「御言葉は肉において現れる」選編

第十五篇の言葉

人はみな身の程を知らないものであり、自分を認識することができないが、ほかの人のことはよく知っている。まるで人のしたこと、言ったことがみな彼の前で彼の「観閲」を受けたようであり、彼の同意を得てから、そのようにし、そのように言ったようである。だから、ほかの人の心の動きさえも彼が全部計り知ることができるようである。人はみなそうであり、今日、王国時代に入ったが、その本性はやはり変わっておらず、やはりわたしの前で、わたしの要求することをし、陰でまた自分の独特な「商売」をし始める。しかし、その後、わたしの前に出る時、別人のようになり、平然として恐れず、顔色一つ変えず、胸もどきどきしないように見える。これはまさに人の醜悪な姿ではないか。たくさんの人はわたしの前で、おとなしいであるが、陰でまったく別人のようである。たくさんの人はわたしの前で、生まれたばかりの綿羊のようであるが、陰で猛虎のようであり、また山の中の「元気よく飛び回る」小鳥のようである。たくさんの人はわたしの前で志を立てた。たくさんの人はわたしの前で、わたしの言葉を求め、渇望するが、陰でわたしの言葉を嫌い、捨て、まるでわたしの言葉は彼の足手まといであるようだ。わたしは、たびたび「敵」に堕落させられた人類を見て、彼らに対する希望を捨てた。わたしは、たびたび人がわたしの前に出て、涙を流して泣き叫びながらわたしの赦しを求めるのを見たが、人が自らを尊ばず、いくら戒められても改めないため、怒気を帯びて目を閉じて人のすることを取り合わない。人が真心を込め、誠意を込めるとしても。わたしは、たびたび人がわたしに協力する信仰があり、わたしの懐にいるようにわたしの前にいて、わたしの懐の暖かさを味わっているのを見、たびたび選民の活発な、無邪気な、かわいい様子を見て、どうして心の中でそれを享受としないことがあろうか。人は、わたしの手にある定められた祝福をどのように享受するか分からない。人は何が「祝福」であるか、何が「苦しみ」であるかを知らないから、人のわたしに対する追求も真実ではない。もし明日の存在がなければ、あなたたちのうち、だれがわたしの前で雪のように白く、玉のように純潔であるのか。わたしに対する愛は、おいしい食事をもって代えることができるのか、華やかで高級な服、高官、高禄、或いはほかの人のあなたに対する愛をもって代えることができるのか。人が試練のゆえに、わたしに対する愛を捨てたとでもいうのか。苦難、患難が人にわたしの按配に対する不平を生じさせることができるとでもいうのか。人はだれも本当にわたしの口の鋭い剣を味わったことがなく、ただその表面的な意味を知っているだけであり、本当にその内面的な意味が分かるのではない。もし人が本当に剣の鋭さを見ることができるなら、人はみな鼠のように穴の中に入り込むだろう。人は無感覚になっているので、わたしの言葉の真意が分からない。だから、人はわたしの言葉の恐ろしさを知らず、わたしの言葉が一体どのぐらいの人の本性をさらけ出したか、どのぐらいの人の堕落を裁いたかを知らない。そういうわけで、多数の人はわたしの言葉を少ししか認識せず、深く理解していないので、生ぬるい態度を取るのである。

王国の中で、わたしの口が声を発するだけではなく、わたしの足も正式に各地を踏み、そのため、すべての汚くてけがれた地に打ち勝った。だから、天が変わっているだけではなく、地も変わっており、しかも更新されている。全宇宙の下は、わたしの栄光のゆえに、面目が一新され、喜ばしい光景が現れ、それは人の心や目を楽しませ、人に胸がすく思いをさせ、人は想像した天外の天の環境の中で生きているようであり、サタンにかき乱されず、戸外の敵に襲われない。全宇宙の上では、もろもろの星がわたしの指揮の下で自分の位置に立って、暗い時に星空を照らし、いかなる物もあえて不服を唱えない。だから、わたしの行政の本質のゆえに、全宇宙はわたしの按配の下で整然と秩序立っており、騒乱が起こったことがなく、しかも全宇宙を分裂させるようなことがない。わたしはもろもろの星の上を飛んでおり、太陽が熱を発する時にその熱をすっかりなくし、したがって、牡丹雪がわたしの手から舞い落ちる。だが、わたしが意志を変える時、すべての雪が溶けて川になり、天の下は直ちに花咲くうららかな春になり、地上には緑が山と水の間に満ちあふれる。わたしが空の上を歩き回っていると、地は直ちにわたしの影のゆえに覆われて真っ暗になり、たちまちのうちに「夜」になり、全世界は手を伸ばせば指が見えないほど真っ暗であり、あらゆる人は光が消えたため機会に乗じて互いに残殺し、互いに奪い合い、地上のあらゆる国は四分五裂になり、そのため、「混濁する」状態に陥って、取り返しがつかないほどになった。人はみな苦しみの中でもがいており、苦しみの中で呻吟しており、苦しみの中で悲しんで泣き叫んでおり、光が突然再びこの世に自ら臨み、暗黒の日を終わらせ、もとの生気を取り戻すことを待ち望んでいる。しかし、わたしはとっくに袖を振り払って人を離れ去り、もはやこの世の不平のゆえに憐れみを施さない。なぜなら、わたしはとっくに世間全体の人を捨て、もう目を閉じて地上の状況を見ず、もう人の一挙一動に顔を向けず、もう人の幼さ、無邪気さを享受としないからである。新しい世界が一日も早く復興し、もはや水浸しにならないように、わたしは別に計画を立てて、再び世界を更新する。人の間で、たくさんの怪奇現象はわたしが正すのを待っており、たくさんの過ちはわたしが自ら防ぐのを待っており、たくさんのほこりはわたしが掃いてすてるのを待っており、たくさんの奥義はわたしが開くのを待っており、人はみなわたしを待っており、わたしの到来を待ち望んでいる。

