「言葉が肉体で現れる」選編

第二十一篇の言葉

人はみなわたしの光の中で倒れ、またわたしの救いのゆえに立つ。わたしが全宇宙に向かって救いを施す時、人はみな手を尽くしてわたしの回復の流れの中に入る。しかし、たくさんの人はこの回復の急流に押し流されて、跡形もなくなり、たくさんの人はこの早く流れる水に溺れ、滅びてしまい、また、たくさんの人は流れの中に立っていて、方向を見失ったことがなく、そのため、急流に沿って、今日まで流れてきた。わたしは人と共に前へ進むが、人はやはりわたしを知らず、ただわたしの外側の服装や身なりを知っているだけで、わたしの内側に秘められている豊富を知らない。わたしは毎日人に供給し、人に与えているが、人はどうしても真心をもって受け入れることができず、わたしから与えられたすべての豊富を受け入れることができない。人の堕落を、わたしはことごとく見透かした。わたしにとっては、人の内なる世界は水中の月のようにはっきりしている。わたしは人をごまかさず、またいい加減にあしらわない。ただ人が自分に対して責任を負うことができないのである。だから、全人類は今日まで堕落してきたが、やはり自力で抜け出せない。哀れで、貧しい人類よ!なぜわたしを愛するが、霊の意志に従うことができないのか。わたしは人類に対して公にされていないとでも言うのか。人はわたしに会ったことがないとでも言うのか。わたしが人類に示した憐れみは少なすぎるのか。全人類の中の不従順な者よ!必ずわたしの足の下で滅び、わたしの刑罰の中で消え、必ずわたしの仕事が成功を収める日に人類の中から捨てられる。こうして、全人類は不従順な者の醜悪な姿を認識するようになる。人は容易にわたしに会うことができず、容易にわたしの声を聞くことができない。というのは、世界中があまりにも濁っており、世界中の騒音が大きすぎるからである。それゆえに、人はみなわたしの顔を捜し求め、わたしの心を探る気になれない。このために、人の堕落が生じたのではないか。このために、人の欠けたところが生じたのではないか。全人類は、ずっとわたしの供給の中にいる。そうでなければ、わたしの憐れみなしには、だれが今日まで生きることができるだろうか。わたしは豊富無比である。だが、すべての災難はまたわたしの手に掌握されている。だれが災難の中から随時逃れることができるのか。人の祈り求めなのか、人の心の中の泣きなのか。人は本当にわたしに祈り求めたことがない。だから、全人類のうち、一生の中で本当の光の中に生きている者は誰もおらず、ただ時に隠れ時に現れる光の中に生きているのである。そういうわけで、人類は今日の欠けたところを持つようになった。

あらゆる人は、手ぐすねを引いて、わたしのために大いに働こうとする。それはわたしから何かを得るためである。だから、わたしは人の心理に基づいて人に約束を与え、それによって人の本当の愛を鼓舞する。人の本当の愛が人に力を与えたとでも言うのか。わたしに対する人の忠心が、天にいるわたしの霊を感動させたのか。人のすることなすことは、いささかも「天」を感動させていない。もしわたしが人のすることなすことに基づいて人を取り扱うなら、全人類はわたしの刑罰の中で生きることになる。わたしはたくさんの人が満面に涙を流すのを見たことがあり、たくさんの人が「心」を捧げ、それをわたしの豊富と引き換えようとするのを見たことがある。人はこんなに「敬虔」ではあるが、わたしは人の「一時の気まぐれ」のゆえに、わたしのすべてを軽々しく人に与えることはない。なぜなら、人は心から喜んでわたしの前で捧げたことがないからである。あらゆる人の仮面はとっくにわたしに手当たり次第に剥がれて、火の池に投げ込まれた。だから、人のいわゆる「忠心」、「懇願」はわたしの前で立ったことがない。人は天の白い雲のようであり、風がほえる時、その強大な勢力を恐れるため、すぐそれと共に漂って行き、自分の「不従順」のゆえに「撃たれる」ことをひどく心配している。これはまさに人の醜悪な姿ではないか、まさに人のいわゆる「従順」ではないか。これは人が「真心」を装うのではないか。たくさんの人はわたしの口から出たすべての言い方に不服を唱え、たくさんの人はわたしの彼らに対する評価を受け入れない。だから、彼らは言葉を言い、事を行う中で、裏切る気を現している。わたしの言ったことは「人の古い性質」に反するのか。わたしは「自然法則」によって、人について適切な定義を下すのではないか。人は真心をもってわたしに従うのではない。もし人が真心をもってわたしを求めるなら、わたしはそんなに多くの言葉を言う必要がない。人はみな値打ちのないげすなやつであって、わたしは刑罰によって、無理やりに人を前へ進ませなければならない。そうでなければ、わたしが人に与えた約束は、十分な観賞価値があるとしても、どうして人の心を打つことができるだろうか。長年来、人はずっと苦しさの中でもがいている。人がずっと失望の中で生きていると言ってもいい。それゆえに、苦しめられた後の人はもう意気消沈し、疲れ果てた。だから、人はわたしから与えられた豊富を喜んで受け入れるのではない。その結果、今日になっても、あらゆる人はやはりわたしから霊の中のすべての甘みを受け入れることができず、ただ貧困に甘んじて、終わりの日を待っているだけである。

