を行なった。その結果、人間は、これが神のあるべき姿だと考えた。イエスが来た時、主は漠然の神の姿を人間の心から除くことはしなかった。イエスが来た時、十字架につけられた。癒やし、悪魔を追い払い、天国の福音を広めた。ある意味で、神の受肉は終わりの日に人間の心から漠然の神の姿を除くもので、そうしてもはや人間の心に漠然の神の姿がないようにしたのである。その言葉と働きとで、神はすべての地を歩く。人々の間でする働きはまことに真実で普通のもので、人々は神が実在することを知り、漠然の神は人間の心に居場所を失う。つまり、神は肉の体で語った言葉で人間を完全にし、すべてを成就するのだ。これが神が終わりの日に成就することだ。

こういうことを知っておきなさい:

1. 神の働きは超自然のものではない。そういう見方をしてはいけない。

2. 今回受肉した神が来て行なう主な働きを理解しなければいけない。

神は癒やしに来たのではない。また、悪魔を追い払うためでも、奇跡を行うためでもない。神は悔い改めの福音を広めるため、人間を贖うために来たのでもない。それは、イエスがすでにこの働きを終えているので、神は同じ働きを繰り返さないためである。今日、神は恵みの時代を終わらせ、恵みの時代の実践をすべて捨て去るために来た。神が来たのは、主として自分が現実に存在することを示すためである。イエスが来たときは、そう多くを語らなかった。主に奇跡を示し、しるしや不思議を行なった。そして、癒やし、悪魔を追い払い、あるいは、人々に信じさせるために預言を語り、自分がほんとうに神であること、公平な神であることを知らせた。最後に、磔刑の業を成就した。今日の神は、しるしも不思議も行なわず、癒やすことも悪魔を追い払うこともしない。イエスが来た時、その働きは神の一部を示すものであったが、今回の神は、この段階でするべき働きをするために来たのだ。神は同じ働きを繰り返さない。神は常に新たな神であり、絶対に古いものではない。あなたが今日見るものはすべて、実際の神の言葉と働きである。

世の終わりに受肉した神は、言葉を発することを主目的として来た。人間のいのちに必要なことをすべて説明し、どの人が入るのかを示し、神の働きを見せ、神の知恵・全能・驚くべきさまを見せるために来た。神はさまざまな方法で語るが、人間はそこに神の至高、神の偉大さ、さらに、神の謙虚と神秘なさまを見る。人間は神が至上の存在であることを見るが、神は謙虚で隠されており、最も小さい者になれる。神の言葉のあるものは霊の観点から直接語られ、あるものは人間の観点から直接語られ、またあるものは第三者の観点から語られる。ここから神の働きが変化に富んでいることがわかるが、神は言葉を通して人間がそれを知るようにする。世の終わりの神の働きは正常で真実である。そして、世の終わりに一群の人々は最大の試練にさらされることになる。神の正常と神の現実性とのため、すべての人はそうした試しを受ける。人間が試されることになったのは、神の正常と神の現実性のためである。イエスの時代、試練や概念はなかった。イエスの働きのほとんどは人間の観念に合致していたため、人々はイエスに従い、イエスの観念も持たなかった。今日の試練は人間がこれまでに臨んできたもののうちでも最大のもので、その人たちが大いなる苦難を経てきたと言うときには、まさに苦難を指しているのである。

今日、神は信仰・愛・忍耐、そして従順をこの人々の中に創り出すために話す。世の終わりに受肉した神の語る言葉は、人間の性質、人間の行動、人間が今日必要な成長に沿った事がらである。神の話す方法[a]は真実で正常のものである。神は明日のことは話さない。また、昨日を振り返ることもない。今日成長し、実践し、理解するべき点についてだけ話す。この時代に、しるしや不思議を起こせる人が現れ、悪魔を追い払い、癒やし、多くの奇跡を起こし、またその人がイエスの再来であると主張したなら、それは悪霊が偽ってイエスのまねをしているのである。これを覚えておきなさい。神は同じ働きを繰り返さない。イエスの段階の働きはすでに完了し、神は二度と再びその段階の働きをしない。神の働きは人間の観念とは相容れない。たとえば、旧約はメシアの到来を予言した。それでイエスが来たのだ。だから、別のメシアがまた来るというのは、間違っている。イエスはすでに一度来た。だから、イエスがこの時代に再び来るというのは、間違いだ。すべての時代は一つの名をもち、その名は各時代を表している。人間の観念では、神は常にしるしや不思議を見せ、癒やし、悪霊を追い払い、いつでもイエスのようでなければならないのだが、今の神はまったくの別物である。もし終わりの日に神がしるしや奇跡を示し、まだ悪霊を追い払ったり癒やしたりしていたら──それならば、神はイエスの働きと同じ働きを繰り返していることになり、イエスの働きは無意味で無価値ということになる。だから、神は、時代ごとにひとつの段階の働きをするのだ。ひとたびその段階の働きが完了すれば、すぐさまそれを悪霊がまねをし、サタンが神のすぐ後ろからついていく。神は方法を変更する。一度神がその段階の働きを完了すると、悪霊がまねをする。こうしたことを理解しておきなさい。なぜ今日、神の働きはイエスの働きと異なっているのか。なぜ今日の神はしるしや奇跡を示さず、悪霊を追い払わず、癒やしもしないのか。もしイエスの働きが律法の時代に行われた働きと同じであれば、恵みの時代の神を現すことができただろうか。イエスは磔刑の働きを完了できたろうか。もし律法の時代のようにイエスが神殿に入り、安息日を守ったなら、誰からも迫害を受けず、みなに受け入れられたろう。それならば、磔刑に処せられただろうか。贖いの働きを完了できたろうか。終わりの日に受肉した神がイエスのようにしるしや不思議を見せたなら、何の意味があろう。終わりの日に神が働きの別の部分、経営(救いの)計画の別の部分の働きをしてはじめて、人間は神についてより深い知識を得るのであり、そうしてはじめて、神の経営(救いの)計画は完了する。

