「言葉が肉体で現れる」選編

「言葉が肉体で現れる」選編

第十四篇の言葉

すべての世代を通じて、王国に入ったことのある人はいないから、王国時代の恵みを享受した人はおらず、王国の王を見た人もいない。多くの人はわたしの霊の照らしの下で、王国のすばらしい未来図を預言したことがあるが、彼らはその表面的な意味を知っているだけで、その内在的な意味を知らない。今日、王国が正式に地で実現する時、多数の人はやはり神が王国時代でいったい何をなし遂げようとするか、いったい人をどんな境地に導くかを知らない。これについての、あらゆる人の認識はおそらく「混沌としている」状態にあるだろう。王国が完全に実現するその日はまだ完全に来ていないので、人の認識はみなぼんやりしていてはっきりしない。神性におけるわたしの仕事は王国時代で正式に始まり、王国時代が正式に始まったから、わたしの性質ははじめて次第に人に対して明らかにされる。だから、この時、神聖なラッパが正式に鳴り響き、大衆に公布され始まる。わたしが王国の中で正式に王になり、権力を握る時、すべての民も時間が経つにつれてわたしに完全にされる。世界の各国が分裂する時は、まさにわたしの王国の建造が形づくられる時、すなわち、わたしが姿を変えて全宇宙に顔を向ける時である。その時、すべての人がわたしの栄光の顔、わたしの元来の姿を見るようになる。創世から今まで、サタンに堕落させられた時から今日のこの程度になるまで、人の堕落のゆえに、人にとって、わたしはますます隠れているのであり、しかも人にとって、わたしはますます測り知れなくなっている。人はわたしの元来の姿を見たことがなく、「わたし」と直接付き合ったこともなく、ただ伝説の中、神話の物語の中で、人の想像した「わたし」がいる。だから、わたしは人の想像に基づいて、すなわち人の観念に基づいて、人の心の中の「わたし」を対処し、これによって長年来の、人の心における「わたし」の状態を正す。これはわたしの働く原則であり、これをはっきり認識することができた人は一人もいない。人はわたしにひれ伏し、わたしの前でわたしを礼拝したことがあるが、わたしは人のこれらの挙動が気に入らない。なぜなら、人の心の奥底にあるのはわたしの姿ではなく、それ以外の姿だからである。それゆえに、人の心の中にわたしの性質がないので、人はわたしの元来の姿を認識していない。それゆえに、人が思っているような、わたしに逆らい、或いはわたしの行政を犯すことは、わたしは無視する。それゆえに、人の記憶の中では、わたしは人を憐れむ神であり、人を罰する神ではなく、或いは言ったことを守らない神自身である。これらはみな人の思惟の中の想像であって、事実に合わない。

わたしは毎日、宇宙の上に立って見ており、わたしはまた、わたしの住まいでへりくだり隠れていて、人生を経験し、人のなすことすることを注意深く観察している。本当にわたしのためにすべてをささげる人は一人もおらず、真理を追い求める人は一人もおらず、わたしに対して真剣である人は一人もおらず、わたしの前に志を立てて、本分を守る人は一人もおらず、わたしを自分の内に住ませる人は一人もおらず、わたしを自分の命のように重んじる人は一人もおらず、実際の中でわたしの神性のすべての所是を見た人は一人もおらず、進んで実際の神自身に触れようとする人は一人もいない。人の全身が水に溺れる時、わたしは人を死水の中から救い出して、人に再び命を得る機会を与える。人が生活する自信を失う時、わたしは死の瀬戸際から引き上げて、人に生活する勇気を与え、人がわたしを生存の土台とするようにさせる。人がわたしに逆らう時、わたしは人に不従順の中でわたしを認識させ、人の古い性質のゆえに、またわたしの憐れみのゆえに、わたしは人を死地に置かず、むしろ人が過ちを悔いて新しく出直すようにさせる。飢饉の時、人の息が続く限り、わたしは人を死亡の中から奪い返して、人がサタンの詭計に陥らないようにする。人はたびたびわたしの手を見、たびたびわたしの慈愛深い顔、わたしの笑顔を見、また、たびたびわたしの威厳、わたしの激しい怒りを見た。人はずっとわたしを知らないが、わたしは人の弱さのゆえに「機会に乗じてわざと騒ぎを起こす」ようなことをせず、わたしはこの世の苦しみを体験し観察するから、人の弱さを思いやる。ただ人が不従順であり、恩知らずであるがゆえに、わたしは人に異なる程度の刑罰を与えるのである。