たくさんの人は、真心をもってわたしを愛しようとするが、人の「心」が自分に属さないため、人はみな自分の思いどおりに行動することができない。たくさんの人は、わたしの与えた試練の中で真心をもってわたしを愛する。しかし人はどうしてもわたしの確実な存在を探り出すことができず、人はただ虚しさの中でわたしを愛するだけであり、わたしの確実な存在のゆえにわたしを愛することができない。たくさんの人は心をわたしの前にささげた後、それを放っておく。そのため、サタンが機会に乗じてそれを奪い取る。その後、人はわたしを離れる。たくさんの人はわたしの言葉に供給される時、真心をもってわたしを愛するが、わたしの言葉を霊の中で大切にせず、むしろそれを公の物のように勝手に使ったら、その都度もとの所に捨てる。人はみな、つらい時にわたしを求め、試練の中でわたしを仰ぎ見、平安な時にわたしを享受し、危険な状況においてわたしを否み、忙しい時にわたしを忘れ、暇な時にいいかげんにわたしをあしらう。しかし、一生の中でわたしを愛する人は一人もいない。わたしは人が真剣にわたしを扱うことを望み、人にわたしに何かを与えることを要求せず、ただ、すべての人が真面目にわたしに取り合い、わたしを欺かず、わたしに人の真心を得させることを望む。わたしの啓き、照らし、わたしの心血、代価があらゆる人の間を貫いているが、それと同時に、人のすることなすことの「真相」、人のわたしに対する欺きがあらゆる人の間を貫いている。人が母の胎から「欺きの要素」を持ってきたようであり、生まれつき独特な「詐術」を持っているようである。しかも今まで馬脚を現したことがなく、だれ一人、「詐術」の根源が一体どこにあるかを見抜いた者はいない。だから、人はみな無意識な欺きの中で生きているのであり、自分がわたしを欺こうとするのではなく、「神の按配」のゆえにそうするのだと自分を許すようである。これはまさに人がわたしを欺く根本原因ではないか。これはまさに人の詭計ではないか。わたしは人の甘い言葉のゆえに、何が何だか分からなくなったことがない。なぜなら、人の本質を、わたしはとっくに見透かしたからである。人の血液の中には、どれだけの不潔な要素が含まれているか分からず、人の骨髄の中には、どれだけのサタンの毒素が含まれているか分からないが、歳月を重ねるにつれて、人はみな慣れっこになり、サタンに苦しめられたとは思わない。そのため、人はみな「健康に生存する術」を尋ねる気がない。

人がわたしを遠く離れる時、人がわたしを試みる時、わたしは雲霧の中で人から身を隠す。だから人は、わたしの姿を捜し出せず、ただ悪人の手の下で生きていて、彼らにそそのかされるに任せる。人がわたしに近づく時、わたしは人に現れ、人から顔を隠さない。この時、人が見たのはわたしの慈愛に満ちた顔であり、人は直ちにはっと悟り、知らず知らずのうちにわたしに対する愛を持つようになり、心の中で直ちにこの上なく甘いと感じ、なんと宇宙の中にわたしが存在するのを知らずにいたのだと分かる。人はもっとわたしが愛らしいと感じ、もっとわたしが貴重だと感じるから、わたしを離れようとせず、わたしを生存するための光とする。人はわたしが離れることをひどく心配しているから、わたしをしっかりと抱きしめる。わたしは人の熱心のゆえに感動することはなく、人の愛のゆえに人に「憐れみ」を施すのである。この時に、人が直ちにわたしによる試練の中で生きるようになり、わたしの容貌が人の心の中で消えてしまい、人は直ちに生活が虚しいと感じて、逃れる気が起こる。この時、人の心が明らかにされた。人はわたしの性質のゆえにわたしを「抱擁」するのではなく、わたしの愛のゆえにわたしの保護を願うのである。しかし、わたしの「愛」が人に反撃する時、人は直ちに志を変えて、結んだ「契約」を破棄し、わたしの裁きの中から逃れ、もう慈しみに満ちたわたしの顔を見ようとせず、むしろわたしに対する考えを変えて、わたしが人を救ったことがないと言う。真の愛は単一の憐れみだとでも言うのか。人のわたしに対する愛は、わたしの光の照らしの下で生きることに限られているとでも言うのか。昨日を回想しても、今日を生きても、人はみなこの状態にあるのではないか。あなたたちは明日になっても、やはりこのような状態であるのか。わたしが求めるのは、人の外側の、わたしを満足させる心ではなく、人の深みにある渇仰する心である。
 

一九九二年三月二十一日