世の終わりに神は言葉を発することを主な目的として来る。神は聖霊の観点から、人間の観点から、第三者の観点から話す。神は異なった話し方をする。ある期間は一つの話し方をし、人間の見方を変え、漠然の神の姿を人間の心から除くために、様々な話し方をする。これが神のする主要な働きである。人間は神が癒やし、悪霊を追い払い、奇跡を行い、人間に物質的な幸いをもたらしに来たと考えているため、神はこの段階の働きをする──刑罰と裁きの働きを──そうした観念を人間の思考から除くために。人間が神の現実性、神の正常を知るように。そして、イエスの姿が人間の心から消え、新たな姿に置き換えられるように。人間の心の中にある神の姿が古くなるとすぐに、それは偶像になる。イエスが来てその段階での働きをしたとき、神の全体を示しはしなかった。イエスはいくつかのしるしや不思議を示し、言葉を語り、最後に磔刑に処せられ、神の一部分を示した。イエスは神の全体像を示したわけではなく、一部の働きをして神を示したのだ。これは、神があまりに偉大で、驚くべきであり、計り知れないからであり、神がそれぞれの時代にその働きの一部だけをするからだ。神がこの時代に実行した働きは、主に、人間のいのちのための言葉を与えること、人間の性質の実体と、人間の堕落した性質を明らかにし、人間の知識と文化とともに、宗教的概念、封建的な考え方、時代遅れの考えを除くことであった。これはすべて神の言葉によって露わにし、清めなければならなかった。世の終わりに、神はしるしや不思議ではなく、言葉を用いて人間を完全にする。神は言葉によって人間を露わにし、裁き、罰し、人間を完全にし、言葉の中に神の知恵と素晴らしさを見、神の性質を知り、言葉によって人間が神の働きを知るようにする。律法の時代、ヤーウェは言葉によりモーセを導いてエジプトを脱出させた。そして、イスラエル人に言葉を語った。当時、神の業の一部はわかりやすいものであったが、人間の能力が限られていて、知識を完全にすることができなかったため、神は話し、働くことを続けた。恵みの時代、人間は再び神の働きの一部分を見た。イエスはしるしや不思議を見せ、癒やし、悪魔を追い払い、十字架につけられ、三日後によみがえり、人間の前に肉の身で現れることができた。神について、人間はこれ以上のことを知らなかった。人間は、神の示されたことだけを知っているが、神がそれ以上のものを人間に見せなければ、それで、神について人間の知識はそこまでに限られる。だから、神は働きを続け、自分に関する人間の知識が深まるようにし、人間が徐々に神の実体を知るようにする。神は言葉を用いて人間を完全にする。あなたの堕落した性質は言葉によって明らかになり、その宗教的概念は神の実在性によって置き換えられる。神は終わりの日に「言葉は肉となり、言葉は肉の間に現れ、そして言葉は肉となって現れる」という言葉を成就するために受肉するが、あなた方がこのことについて完全な知識をもっていなければ、まだ堅く立つことができない。終わりの日には、神は主に言葉が人となるという働きをするつもりだが、これは、神の経営(救いの)計画の一部である。だから、あなた方の知識は明確でなければならない。神がどのように働こうと、人間が自分を限りあるものとすることを許さない。もし神が終わりの日にこの働きをしなければ、人間の神についての知識はそれ以上進まない。神が十字架につけられることができ、ソドムを滅ぼすことができ、イエスが死からよみがえってペテロの前に現れることができることだけを知っているだろう…。しかし、あなたは、神の言葉はすべてを成し遂げることができ、人間を征服できるとは、絶対に言わないだろう。神の言葉を経験してはじめて、そうした知識について話せる。また、神の働きを経験すればするほど、神についての知識が充実していく。そうしてはじめて、自分の固定観念で神を限界のあるものとしなくなる。人間は神の働きを経験して神を知るようになる。そして、それ以外に神を知る正しい方法はない。今日、何もせずに、しるしや不思議、破滅の時を待っている人が大勢いる。あなたは神を信じているのか、それとも、破滅を信じているのか。破滅が起こるのを待っているのなら、手遅れになるだろう。もし神が破滅を起こさなければ、神ではないということになるのだろうか。あなたは、しるしや不思議を信じるのか、それとも神自身を信じているのか。イエスは人々にあざけられた時、しるしや不思議を示さなかった。ではイエスは神ではなかったのか。あなたは、しるしや不思議を信じているのか、それとも、神の実体を信じているのか。人間の信仰についての考え方は誤っている。ヤーウェは律法の時代に多くを語ったが、今日でも、そのいくつかは、まだ実現していない。ヤーウェは神ではないと言えるだろうか。