地にいる時、わたしは人の心の中の実際の神自身であり、天にいる時、わたしは万物の支配者であり、わたしは幾山河を越えたことがあり、飄然と人の間を歩いたこともある。だれが公に「実際の神自身」に逆らう度胸があるのか。だれが全能者の支配から逃れる度胸があるのか。だれがわたしは疑いなく天にいるのだと言う度胸があるのか。また、だれがわたしは間違いなく地にいるのだと言う度胸があるのか。人は、だれもわたしのいる所について明白に話すことができない。天にいる時のわたしが超然たる神自身だとでもいうのか。地にいる時のわたしが実際の神自身だとでもいうのか。わたしが万物を支配するもの、或いはこの世の苦しみを体験するものであることは、わたしが実際の神自身であるかどうかを決定することができるとでもいうのか。そうなら、人は救いようがないほど愚かではないか。わたしは天にいるし、また地にもいる。わたしは万物の中にいるし、また万人の中にもいる。人は毎日わたしに接触することができ、しかも毎日わたしを見ることができる。人にとっては、わたしは時に隠れ、時に現れるようであり、実際に存在するようであるが、また存在しないようである。わたしには人が計り知れない奥義がある。人がみな、わたしの内のもっと多くの奥義を見いだし、心の中の「つらい気持ち」をなくそうとして、顕微鏡でわたしをのぞき見しているようである。たとえ人が透視鏡を使うとしても、どうしてわたしの秘密を見つけることができるだろうか。

すべての民がわたしの仕事のゆえにわたしと共に栄光を受ける時、大赤竜の巣窟はすぐ掘られ、すべての泥は全部取り除かれ、長年たまっていた汚水はみなわたしの焼き尽くす火によって乾いてしまい、もはや存在せず、大赤竜も火と硫黄の池で滅ぼされる。あなたたちは本当にわたしの愛の守りの下にいて、大赤竜に捕らえられたくないのか。あなたたちは本当にそれの詭計を恨むのか。だれがわたしのために強い証しをすることができるのか。わたしの名、わたしの霊、わたしの経営計画全体のために、だれが自分の持っている力をささげることができるのか。今日、王国はこの世にあり、わたしが自らこの世に来る時である。そうでなければ、誰がわたしのために自ら戦場に臨むことができるのか。王国が形づくられるために、わたしの心を満足させるために、またわたしの日の到来のために、万物のよみがえる時のために、万物の繁茂する日のために、人を苦界から救い出すために、明日の到来のために、よい明日、活気あふれ栄える明日のために、さらに将来の享受のために、あらゆる人は力の限り頑張り、自分のすべてを惜しまずに、わたしのために自分を犠牲にしている。これはまさに、わたしがすでに勝利を得たことのしるしではないか、わたしがすでに計画を成就したことの証拠ではないか。

世の終わりであればあるほど、人はますます世界のむなしさを感じ、ますます生活する勇気を持たなくなる。だから、どれだけの人が失望の中で死んだかを知らず、どれだけの人が求める中で失望するかを知らず、どれだけの人がサタンの手の下で、サタンに意のままに左右されるかを知らない。わたしはたくさんの人を救い、たくさんの人を支え、たびたび人が光を失う時、人を光のある地に移して、人に光の中でわたしを認識させ、幸福の中でわたしを享受させた。王国の中の民はみな、わたしの光が臨んだため、わたしに対する愛慕の情が生じた。なぜなら、わたしはもともと人が愛すべき神であり、人に恋々たる情を生じさせる神であって、わたしの姿は人に強い印象を残したからである。しかし、それはいったい霊の役割であるか、それとも肉体の機能であるか、人はだれも分からない。これだけでも、人が一生細かく経験するのに十分である。人は心の奥底でわたしを嫌ったことがなく、霊の内側の深い所でわたしを懐かしむ。わたしの知恵は人を感服させ、わたしの奇しき業は大いに人の目を楽しませる。人はわたしの言葉を計り知ることができないが、非常に宝愛し、わたしの「実際」のゆえに、人はどうしたらよいか分からなくなり、何がなんだか分からなくなるが、でも人は喜んでそれを受け入れる。これはまさに人の実際の身丈ではないか。
 

一九九二年三月十三日