わたしは人が忙しい時に隠れ、人が暇な時に人に現れる。人の想像の中で、わたしは「物知り」であり、頼まれれば必ず承諾する神自身である。だから、多数の人がわたしの前に出るのはただ神に「手伝って」もらうためであり、わたしの前でわたしを認識する気はない。人は危篤に陥る時、矢も盾もたまらずわたしに援助してもらおうとする。人は患難の中にいる時、苦境から抜け出すために、極力わたしに苦衷を訴える。しかし、安逸の中でもわたしを愛することができる人は一人もおらず、平安、幸福の中でわたしを探して、自分と共に喜ぶ人は一人もいない。人の「ささやかな家庭」が幸せで円満である時、人はとっくにわたしをほったらかしにし、或いはわたしを締め出して、その中に入るのを禁止し、それから全家族が喜ぶという福を享受する。人は度量が狭すぎて、わたしのような、慈しみと憐れみに富み、近づきやすい神も受け入れられない。わたしはたびたび人が快活に笑う時、人に捨てられ、たびたび人がつまずく時、人に杖として使われ、たびたび人が病気になる時、人に「医者」として頼まれる。なんと残酷な人類なのだろう!まったく理智がなく、道義を守らず、人の持つべき「人情」さえも全然見られず、ほとんど何の人間味もない。過去のことを考えてみて、今日と対比すれば、あなたたちには何かの変化があるのか、過去の要素は今日減ったのか、やはり更新されていないのか。

わたしは幾山河を越え、この世の苦難をなめ尽くし、人の間を歩き回り、人の間で人と一緒に長年生活した。しかし、人の性質があまり変わっていないようであり、しかも古い性質が人の内側に根を下ろし芽を出したようである。人の古い性質はずっと変わっておらず、ただもとの基礎の上で改善されただけである。人が言ったように、本質は変わっていないが、方式がずいぶん変わったのである。まるで人がお茶を濁してわたしに高く評価されるために、わたしの目を眩ませようとして、わたしをごまかしているようである。わたしは人の「手管」を高く評価せず、また取り合わない。わたしはそれのゆえに激怒せず、むしろ無視する態度を取る。わたしはかなりの程度まで人を緩め、その後、すべての人を一緒に「処分する」。人はみな自重しないげすなやつであり、自分が自分を宝愛しないから、わたしがもう一度憐れみ、慈しみを施す必要があるのか。人はみな自分を知らず、自分がいったい何斤あるかを知らない、自分を天秤で量ってみるべきだ。人がわたしに取り合わないから、わたしも人に対して真剣ではない。人がわたしを重要視しないから、わたしも人に対してそんなに多くの時間と精力を費やす必要がない。これは両全のことではないか。民としてのあなたたちもこのような状態にあるのではないか。だれがわたしの前で志を立てて廃棄しないのか。だれがわたしの前で、いつも志を立てるのではなく、長期の志を立てるのであるか。人はみな順境の時、わたしの前で志を立てるが、逆境の時、それを御破算にし、後になってまたその志を拾ってわたしの前に送る。わたしはそんなに尊くなくて、軽々しく人がごみの山からとってきた廃物を受け入れるのか。人の間で、自分の志を守る人は少なく、節操を守る人は少なく、自分の最も貴重なものを、わたしへのいけにえとしてささげる人は少ない。あなたたちもそうではないか。王国の民の一員として、自分の本分を守れないなら、わたしに見捨てられる!
 

一九九二年三月十二日