「御言葉は肉において現れる」選編

第十七篇の言葉

わたしの声は雷鳴のようで、四方を照らし、全地を照らし、人はみな雷電の中で打ち倒された。雷電の中でやはり強い人はおらず、多数の人はわたしの光の到来のため、驚き慌てて肝をつぶし、どうしたらよいか分からない。東から一筋のかすかな光が漏れてくる時、多くの人はこのかすかな光によって「心を動かされ」、そのため、直ちに幻覚から呼び覚まされる。しかし、だれ一人として、わたしの光が地に臨む日がもう来たと気づいていない。多数の人は光が突然来たため、呆気にとられ、或いは驚異の目で光の動きを観察し、光がどの方向から来たかを観察し、もっとはっきりと光の源を知るために、服装を整えて光に向かって立つ人もいる。しかしながら、だれが今日の光の貴重さに気づいたのか、だれが今日の光の奇異さのために目を覚ますのか。多数の人はその意味が分からないのであり、光によって目を傷つけられた者もいれば、光によって泥の中に打ち倒された者もいる。こう言ってもいいが、このかすかな光の中で、地上はどこでも乱雑であり、その惨状は見るに忍びない。注意深く見ると、悲しみが直ちにこみ上げてくる。想像できることだが、光が強い時、地上の状態のゆえに、人はなおさらわたしの前に立つことができず、人はみな光に照らされており、また光に救われているが、それと同時に光に刺され傷つけられている。だれが光に撃たれないのか。だれが光に焼かれるのを逃れることができるのか。わたしの足は宇宙の至る所を踏み、わたしの手はわたしの霊の種をまく。それは、全宇宙の人がわたしに「心を動かされる」ためである。わたしは天のいと高き所で全地を見下ろしており、地にある物の「怪奇現象」を観察している。海面には地震の時の反応が現れたようであり、海鳥が飛び回っていて、食い尽くすべき魚を探しているが、海の底は全然知らず、全然海面の状態によって呼び覚まされることができない。なぜなら、海の底は第三の天の上のように静かであり、大小の動物が仲良く付き合い、「口舌の争い」が起こったことがないからである。いろいろな怪奇現象の中で、人は最もわたしの気に入らない。わたしが人に与えた地位はとても高いから、人の野心が大きすぎるのであり、人の目の中には、常に「不服」の要素がある。わたしの人に対する懲らしめ、わたしの人に対する裁きの中に、わたしの人に対するたくさんの苦心、わたしのたくさんの慈しみが含まれているが、人がこれに少しも気づいていない。わたしはだれをも虐待したことがなく、ただ人がわたしに背く時に適切な制裁を加え、人が弱い時に適切に「手伝う」だけである。しかし、人がわたしから遠く離れ、しかもサタンの詭計によってわたしを裏切る時、わたしは直ちに人を滅ぼして、人がもはやわたしの前で「大いに腕をふるう」機会を持つことがなく、もはや地上で威風堂々として、勢力を笠に着て人をいじめることがないようにする。

わたしは地上でわたしの権威を行使し、わたしのすべての仕事を展開し、わたしの仕事のすべての反応は地上にある。人は地上でわたしの天にいる動きを探ったことがなく、みなわたしの霊の運行軌道を細かに探ることができず、多数の人はただ霊の外の細部を探るだけであり、霊の中の実情を察知することはできない。わたしの人に対する要求は、天にいる漠然としたわたし、或いは地にいる計り知れないわたしを認識することではない。わたしは地上の人の身丈に応じて、人に適切な要求を出すのである。わたしはだれをも困らせたことがなく、だれにも「血を絞り出して」わたしの享受に供することを要求したことがない。わたしの要求はただこの程度のものであるのか。地上の万物のうち、どの物がわたしの口の言葉による按配に聞き従わないのか、どの物がわたしの前でわたしの言葉、わたしの焼き尽くす火のゆえに焼き尽されないのか、どの物がわたしの前であえて「気炎をあげる」のか、どの物がわたしの前でおじぎをしないのか。わたしはただ万物を黙らせる神であるのか。わたしは万物の中でわたしの意にかなうものを選び、万人の中でわたしの心を思いやるものを選び、すべての星の中からその上等品を選び、そうすることによって、わたしの王国の中で一筋の光を増やす。地上で、わたしは歩いており、至る所にわたしの香りが漂っており、至る所にわたしの姿が残っており、至る所にわたしの口から出る声がこだましている。人々は昨日の美景を懐かしむ。なぜなら、人はみな過去を追憶しているからである……