現在、あなた方はみな、この終わりの日にあって、「ことばは人となり」、神がそれを成し遂げられたというのが第一の事実であるということが明確になっていなければいけない。神はその地上での実際の働きにおいて人間が神を知り、関わり、実際の業を見るようにした。神はしるしや不思議を示せるが、そうすることのできない場合がある。それは時代によるのだ、ということが人間にはっきりわかるようにする。このことから、神はしるしや不思議を示すことができないのではなく、そのなすべきことによって、時代によって、働き方を変えるのだということがわかる。現在の働きの段階では、しるしや不思議は示さない。イエスの時代に神がそうしたしるしや不思議を示したのは、その時代の働きは異なっていたからだ。神はその働きを現在はしない。そこで、しるしや不思議を示すことができないと思ったり、しるしや不思議を示さないのは、神ではないからだと考えたりする人々がいる。それは誤りではないのか。神はしるしや不思議を示せるのだが、異なった時代に働いているから、そうした働きをしないのだ。今は別の時代であって、今は神の働きは別の段階にあるから、神が明らかにする業もまた異なっている。人間の神への信仰は、しるしや不思議へのものではないし、奇跡についてのものでもない。新たな時代の現実の働きを信じるものである。人間は神の働き方によって神を知り、この知識が神への信仰を生み出した。つまり、神の働きと業についての信仰である。今の段階の働きで、神は話すことを主にする。しるしや不思議を待っていてはならない。それは見られない。あなたは恵みの時代に生まれたのではないのだから。もし恵みの時代に生まれたのだったら、しるしや不思議を見られただろうが、終わりの日に生まれたのだから、あなたが見られるのは神の現実性と正常だけだ。終わりの日に超自然のイエスを見ることを期待してはいけない。あなたが見られるのは、普通の人間と変わるところのない、受肉した実践の神だけだ。それぞれの時代、神は異なった業を明らかに示す。それぞれの時代、神はその業の一部だけを明らかにする。各時代の働きは神の性質の一部、神の業の一部だけを示す。神が明確に示す業はその働く時代によって異なる。しかし、どれもみな、人間が神についてより深い知識、より現実的で真実に近い信仰を得られるようにする。人間が神を信じるのは、神の業すべてのためであり、神がまことに驚くべきで、偉大だからであり、神が全能で測り知れないからだ。もし神がしるしや不思議を示し、癒やし、悪魔を追い払えるから信じるというのなら、その見方は誤っている。「邪悪な霊もまたそういうことができるのではありませんか」という人々がいるだろう。それは神の姿をサタンの姿と取り違えているのではないか。今日、人間の神への信仰は、神の多くの業、神の多くの働き方と話し方による。神はその言葉によって人間を征服し、完全にする。人間が神を信じるのは、神の数多くの業によるのであり、しるしや不思議を見せられるからではない。そして、人間は業を見て神を理解できるだけだ。神の実際の業、神がどう働くか、神がその知恵を用いる方法、その話し方、どう人間を完全にするか──こういう面を知ることによってだけ──あなたは、神の実在性と性質を理解できる。神は何が好きで、何が嫌いか、神はどのように人間に働きかけるか──神の好き嫌いを理解して、あなたは物事の是非を区別できるようになり、また、神についての知識により、いのちの成長がある。つまり、神の働きについての知識を得なければいけない、神への信仰についての考え方を正さなければいけないのだ。

脚注:

a. 原文では「それ」とある。