人はみなわたしに会うことを渇望するが、わたしが自ら地上に来た時、人はみなわたしの到来を嫌い、光の到来を追い払い、まるでわたしが人の天の敵であるようである。人は「用心する」ような眼差しをわたしに向け、常に用心深くて、わたしが彼を「別に処罰する」のではないかとひどく心配している。人がみなわたしを見慣れない友達と見なすから、わたしは人をむやみに虐殺するつもりがあるように思われる。人の心の中では、わたしは人の宿敵である。しかし、人は患難の中でわたしの暖かさを味わった後、やはりわたしが憐み深いだと感じず、やはりわたしの前でわたしに用心し、逆らうつもりがある。わたしは人のこのような状態のゆえに、機会に乗じて手を下すのではなく、むしろ人にわたしの懐の暖かさを与え、わたしの口の中の甘さを与え、人の腹が必要としている食物を与える。しかし、わたしの激しい怒りが山河を揺り動かす時、わたしはもはや人の「恐れ」のゆえに、人にさまざまな援助を与えることはなく、わたしはこの時に激怒し、いかなる物にも悔い改める機会を与えず、むしろ人に対するすべての希望を捨てて、人に当然の報いを与える。この時、雷電は大波が怒ったようであり、万山が崩壊したようであり、人はみな不従順のゆえに雷電に撃たれて死に、物はみな雷電が鳴るため烏有に帰す。全宇宙の下は直ちに混乱する。万物は本来の生気を取り戻すことができず、万人は雷が鳴る時に逃れることができず、ひとしきりひとしきりの稲妻の中で、人が一群また一群と激流の中で倒れ、山から勢いよく流れ下る水に押し流され、直ちに人の「落ち着き先」の中に、「人」の世界が現れた。海面には、人の屍が浮かんでおり、あらゆる人はわたしの激しい怒りのゆえに、わたしから遠く離れる。なぜなら、人はわたしの霊の本質に罪を犯し、人の不従順はわたしを怒らせたからである。水のないところには、ほかの人がやはり楽しそうな歌声、笑い声の中にいて、わたしから与えられた約束を享受している。

あらゆる人が黙っている時、わたしは人の目の前に一筋の光を漏らした。すると、人は直ちに、心も目もはっきりしていると感じ、もうこれ以上黙ろうとしない。そのため、人の心の中の霊感がすぐに呼び覚まされる。この時、人はみな復活し、自分の苦衷を捨てて、わたしの前に出てき、わたしの発した言葉のゆえに、もう一度生存の機会を得た。人はみな地上で生きようとするが、だれがわたしのために生きたいと思ったのか、だれが自分の中から「美しいもの」を探し出してわたしに享受させたのか、だれがわたしの身の、人をひきつけるにおいを嗅いだのか。人はみな粗末なものであり、うわべから見れば、目を奪うばかりに鮮やかであるが、実質上、心からわたしを愛するのではない。なぜなら、人の心の奥底には全然わたしの要素がないからである。人は欠けたところが多すぎるのであり、わたしとは、雲泥の差があるようである。だからといって、わたしは人の弱いところを攻撃せず、人の乏しさのゆえに人をあざけることをしない。わたしの手は何千年も地にあり、わたしの目はずっとあらゆる人に注がれているが、わたしの手はだれの命をも、おもちゃとして思うままに弄んだことがない。わたしは人の心血を察し、また人の代価を思いやり、わたしは人が用心しない時に人の前で人を罰し、人によくないものを与えようとしない。わたしはただずっと人に供給しており、人に与えている。だから、人が享受しているのはすべてわたしの恵みであり、わたしの手によって与えられる豊富である。わたしが地にいるから、人は飢饉の苦しみを受けたことがなく、わたしは人に、わたしの手の中の享受できるものを受けさせ、あらゆる人はわたしの祝福の中で生きている。あらゆる人はわたしの刑罰の中に生きているのではないか。山の奥深い所には豊富なものがあり、水の中にはたくさんの享受するものがある。今日、わたしの言葉の中にいる人はなおさら、観賞し、味わう食物があるのではないか。わたしが地にいる時、人は地におけるわたしの祝福を享受する。わたしが地を離れる時は、わたしの仕事が完成する時でもある。その時、人はもはや自分の「弱さ」のゆえにわたしに大目に見られることはない。

一九九二年三月十六日